ドラマ「ストレンジャー・シングス 未知の世界」1980年代ヒット映画のオマージュ作品!ウィノナ・ライダーが復活!

ドラマ「ストレンジャー・シングス 未知の世界」1980年代ヒット映画のオマージュ作品!ウィノナ・ライダーが復活!出典:http://oropon.info
スポンサーリンク

「ストレンジャー・シングス未知の領域」はNetflix配信中のSFドラマ!1980年代ヒット映画のオマージュ作品

「ストレンジャー・シングス未知の世界」はNetflix配信中のSFドラマ!

ドラマ「ストレンジャー・シングス 未知の世界」は、2016年から動画配信サービスNetflixで配信されている海外ドラマです。舞台は、1980年代のアメリカ・インディアナ州の架空の町ホーキンス。12歳の少年ウィルが失踪したことで、母親のジョイスは、警察署長ホッパーに捜査を依頼します。

同時に、ウィルの兄ジョナサンをはじめ、ウィルの友人であるマイクやダスティン、ルーカスら少年たちも自力で捜査を開始。次第に、町はさまざまな怪奇現象に襲われるように。そんな中で現れたのが、坊主頭で不思議な力を持つ少女イレブン。彼女は、かつてこの町で超自然現象を研究していた施設で自身が実験台になっていたことを思い出しました。ジョイスたちは、ホーキンスに「裏側の世界」があることを知ることになりますが……。

ドラマ「ストレンジャー・シングス 未知の世界」には1980年代のヒット映画のオマージュが盛りだくさん

ドラマ「ストレンジャー・シングス 未知の世界」には、舞台となっている1980年代のカルチャーを彷彿させる「いかにも1980年代らしい」演出がたくさん盛り込まれています。シンセサイザーを用いた音楽が、全編で流れているのもその1つ。当時は電子音楽全盛期で、ドラマ「ストレンジャー・シングス 未知の世界」を見ていると、まるで1980年代のハリウッド映画を観ているような気分になります。

そんな1980年代の大ヒット映画、スティーブン・スピルバーグ監督の「グーニーズ」や「E.T.」、スティーブン・キングの「スタンド・バイ・ミー」などへのオマージュが多く見られるのも本作の特徴です。子供たちがウィルを探し出そうと町を自転車で駆け巡る様子や、RPGゲームに興じる姿に、懐かしさや既視感を覚える視聴者も多いことでしょう。実際に、監督と脚本を担当したマットとロスのダファー兄弟も、スティーブン・スピルバーグやスティーブン・キングに大きな影響を受けたと公言しています。

スポンサーリンク

ドラマ「ストレンジャー・シングス未知の領域」でウィノナ・ライダーが復活!キャストや吹き替え声優は?

ドラマ「ストレンジャー・シングス 未知の世界」でウィノナ・ライダーが復活!キャストや吹き替え声優は?

ドラマ「ストレンジャー・シングス 未知の世界」でウィルの母親ジョイスを演じているのは、1993年の映画「エイジ・オブ・イノセンス/汚れなき情事」でゴールデングローブ助演女優賞を受賞したウィノナ・ライダーです。デパートでの万引きが明らかになったことで一時期キャリアが低迷しましたが、本作で見せた、周囲に気味悪がられながらも息子の帰還を信じ続ける演技で、見事復活を果たしました。

日本語吹き替えは、ベテラン声優の園崎未恵が担当しています。麻薬と酒におぼれる日々を送る警察署長ホッパー役は、「イコライザー」のデヴィッド・ハーバーが演じ、吹き替え担当は山野井仁です。物語前半の鍵を握るイレブン役は、ドラマ「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ワンダーランド」のアリスの少女時代役で頭角を現したミリー・ボビー・ブラウン。ミステリアスな役柄を好演している本作では、各ドラマ賞を席巻しました。

吹き替えを担当している声優も、ツンデレキャラから幼児キャラまで自在に演じ分ける釘宮理恵と、まさにぴったりな組み合わせです。ウィルの兄ジョナサン役は、映画「ニュー・ミュータンツ」キャノンボール役でも知られるチャーリー・ヒートンが演じ、吹き替えは河本啓佑が担当しています。

スポンサーリンク

ドラマ「ストレンジャー・シングス 未知の世界」はTシャツなどのグッズも大人気!

SFファンタジーの世界観も人気のドラマ「ストレンジャー・シングス 未知の世界」は、関連グッズの売れ行きも好調です。特に人気が高いのは、登場人物やモンスターのフィギュア。リアリティのあるものから、アニメキャラのようにデフォルメされた可愛らしいフィギュアまで、さまざまなデザインが発売されています。

また、「ストレンジャー・シングス 未知の世界」のロゴなどが入ったTシャツも発売されており、日本でも購入は可能。実はこのロゴに使われているレトロなフォントも、スティーブン・キングの本の表紙に使われていた文字デザインに似せたものとなっています。

ドラマ「ストレンジャー・シングス」のアトラクション登場!シーズン3の制作も決定

ドラマ「ストレンジャー・シングス 未知の世界」のアトラクションが登場することが明らかになりました。「ストレンジャー・シングス 未知の世界」のアトラクションで遊べるのは、アメリカのオーランドとハリウッド、さらにシンガポールにあるユニバーサル・スタジオです。

ハロウィン・シーズンを迎える2018年10月頃から利用できるようになるそうで、今から心待ちにしているファンも多いことでしょう。ドラマ「ストレンジャー・シングス 未知の世界」は、シーズン1の配信が開始されたとたん、1980年代のヒット映画やカルチャーへのオマージュ満載な点や、子供たちが活躍するという、近年では異彩を放つ世界観で話題沸騰。すぐさま続編制作が決定し、シーズン2も、謎が謎を呼ぶ展開で、多くの視聴者を獲得しました。

すでに制作が決定したシーズン3の撮影も始まっており、2017年にスタートしたシーズン2と同様、ハロウィン・シーズンの配信開始が予定されています。大人向け作品の人気が高いNetflixのラインナップの中でも、老若男女が楽しめるエンターテインメント作品として高い人気を誇っている「ストレンジャー・シングス 未知の世界」。

報じられているところによると、シーズン3からは、イーサン・ホーとユマ・サーマンの娘であるマヤ・ホークも新たに出演するとか。新しい布陣で、ますます盛り上がりを見せていきそうで期待が高まります。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る