菅原小春の熱愛彼氏は三浦春馬!きっかけはあのダンスPVだった!

菅原小春の熱愛彼氏は三浦春馬!きっかけはあのダンスPVだった!出典:http://www.oricon.co.jp

菅原小春の熱愛彼氏は三浦春馬!きっかけとなったPVとは?

世界的に活躍する菅原小春って誰?プロフィールが知りたい

菅原小春は、ダンス界では知らない人がいないほどの世界的な有名人です。知らない方でも、「俳優・三浦春馬の彼女」と聞いたら、気にせずにはいられないでしょう。かのスティーヴィー・ワンダーとコラボしたこともある菅原小春は、日本のみならず、アジアや欧米でも世界的に活躍中のダンサー・振付師です。

1992年2月14日生まれで、千葉県山武市出身の菅原小春は、10歳からダンスを始めて、中学卒業後は、渋谷にあるVAW栄光ハイスクールのダンスパフォーマンスコースに通っていました。10代から頭角を現していた菅原小春は、数々のダンスコンテストで優勝。瞬く間に、ダンス界でその名が知れ渡るようになります。

スクール卒業後、単身でLAに渡ると、自身のダンスをFacebookに投稿。それが世界中にシェアされると、ダンスの振り付けやワークショップ、CMやPVやファッションショー出演など、さまざまな仕事の依頼が舞い込むようになったそうです。日本では、SMAPや安室奈美恵のバックダンサーを務めたり、EXILEとコラボしたりするなど、ビッグネームとの共演も多く、そのたびに、菅原小春のダンスに注目が集まっていきました。

スポンサーリンク

菅原小春の熱愛彼氏三浦春馬との出会いは?噂のPVとは?

菅原小春の圧巻のダンスパフォーマンスを見ると、ダンスに詳しくなくても、キレッキレの格好良さに、目を惹きつけられてしまいます。これほどまでに才能にあふれた菅原小春の熱愛彼氏だと噂されているのが、俳優の三浦春馬です。三浦春馬は、幼い頃に、アクターズスタジオでダンスユニットを組んでいた経験もあるなど、ダンスが身近なものでした。

あるとき、知人から見せてもらったPV「Unlock」で、三浦大知とダンスをしていた菅原小春に一目惚れ!自身のラジオ番組に出演してもらうために、三浦春馬のほうから知人を通じて、菅原小春に猛アタックしたようです。その後、インスタグラムには、菅原小春と三浦春馬がお揃いのTシャツを着てナチュラルな笑顔で向かい合っている写真がアップされていたとか。

ラジオに出演した三浦春馬が、彼女との交際について臆せずに語ったという話もあります。格好良いダンス姿とは、また別の女性らしい一面をのぞかせた菅原小春。今後の熱愛報道の行方も気になるところです。

スポンサーリンク

菅原小春の元カレ・スレマンとは?リオオリンピック閉会式は別人だった?

菅原小春にはノルウェー人の元カレ・スレマンがいた!

菅原小春の元カレとして知られているのは、ダンサーのスレマン・マリックです。「クイッククルー」というノルウェー出身の3人組ダンスクルーのメンバーで、世界中のダンスファンから絶大な人気があります。三浦春馬と出会う前、情熱大陸に出演した菅原小春は、スレマンと遠距離恋愛中で、いつかは結婚したいという考えを明かしていました。

一方、菅原小春のことを「日本のダンスシーンを盛り上げられる数少ない人」と話すスレマンは、彼女に対して、「日本での活動を大事に」しながら、「日本と向き合う」ことの大切さを伝えたのだとか。菅原小春の魅力を最大限に分かっているスレマンだからこそ出た言葉なのでしょう。

2人がコラボしたダンス動画を見ると、互いに才能を尊敬しあっていることがはた目にも良く分かります。スレマンは、「世界的に有名なダンサーになる」とういう菅原小春の夢を尊重しつつ、菅原小春にしかできないことは何か?という問いかけに、ひとつの指針を与えてくれたそうです。

彼の言葉によって人生観が変わったという菅原小春。その後、なぜスレマンと破局に至ったかは明らかにされていませんが、互いの人生を尊重しあった上での決断であったことは、それまでの2人の関係性を見ても明らかです。

菅原小春がリオオリンピック閉会式に出ていた?出ていなかった?

今や、世界を舞台に活躍し、日本を代表するダンサーとなった菅原小春は、リオオリンピックの閉会式で披露された引き継ぎセレモニーにも出演していた、と話題になりました。しかし実は、日本のダンスパフォーマンスに出演していたのは別人。篠原さやというダンサーで、椎名林檎のPVに出演したことでも話題の人物です。キレのあるダンスから、「菅原小春ではないか?」との声が少なからずあがったのは、国内における菅原小春の知名度が着実に上がってきている証しとも言えそうです。

そんな日本人ダンサーの代表格ともいえる菅原小春ですが、実は英語は得意ではなく、「第1言語はダンス」と話しています。だからこそ、「(ダンスで)心を伝えたい」というスタンスを貫く菅原小春。彼女のシンプルで熱い思いに触れたいと願うダンサーは後を絶たず、各地のワークショップは毎回盛況だそうです。

菅原小春は、おごらないどころか、若者のダンスに対する悩みにも真摯に答えています。そこには、ダンスを教えるだけでなく、「出会った人や食べ物や出来事がダンスの糧になる」ことを伝えたいという願いがあるからです。自身も、最初の高校生活がうまくいかずVAW栄光ハイスクールに移ったことや、漠然とした自信だけでLAに渡ったことなど、すべての経験をダンスの糧にし、真の自信に変えていったと言います。

菅原小春の思いを知った上で彼女のダンスを見ると、単に格好良いだけではなく、より人間的な息づかいを感じることができます。

菅原小春に密着「セブンルール」格好良いだけじゃない、菅原小春の人生観!

2017年4月18日にスタートした、話題の女性に密着する新ドキュメント番組「セブンルール」の初回に菅原小春が登場しました。この番組は、若林正恭・青木崇高・本谷有希子・YOUが司会を務め、毎週火曜日の23時から30分間放送されています。

7つのルールを手がかりに探るのは、1人の女性の人生。菅原小春が出演した回に紹介された軸となる7つのルールの内の1つは、「ヤバイと思ったら逃げる」でした。意外なことに、ダンスを「常に辞めたいと思っている」という菅原小春。しかしそれは、ギリギリまで自身を突き詰めてダンスと向き合っているからこその感情なのでしょう。

そんな人間らしい一面もまた、菅原小春のダンスに感情を肉付けしているようです。「培ってきた人生観がダンスに表現される」と話す菅原小春のダンスや、彼女の考え方は、悩める若者や日々の仕事に悩む社会人にもヒントや力をくれる気がします。「自分にはダンスなんて馴染みがないから」と、通り過ぎたらもったいない!世界的なダンサーというだけではない、たくさんの魅力にあふれた人間・菅原小春に、より多くの注目が集まっていくことを期待したいですね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る