Superflyの本名、性格、身長、体重、年齢は?熱愛彼氏、結婚は?

Superflyの本名、性格、身長、体重、年齢は?熱愛彼氏、結婚は?

Superfly 本名、性格、身長、体重、年齢は?ハーフなの?

Superfly 本名、性格、身長、体重、年齢は?元々はバンド名だった!

今はソロ活動をしているSuperflyですが、元々ははバンド名でした。Superflyメンバーの本名は、ヴォーカルを務めていたのが越智志保、ギターを務めていたのが多保孝一。2007年11月に、ギターの多保孝一が、コンポーザー&アレンジャーの仕事に専念することにしたため、ヴォーカル・越智志帆のソロプロジェクトへと変更されました。以降Superfly=越智志帆として活動しています。

Superfly・越智志帆は、おとなしく、引っ込み思案で繊細と、とても穏やかな性格です。Superfly・越智志帆は、歌っている時は情熱的ですが、喋る時は普通に真面目に答えています。Superfly・越智志帆の身長は153cmで体重は非公開です。非常に小柄な体のどこから、あの歌唱のパワーが生み出されているのでしょうか。また、Superfly・越智志帆の年齢は31歳です。

Superfly ハーフなの?影響を受けたアーティストと時代がそう思わせる!?

Superflyの容姿を見ると、ハーフのモデルさんのように見えますが、純粋な日本人。ピアノを幼少時代から習っており、「愛をこめて花束を」をピアノで弾き語りを披露しています。また、ギターやブルースハープ、ティンパニなども演奏できるSuperfly・越智志帆は、音楽に関して非凡な才能を持っています。

中学時代、合唱コンクールで人前で歌う喜びを感じたことから本格的に音楽をやろうと考え、Superfly・越智志帆は高校3年生で初めてバンドを結成しています。そして、大学時代に出会った多保孝一から影響を受けてロックに傾倒し、それがSuperfly・越智志帆のファッションにも色濃く出ています。

スポンサーリンク

それは、主にSuperflyがハマったジャニス・ジョップリンが活躍した、1960年代から1970年代のサイケデリックやヒッピーカルチャースタイルのファッションです。このため、Superfly・越智志帆は余計にハーフらしく見えてしまうのだと思います。

Superfly 歌唱力は神レベル!熱愛彼氏、結婚は?

Superfly 歌唱力は神レベル!MISIAと共に、本当に歌える数少ない実力派女性アーティスト!

Superflyの歌唱力は、パワフルな声量と、海外アーティストのような独特の歌声が特徴で、ファンはもちろん、ファン以外からも「神レベル!」だと絶賛の嵐です。「愛をこめて花束を」など、じっくり聞かせる歌では、伸びやかでどこまでも突き抜ける透き通った声を聞かせ、「タマシイレボリューション」では、聞いているだけで全てを吹き飛ばされてしまうほどパワフルな声量を聞かせてくれます。

表現力も豊かなSuperfly・越智志帆のヴォーカルは、今日本の女性シンガーでNo.1と言っても過言ではありません。真の実力が現れるLiveでも、Superfly・越智志帆の声はCDの声以上のものが感じられ、MISIAと並ぶ、本当に歌える、日本の二大実力派若手アーティストと言ってもよいのではないでしょうか。ぜひ一度ライブを見に行って感じてください。Superflyは、Liveでしか味わえない歌声を聞かせてくれ、Liveのチケットを買って聞く価値のあるアーティストです。

スポンサーリンク

Superfly 熱愛彼氏は?現在は結婚していない!

Superflyの熱愛彼氏は、以前にフライデーされています。お相手は、バックバンドの男性で、Superfly自身もこの熱愛報道を認めていました。ただ、その後、お相手との情報や他の熱愛彼氏の存在をにおわせるような情報はなく、判明しているのは、現在結婚していないということのみ。

Superfly・越智志帆は趣味が料理なので、奥さんもしっかりできそうですから、電撃結婚の報道をされてもおかしくはありません。何より魅力的な女性ですから、周りの男性陣が放っておかないでしょう。

Superflyの今後は!?オリコンチャート1位常連を目指して!

Superflyは、フジテレビ系列で2015年10月より放送が開始されるドラマ「無痛~診える眼~」の主題歌を担当することが発表されました。楽曲のタイトルは「黒い雫」。これはSuperflyが、ドラマの「無痛」というタイトルからインスピレーションを受け、久坂部羊の原作を読み、人間の奥深い感情と、最後に希望を見出せる楽曲にしたいという思いから製作した曲だそうなので、公開されるのが楽しみですね!

ところで、なぜなのか分からないのですが、Superflyは、オリコンチャートの1位を1度しか取ったことがありません。それは、2010年9月1日に発売された「Wildflower&Cover Songs:Complete Best’TRACK3’」。この中には、NHK2010年度サッカーテーマソングとして起用されたタマシイレボリューションも入っており、それが元で爆発的な売り上げをあげています。

しかし、歌唱力が神レベルのSuperflyが、どうして1度しかオリコンチャート1位を取れていないのか……おそらく固定ファンの多いところが1位を席巻しているということもあるでしょうし、国内CDの売り上げ低下も響いていると思います。しかし、楽曲以外の付加価値がなければCDが売れない時代、常にトップ10付近にいるのは、音楽として純粋にSuperflyを支持する、本物の耳を持った人がいると言う証でもあります。

音楽業界全体が混沌とする中、Superflyの存在とその作品、歌声は一つの光明です。Superflyの名を出さずに歌を聞かせたら、一発で興味を惹かれること間違いないと思います。ロックシンガーとして綺羅星の如く輝きを放っているSuperfly。今後、一番星になって欲しいアーティストです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る