鈴木拡樹は美容師から2.5次元俳優へ!「刀剣乱舞」三日月役が美しすぎる!

鈴木拡樹は美容師から2.5次元俳優へ!「刀剣乱舞」三日月役が美しすぎる!出典:http://www.ozmall.co.jp

鈴木拡樹は美容師から2.5次元俳優へ!性格が原因で熱愛彼女ができない?

鈴木拡樹は元美容師!2.5次元俳優への転向までの歩みとは?

近年注目度が急激に増してきた2.5次元舞台。これは、アニメやゲームといった2次元作品を、舞台やミュージカル化した作品の総称です。2.5次元舞台には多くの俳優が出演していますが、中でも絶大な人気を誇っている俳優が鈴木拡樹(すずきひろき)です。

1985年6月4日生まれ、大阪府堺市の出身。父の職業である美容師あこがれて職についたものの、好きなことをすればいいと勧められ、転職を考えます。洋服が好きな鈴木拡樹が、アパレル系の専門学校を探していたところ、芸能人を育てる専門学校を発見。興味をおぼえ、モデルコースへ入学しました。

先生のススメもあり、役者コースの授業も受けていた鈴木拡樹は、卒業と同時にオーディションに合格。2007年に、車田正美の漫画が原作のドラマ「風魔の小次郎」麗羅役でデビューします。「風魔の小次郎」は舞台化もされていることから、鈴木拡樹は、デビュー作から早くも2.5次元分野に関わっているといえます。

そんな鈴木拡樹の初主演作品は、峰倉かずやの漫画「最遊記」を原作とした「最遊記歌劇伝」の玄奘三蔵役です。座長の難しさを痛感した作品でもあり、鈴木拡樹にとって思い入れの強い作品のひとつです。

スポンサーリンク

鈴木拡樹は温和で超ストイック!性格が原因で熱愛彼女ができない?

鈴木拡樹の写真を見ると、たいてい柔らかな笑みを浮かべています。写真の印象から受ける通り、鈴木拡樹は温和な性格。人間観察力に優れているせいか、大変な気遣い屋だそうです。稽古中に足を捻った共演者が何も言わなくても、足が痛み始める頃に氷を持ってきてくれた、というようなエピソードは数えきれないほど。

そのため、「彼女にしたい俳優」という異名を持つ鈴木拡樹ですが、熱愛報道や彼女の報道はこれまでになされていません。好きなタイプの女性は、「一緒にいたいなと思う人」と語っていますが、実は結婚願望は薄めです。マメに連絡することも苦手である上、仕事に対してもかなりストイックなため、仕事に夢中になってしまうことが多いとか。

ランニングを欠かさないなど身体つくりも行っているほか、役に対する研究のために、2.5次元舞台の原作となっている漫画やゲームにも一通り触れるという鈴木拡樹。「とにかく時間がない!」というのが、熱愛彼女ができない一番の理由なのではないか、と思われます。

スポンサーリンク

鈴木拡樹と村井良太は不仲なの?「刀剣乱舞」三日月役が美しすぎる!

鈴木拡樹と村井良太「戦国鍋TV」や「ペダステ」で共演の2人は不仲なの?

出演作品数が多く、共演者も多い鈴木拡樹ですが、デビュー作から共演してきている俳優に村井良太がいます。村井良太は、1988年6月29日生まれなので、鈴木拡樹より3歳年下。活躍の中心は舞台ですが、2016年は、映画「真田十勇士」海野六郎役で出演するなど、媒体を問わず幅広く活動しています。

鈴木拡樹と村井良太は、「風魔の小次郎」で共演して以降も、「仮面ライダーディケイド」を始め、「戦国鍋TV」では信長と蘭丸役でデュエットし大人気に。2.5次元舞台の中で最も過酷と言われる舞台「弱虫ペダル」(通称ペダステ)では、村井良太が主人公の小野田坂道役を、鈴木拡樹が箱根学園の荒北靖友役を演じ、やはり同じ舞台に立ちました。

そんな2人にまことしやかに囁かれているのが、「もめたことがある」「プライベートでの接点が薄い」などという不仲説。しかし、実際は、時折互いのブログなどに名前が登場するなど、良好な関係にある様子です。

鈴木拡樹が座長を務めた舞台「刀剣乱舞」!美しすぎる三日月宗近役の評価は?

「刀剣乱舞-ONLINE-」は、日本古来の武器である刀を擬人化し、大人気となったブラウザゲームです。2.5次元舞台に積極的に進出していることでも知られ、2015年よりミュージカル化をスタートさせ、2016年4月には舞台作品も上演されました。ミュージカル作品と舞台作品は、脚本や演出家、出演者も別です。

ミュージカルでは、黒羽麻璃央(くろばまりお)が演じた三日月宗近役を、舞台「刀剣乱舞 虚伝 燃ゆる本能寺」で演じたのは、鈴木拡樹でした。織田家所縁の刀を軸に、刀剣から見た織田信長像を追っていく本作。三日月宗近の役どころは、皆をまとめる役です。

教え、諭し、見守ることが多い役ですが、戦闘シーンの迫力は見事。もともと殺陣に定評のある鈴木拡樹といえども、狩衣での立ち回りはあまりなく、苦労したといいます。しかし、舞台で見せた、腰を落とすなど歩き方も工夫した太刀さばきは、平安時代に打たれたという三日月宗近の歴史を踏まえてのことでした。

刀の中でも最も美しいと称される三日月宗近は、ビジュアルもさることながら、鈴木拡樹の所作や裾捌き、佇まいが美しいとの評価も高く、新たなファンも急増しました。

鈴木拡樹WOWOWでMCに抜擢!2.5次元男子を紹介する「2.5次元男子推しTV」の内容は?

2.5次元舞台俳優を特集する番組「2.5次元男子推しTV」が、WOWOWで、2017年3月25日より放送されることとなりました。月1回ずつ全6回放送の予定で、MCは、鈴木拡樹が務めます。1回目の放送では、鈴木拡樹が特集されることが決定しており、公演の合間に故郷・大阪の街を歩いたりと、撮影は順調な様子です。

また、公開録画も決定しており、ゲストには、「最遊記歌劇伝」や舞台「刀剣乱舞」でも共演している椎名鯛造(しいなたいぞう)が出演することが発表されました。普段から仲が良い2人だけに、どのような話が飛び出すのか、期待が高まります。

2017年の鈴木拡樹は、舞台「刀剣乱舞」の再演にはじまり、舞台「ノラガミ -神と絆-」夜ト役、「スーパーダンガンロンパ2 THE STAGE 2017」狛枝凪斗役、舞台「刀剣乱舞」の新作となる舞台「刀剣乱舞 義伝 暁の独眼竜」三日月宗近役と、発表されている7月までだけでも出演予定がぎっちり。

そんな鈴木拡樹は、忙しさもなんのその、自身の舞台だけではなく、2.5次元舞台というジャンルそのものを、もっと大きなコンテンツにしたいという熱意を持っています。2.5次元舞台は、ミュージカル「テニスの王子様」でメジャーになりましたが、どんな作品でも、「原作ファンから受け入れられにくい」という見方をされてきました。

その見方を変えたのは、制作者はもちろん、出演俳優たちの役や作品に対する敬意や熱意です。2.5次元舞台は、原作への忠実性が特に重要視されているため、キャストそれぞれが自分が演じるキャラクターをじっくり研究しています。その結果、表現される動きによって、観劇者は「キャラクターが動いている」というリアルな感動を得られるのです。

日本を代表する1つの文化として確立されつつある2.5次元舞台。会場で、2.5次元舞台を代表する俳優の1人である鈴木拡樹の舞台に対する情熱を感じてみてください。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る