鈴木雅之の結婚相手、子供は?素顔が気になる!

鈴木雅之の結婚相手、子供は?素顔が気になる!

鈴木雅之の結婚相手、子供は?素顔が気になる!

鈴木雅之の結婚相手は同級生の一般女性らしい、どんな人?

サングラスがトレードマークで中々素顔を伺い知れない彼を象徴しているようですが、鈴木雅之の結婚相手についても公式な情報は無く、様々な情報サイトから得られた結論は学生時代の同級生で一般女性であることが分りました。1985年当時のラッツ&スターのメンバーが合同結婚式を挙げた、ということでもう30年以上連れ添っています。

鈴木雅之の結婚相手は洋裁が得意で彼ののデビュー当時の衣装も作成していたそうです。下積み時代から鈴木雅之の結婚相手は彼を支えて成功を見守ってきたようですね。鈴木雅之にも浮いた噂は無く結婚相手の奥さんを一途に愛しているようです。

鈴木雅之に子供はいないってホント?愛犬とサングラスに隠された素顔!

鈴木雅之が一般女性と結婚して30年以上経ちます、お子さんがいればそれなりの年齢になっていてもおかしくないって考える方も多いでしょうが、どうも鈴木雅之に子供はいないようです。代わりにという訳ではありませんが愛犬家であり現在はパグを飼っているようです。

シャネルズ時代のアルバムジャケットにも犬が写っています。家庭とか生活感のない鈴木雅之、やはりプライベートなことについてはほとんど公表していないようで、情報も僅かしかありませんでした。サングラスを外した写真もネット上にあるのですが、どうも本人かどうか確認できないようなので、サングラスに隠された素顔の写真は学生時代のものしかないようです。

スポンサーリンク

鈴木雅之の「恋人」歌詞が切ない!人気結婚式ソングは?その歌唱力!

鈴木雅之の「恋人」の歌詞が切ない!20年以上愛されるヒット曲!

1993年にリリースされたヒット曲「恋人」、鈴木雅之のヒット曲の中でも2位にランクイン(オリコン)する名曲です。ドラマのエンディングテーマとして使用されたこともありこうしたメディアへの露出もヒットに一役買っていると言えるでしょう。長く愛される曲には理由があります、この鈴木雅之の「恋人」は歌詞が切ない曲で抒情的なのです。別れの曲が多いと言われる鈴木雅之ですが「恋人」の切ない歌詞を叶わぬ思いを込めて歌い上げています。ご存知無い方のためにご紹介したいところですが、残念ながら著作権というものがありますので興味のある方は検索してみて下さい。

鈴木雅之の歌唱力に高い評価!人気結婚式ソングはどの曲?

鈴木雅之の歌唱力の高さには定評がありますが、様々なサイトで彼は上位にランクされています。これは売り上げ枚数のような明確な規定が無いのです。同じ曲を歌えば比較出来るかもしれませんが、そんなイベントでもない限り無理でしょう。やはり多くの人が鈴木雅之の歌唱力が高いと感じていることは間違いないようです。別れの曲が多いと言われる鈴木雅之の場合は結婚式ソングとしての定番の曲は無いようです、その中でも「Boy I’m gonna try so hard」 に人気が集まっています。その他には「もう涙はいらない」や「出会えてよかった」などが鈴木雅之の人気結婚式ソングとして上がっていて、結婚式に彼の曲を使う方も多いようですね。

鈴木雅之がユーミンと初コラボ!ドラマ主題歌に新曲発表!

鈴木雅之がかねてより熱望していたコラボレーションが実現しました。これがなんとユーミンなのです、ユーミンは新曲「Melancholia(メランコリア)」を書き下ろしこれを鈴木雅之が歌い上げます。この曲はフジテレビ系列で放送されるドラマ「火の粉」の主題歌に採用され「大人の土ドラ」との位置付けで制作されることから「大人のアーティストによる楽曲」を探していた制作陣に抜擢されたようです。

スポンサーリンク

今年は鈴木雅之にとって2月にソロデビュー30周年を迎え、9月の誕生日で60才になるなど記念すべきイベントが多いのですが、この記念すべき年にあのユーミンが華を添える形となりました。ユーミンも「マーチンさんと私…かなり意外な取り合わせでしょ?」とのコメントをしており「それだけに楽曲制作は、そのつど新鮮に進んでいきました。

この作品によって必ずや、彼のニュールックを皆さんにお届けできること、彼の生誕60年をお祝いできることを大変うれしく思っています」ということで還暦を迎えた鈴木雅之の新たな展開が期待出来ます。実は鈴木雅之はまだアマチュア時代にユーミンのバックバンドとして参加したこともあり「あれから37年!! 時を超えて20代の若者が60代になり、ラヴソングを歌う者同士として出会えました。コラボレーションは時として素敵な化学反応を起こします。まるでメランコリアのように…」とコメントして感動を表しています。ますますこれからの活躍に期待が膨らみますね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る