鈴木誠也に「アド街ック天国」出演の過去が!広島カープ“神ってる男”がブレイク中

鈴木誠也に「アド街ック天国」出演の過去が!広島カープ“神ってる男”がブレイク中出典:http://number.bunshun.jp

鈴木誠也に「アド街ック天国」出演の過去が!広島カープ“神ってる男”がブレイク中

鈴木誠也に「アド街ック天国」出演の過去!リアル巨人の星はカープ期待の星となった!

鈴木誠也は、広島カープの外野手です。入団4年目の今年は、打撃の才能が一気に開花し、お立ち台での「最高でーす!!」の決め台詞で、一躍人気選手となりました。

そんな鈴木誠也には、11歳の時に、テレビ東京の「アド街ック天国」へ出演の過去が!「巨人の星」の舞台となった東京都荒川区町屋出身の鈴木誠也は、父手作りの自宅の練習場で、父と二人三脚の野球のトレーニングに励んできました。星一徹と星飛馬ばりの野球漬けの鈴木親子は、当時「リアル巨人の星」として取り上げられ、9年後の「アド街ック天国」にもプロ入りを果たした鈴木誠也が出演し、話題となっています。

鈴木誠也は“神ってる”男!!ブレイクのきっかけは驚異の3日連続決勝HR!

鈴木誠也は、今シーズン、オリックスとの交流戦で、2日連続サヨナラホームランという偉業を果たした翌日に、同点で迎えた8回にソロホームランを放つと、それが決勝点に。3日連続で決勝弾を放つという、神がかったような鈴木誠也の活躍を、広島カープの緒方孝市監督は、“神ってる”という表現で讃えました。

NHKの「5分で鯉(カープ)に聞いてコイ!」に出演した鈴木誠也は、「どうしてそんなに打てるのか?」という視聴者からの質問に対し、「運だと思います」と回答。ネクストバッターサークルでは、「今日も打たせてください」と野球の神様にお願いをしながら、片づけをしているそうです。

スポンサーリンク

打てなかった時期には、バットを抱えて眠っていたという鈴木誠也。現在は、抱き枕に変えたそうですが、厳しい練習を続けるだけではなく、神頼み・願掛けの成果もあっての“神ってる”活躍といえそうです。

鈴木誠也が強肩を持つワケ!広島カープ入団後の成績、年棒推移は?

鈴木誠也が強肩を持つワケとは?もともとは投手だった!

鈴木誠也は、スポーツ番組「すぽると!」の企画で、2015年の強肩王に選ばれました。DeNAの梶谷外野手は、鈴木誠也の球を、「バズーカや、ロケットランチャーのように強烈」と称賛。実は、鈴木誠也は、小学校から高校までは投手として活躍をしており、その投手経験が、強肩に繋がっています。

同じ鈴木姓で、同じく投手から野手に転向して活躍しているイチロー選手のように活躍してほしいという願いを込められ、背番号51番を背負っている鈴木誠也。強肩、俊足、打撃力を武器に、今後もますますの活躍が期待されています。

スポンサーリンク

鈴木誠也の広島カープ入団後の成績をおさらい!年俸推移も気になる!

鈴木誠也は、2012年のドラフト2巡目で、投手ながらも打撃力を買われて、内野手として指名され、広島カープに入団しました。2013年は野手に転向した鈴木誠也は、1年目にして二軍レギュラーに定着し、9月には一軍デビューを果たし、11試合に出場。広島カープで、高卒の新人野手が一軍昇格を果たしたのは、実に14年ぶりのことでした。

2年目の鈴木誠也は、初本塁打を放ち、猛打賞もマーク。一軍の公式戦には36試合出場し、打率.344を記録しました。3年目となった2015年には、内野手から外野手へポジションを変更。一軍の公式戦に97試合出場し、打率.275、本塁打5、打点25という成績を残しています。

4年目である今年2016年は、春季キャンプ中に右足の筋挫傷を発症するも、3日連続で決勝弾を放つ“神ってる”活躍をみせている鈴木誠也。129試合に出場し、セ・リーグで2位となる打率.335、本塁打はチーム1位の29本と、素晴らしい活躍を見せました。契約金6000万円、年俸600万円で入団し、650万円→900万円→1700万円と、順調に年俸を推移させている鈴木誠也。2017年の年俸は、さらなる飛躍がみこまれます。

鈴木誠也の神ってる活躍で日本シリーズ制覇じゃ!頼むでセイヤ!!

鈴木誠也の“神ってる”活躍もあり、25年ぶりのリーグ優勝を果たした広島カープ。侍ジャパンの日本代表に初選出されるなど、今季は、とりわけ高い評価を得ました。ところが、DeNAと争ったクライマックスシリーズのファイナルでは、広島カープこそ無事に勝ち進んだものの、鈴木誠也個人としては、11打席連続のノーヒット。神ってるどころか、野球の神様には見放されてしまったような状態でした。

その後、1日あった休日は、東京の実家に帰り、野球から完全に離れたオフを過ごしたという鈴木誠也。好きな食べ物は「そぼろ」と公言しており、帰省した際には、母に必ず作ってもらうと言っていましたが、リフレッシュができたでしょうか。日本シリーズで対戦する日本ハムファイターズの大谷翔平と鈴木誠也は同い年。今年のセ・パ交流戦では、各リーグから1名ずつ表彰される「日本生命賞」をそろって受賞しています。

鈴木誠也は、大谷翔平のことを、「目標のような、負けたくない相手」としており、大谷翔平も、鈴木誠也のことを、「体格が良く、スイングも強くて良い打者」と評価。お互いに一目置き合っている同級生対決は、果たしてどちらが制するのか?!広島カープは、大谷翔平の165キロの剛速球に対応するため、打撃マシンを前進させ、速度の設定も上げて、普段はしないような練習に励んでいます。

32年ぶりとなる日本シリーズ制覇に向け、鈴木誠也の神ってる活躍は欠かせません。日本シリーズで優勝し、歓喜のビールかけをするためにも、全力で鈴木誠也を応援していきましょう!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る