田原俊彦のビッグ発言の真相!干されても消えない理由は?

田原俊彦のビッグ発言の真相!干されても消えない理由は?出典:http://topicks.jp

田原俊彦のビッグ発言の真相!干されても消えないのはなぜ?

田原俊彦のビッグ発言の真相!体験した、芸能界のオキテとは!?

田原俊彦、通称トシちゃんといえば、80年代を謳歌したトップアイドル。今でこそ、バラエティや多方面の番組にもちょっとずつ顔を出すようになった田原俊彦ですが、しばらくはTVに出なかった期間があったのをご存じでしょうか?
田原俊彦がTVから消えたとされる期間は、およそ17年にも及びました。その昔、田原俊彦が、ドラマにバラエティに引っ張りだこだったことを考えればあまりにも長い年数です。

そのカギを握るのが、田原俊彦の『ビッグ発言』。これは、1994年の長女の出産会見での一コマでした。当時、マスコミとあまりいい関係でなかったとされる田原俊彦は、当たり前だった結婚会見もせず、プライベートなことも明かさずにきました。しかし、それが裏目に出て、実家まで押しかけられたり、妊娠中の妻が追いかけまわされ母子が一時危険な状態になったりと散々な目に遭ったそうです。

とんがった田原俊彦の態度がマスコミからよく思われていたはずもなく、出産会見のコメントも、前後の文章を差っ引いて「何事も隠密にやりたかったんだけど、僕くらいにビッグになっちゃうと、そうはいきませんけどね」と、あたかも生意気な発言と見せかけるように編集されてしまったといいます。

スポンサーリンク

実際の長女の出産会見では、家族を思う優しいパパであり、両親に対しても優しい息子として、家族を守ろうとしていた気持ちを語っていたという田原俊彦ですが、時すでに遅し。田原俊彦が『ビッグ発言』!として、世論から激しくバッシングされる羽目になりました。

田原俊彦が干されても消えなかった理由は地道なファンへのアピールがあったから!?

田原俊彦は、『ビッグ発言』以後、仕事を干された状態に陥ったものの、そのまま消えることはありませんでした。あれだけのトップアイドルが、突然TVにも出なくなれば、普通ならば、そのまま消えてしまいそうなものですが、田原俊彦は違ったのです。

田原俊彦は、時代のニーズに答えるような新しい手法のビジネスも開拓していました。例えばインターネットラジオ。自前でネットラジオを開設し、一時リスナーは25万人以上に上ったといいます。また、コンサートやディナーショーも欠かさず行い続けました。田原俊彦のファン層といえば40代50代が多く、今現在、金銭的にも時間的にも少し余裕が持てる世代です。元よりアイドル時代からの根強いファンがいた田原俊彦ですから、コンサートやディナーショーを開くとなれば、チケットは見る間に売れ、一緒に旅行に行くプランを実施すれば、固定ファンだけですぐに完売状態。

スポンサーリンク

ちなみに、田原俊彦には男性ファンも多いそうです。ファンを大切にしてきた田原俊彦だからこそ、ファンが何を求めているのか、どうすれば期待に応えられるのかというノウハウがきちんと分かって、的を外さない活動ができたのでしょう。

田原俊彦×野村宏伸「教師びんびん物語」視聴率!中山美穂は元熱愛彼女だった!

田原俊彦と野村宏伸で大人気となった「教師びんびん物語」の視聴率は半端なかった!?

田原俊彦が出演したドラマは多数ありますが、大ヒット作した代表作といえば「教師びんびん物語」です。今40代以上ならば、ピンとくる方も多いはず。そう、野村宏伸との掛け合いも絶妙だったあの学園ドラマです。学園といっても舞台は小学校。熱血教師徳川龍之介を演じる田原俊彦と、後輩の榎本英樹役を演じる野村宏伸が奮闘する様子が描かれた「教師びんびん物語」は、平均視聴率26%をキープし、最終回は視聴率30%を超えたという大人気ドラマでした。

この「教師びんびん物語」は、続編の「教師びんびん物語Ⅱ」がさらに高い視聴率を記録したことから、実はⅢの話も出ていたそうです。実際、田原俊彦や、当時の出演者だった萩原流行、阿藤快にもオファーは行っていたのですが、田原俊彦の相方役だった野村宏伸だけがこれを拒否。その真相は、演じていた榎本英樹役がとてもナヨナヨとした役だったため、街でも笑われることが多くなり、これ以上演じることがいやだったからだとか。
結局、野村宏伸が「僕は降りたい」と言ったため、「教師びんびん物語Ⅲ」は、幻となってしまいました。

田原俊彦の元熱愛彼女は中山美穂!?田原俊彦がジャニーズをやめた理由と関係している?

田原俊彦の元熱愛彼女……「元」といっても、80年代終わり、90年代初めの話になります。田原俊彦が熱愛報道で世間を騒がせることになったお相手は、当時の大型新人。ミポリンというニックネームで、歌手デビューを間近に控えた中山美穂でした。田原俊彦と中山美穂のなれそめは、1987年の「オールスターハワイ大旅行団」での共演。当時すでにトップアイドルで、ジャニーズ事務所の稼ぎ頭として大人気だった田原俊彦と、新人でこれから上り調子になるといわれていた中山美穂は、なんと半同棲をスクープされてしまったのです。

田原俊彦の部屋に通っていたところを写真に撮られた上、その2年後には、極秘でハワイ旅行に行っていたこともキャッチされたことで、田原俊彦と熱愛彼女の中山美穂は、交際を認めずにはいられない状況に。アイドルが熱愛スクープを撮られると、人気がガタ落ちするため、アイドルの恋はご法度だった当時。中山美穂をこれから売りだしていくつもりだったミポリンの所属事務所は激怒し、田原俊彦が在籍していたジャニーズが謝罪することになりました。その謝罪の証として、両プロダクションが手打ちとして決定したのが、田原俊彦の解雇だったのだとか。

結局、1994年3月1日に個人事務所を設立した田原俊彦でしたが、ちょうどその数日前に長女の出産会見を開いた途端の『ビッグ発言』。ここになんらかの力が働いたのでは、と疑われても仕方ないでしょう。
しかし、もう一方で、中山美穂との破局は事務所間のことではなく、現在、木村拓哉の妻で歌手の工藤静香との三角関係が原因という情報も。当時大人気のモテ男だった田原俊彦ですから、別の熱愛彼女がいたとしても不思議ではないといえばそうだったのかもしれません……。

田原俊彦のディナーショーが真夏の7月に開催!いまだに根強いファン層を持つ田原俊彦が22年ぶりの快挙も!

田原俊彦のディナーショーが間もなくスタートします。ディナーショーといえば、往年のアイドルたちが行うクリスマスディナーショーを想像させますが、田原俊彦のディナーショーが行なわれるのは、真夏の7月。場所は、愛知県豊橋市のホテルアソニア豊橋です。チケットは、S席が33,000円で、A席が31,000円となかなかの料金設定。それでも、5月初め現在でS席は完売だそうですから、いまだ変わらぬ人気と実力がうかがえます。

田原俊彦といえば、2015年11月23日のオリコンウィークリーチャートで、「TRUE LOVE ~約束の歌~」が26位となりました。これまでにも、1992年「思い出に負けない」「雨が叫んでいる」、1993年「ダンシング・ビースト」「KISSで女は薔薇になる」とシングルを発表していますが、実に22年ぶりの30位以内ランクインの快挙。昔は、どちらかというと、踊りも重視したダンシングでアップテンポな曲で知られていた田原俊彦ですが、これからは年齢と共に聴かせるバラードも充実していくといいですね。

55歳になった田原俊彦は、長い充電期間があったにもかかわらず、根強いファンが多いことに驚かされます。ファンたちには、いつまでも田原俊彦にはトシちゃんであってほしいと、夢を託す部分もあるのでしょう。「TRUE LOVE~約束の歌~」の発表記念握手会では、「こうやって集まってくれたファンの方がいるから頑張れる。永遠にね。僕は(ファンと)TRUE LOVEですから。みんなに愛を届けられるようにね。」とコメントしている田原俊彦。これからもファンのために、大切な家族のために、第一線で頑張ってほしいと思います。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る