高田一也は吉川ひなのの兄!ムキムキになる前はビジュアル系バンドマン!?

高田一也は吉川ひなのの兄!ムキムキになる前はビジュアル系バンドマン!?出典:http://toresoku1.com

高田一也は吉川ひなのの兄!ビジュアル系バンドからトレーナーへ!

高田一也は吉川ひなのの兄!名字が違うのはなぜ?

高田一也は、日本のボディビルダーで、ジムのパーソナルトレーナーとしても活動しています。そう聞いてもピンとくる方は少ないかもしれませんが、高田一也は、モデル・吉川ひなのの実兄。吉川ひなののブログに、仲が良さそうなツーショットがアップされるたび、「イケメン」「腕の太さがハンパない」などと話題になります。

2人はなぜ名字が違うのでしょうか?その理由は、「吉川ひなの」は芸名です。吉川ひなのの本名は、保科愛(旧姓:高田愛)と言います。高田一也と吉川ひなのが実の兄妹であることは確かなようです。

高田一也はビジュアル系バンドのボーカルだった?筋肉を鍛えはじめたきっかけは?

高田一也は、今でこそ筋肉ムキムキな体をしていますが、1995年にウエイトトレーニングを始めたころは、身長が177cmあるのに対して、体重は50kgしかなかったそうです。ムキムキどころか、かなり細身だった高田一也は、その容姿にふさわしくビジュアル系バンド「Die:SEXION」のボーカルを務めていました。

バンド時代のエピソードには、ビジュアル系バンドのボーカルにふさわしい軟弱エピソードがズラリ。不健康すぎて、風邪をひいてこじらせたあげくに肺炎で入院、髪をポニーテールにしようと前傾しただけでぎっくり腰になった、なんてこともあったそうです。さすがにまずいと思った高田一也は、東急ハンズで腹筋台を購入。見よう見まねで鍛えはじめると、腹筋に筋肉がつき始めました。

スポンサーリンク

そのうち、あれほどこだわっていたはずのビジュアル系メイクやロングへアに飽き、バンド活動自体に才能の限界を感じていたこともあって引退を決意。このときの気持ちを、「自分の才能のなさを痛感させられまして」「妹(吉川ひなの)は芸能の表舞台で活躍していましたから、一層みじめでした」と語っています。

高田一也の結婚情報やプロフィール!ジム「トレジス」の評判は?

高田一也のプロフィールが知りたい!イケメンのワケはルーツにあった

高田一也は、東京都出身で、1970年7月20日生まれ。2017年4月現在は47歳です。「美しすぎるカリスマトレーナー」などとも呼ばれていますが、彫りの深さは、アメリカ人の祖父を持つクォーターであることも理由の一つでしょう。ルーツをさかのぼっていくと、フランス人の血も混ざっているそうです。

1995年からウエイトトレーニングを始め、筋肉がついていく様子がうれしくて仕方なかった高田一也は、独学でトレーニングを続け、パーソナルトレーナートレーナーとしての活動を2003年からスタートさせました。同時に、ボディビル大会にも出場しはじめ、多数の入賞はもちろん、何度も優勝を果たします。

スポンサーリンク

2009年からは、パーソナルトレーナーの活動に専念し、2010年には「お腹が凹む高田式メソッド」を出版。熱愛報道とも無縁で、結婚したとの話も聞かれません。妹・吉川ひなののSNSに登場するときも常に1人なので、今のところ独身である可能性が高そうです。

高田一也が代表を務めるジム「トレジス」の評判は?プログラムをチェック

2011年10月、高田一也は、東京の白金台で、完全予約制のトレーニングジム「トレジス」の経営をスタートさせました。クライアントは、有名人やスポーツ選手から、会社経営者からダイエット希望の女性、健康維持を目標とする人まで、幅広い層に及ぶそうです。パーソナルトレーニングにかかる費用は、1回約60分で10000円+税。入会費は無料で、年会費が10000円ほど。プログラムは、マシントレーニングやフリーウェイトトレーニングなど。

カウンセリング後に、お試しトレーニングを実施して正式入会になります。高田一也の指導法のたしかさは、かつての人気バラエティ番組「笑っていいとも!」から始まって、後続番組の「バイキング」や「スッキリ!」、雑誌「Tarzan」「GOETHE」などでもたびたび取り上げられています。「トレジス」は、代表の高田一也自身が第一線に立ち続けるボディビルダーでありながら、顧客に合わせてきめ細やかに対応してくれると、評判も上々です。

高田一也が「有吉反省会」に出演!意外な趣味にスタジオが大爆笑!

高田一也が、2017年4月1日放送の「有吉反省会」に出演しました。番組内で反省したのは、ブログにアップする内容が、ユーザーに全く伝わっていないこと。たとえば、「寝癖」とタイトルが付けられたある日の投稿記事。一緒に掲載されているのが高田一也の全身写真であるため、ムキムキな筋肉に目がいくだけで寝癖の程度は分かりません。

また、「犬が可愛い」と褒めた記事でも、犬を抱いた高田一也の体の迫力がすごすぎるあまり、犬の可愛さがまったく伝わってこない始末です。番組内で有吉弘行に、「服を脱いでください」と促されて、お約束のポージングタイム。高田一也は、照れながらも自慢の肉体をばっちりアピールしました。

よく日に焼けて整った顔立ちは精悍すぎて、体はゴツすぎるため、一見すると近寄りがたい印象の高田一也ですが、バラエティ番組でのトークを見ると、とても気さくな好人物であることが分かります。それは、ブログからも伝わってきます。記事の最後に必ず書き添えられている、意味不明な「今日の一言!」に癒されること間違いなしです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る