高橋メアリージュンは刑務所出身!?「闇金ウシジマくん」で確立した悪女の地位

高橋メアリージュンは刑務所出身!?「闇金ウシジマくん」で確立した悪女の地位出典:http://everyday-e-news.com

高橋メアリージュンは刑務所出身!?「闇金ウシジマくん」で確立した悪女の地位

高橋メアリージュンは刑務所に入っていた?!不穏な噂を検証!

高橋メアリージュンは、「CLASSY」や「Oggi」といった有名ファッション雑誌で活躍しているモデルです。現在は、多くのCMに出演し、また女優としても活躍しています。NHKの連続テレビ小説「純と愛」マリヤ役としてご存じの方もいるでしょう。

高橋メアリージュンと検索すると、名前とともに、「刑務所」や「元ヤンキー」という言葉が一緒に出てきます。もちろん、高橋メアリージュンが良からぬことをして刑務所に入っていたわけではありません。どうやら、原因は、フジテレビのバラエティ番組「全力!脱力タイムズ」に、ゲストコメンテーターとして高橋メアリージュンが出演したことにあったようです。

高橋メアリージュンが出演したときに、番組内で、世界最大の刑務所暴動についてが紹介されたといいます。高橋メアリージュン自身は犯罪とは関係なく、刑務所に行ったこともありません。元ヤンキーでもありませんが、こちらは、過去に出演した映画のキャラによる影響ともいえそうです。

スポンサーリンク

高橋メアリージュンが確立した悪女の地位!映画「ウシジマくん」犀原茜がはまり役!

高橋メアリージュンは、映画「闇金ウシジマくん」シリーズで演じた「悪女」キャラクターがあまりにもはまり役で、ファンが急増しているといいます。

高橋メアリージュンは、主人公ウシジマくんのライバル業者である、女闇金業者の犀原茜役を演じました。刃物を持った時の鋭い目つきや、サディスティックを極めた暴力と罵声、部下に対する横暴な態度など、清々しいほどガラの悪いキャラクターを演じ切った高橋メアリージュン。モデルという華やかな世界からの転身である分、これまでの自身のイメージと真逆の役をいきなり演じきった、高橋メアリージュンには驚かされます。犀原茜を演じ、「高橋メアリージュン=悪女」というイメージが定着しファンも増えると同時に、悪女キャラを演じる機会も増えました。

バラエティ番組「痛快TV スカッとジャパン」の2時間スペシャルでも、高橋メアリージュンは、新人をことごとくいじめて潰していく、新人殺しの看護婦を演じました。視聴者からも「怖い」という声が続出。番組終了後に高橋メアリージュン自身がTwitterでつぶやいたところによると、自身でも「闇金ウシジマくん」の犀原茜を意識したようなところがあったとか。

スポンサーリンク

悪女キャラの地位を築きつつある高橋メアリージュンは、現在引く手あまたな状態になっています。

高橋メアリージュン「ファスティングダイエット」で体重減!ドラマ・映画出演が急増中!

高橋メアリージュンが話題の「ファスティングダイエット」で体重5キロ減!

高橋メアリージュンが雑誌モデル時代から気を付けていることは、ずばり体重管理。重すぎても軽すぎてもいけないモデル業界では、体重管理は非常に重要です。高橋メアリージュンは、健康管理や体重管理のために、話題のダイエット法を始めた結果、6日間で5キロも減量することができたと公式ブログで明かしています。

そのダイエット法とは、野菜や野草の酵素を使った専用ドリンクを使いながら行うプチ断食のことです。高橋メアリージュンは、1日目を、酵素ドリンクと水のみで過ごし、3日目にはお腹が減らなくなったとか。4日目と5日目には、友人や身内と食事に出かけていますが、食べることはせず、友人の食べている食事を見ながら、「綺麗になってから食べよう。頑張ろう」とモチベーションを上げたりして乗り切ったそうです。

そして、最終日となる6日目には、体重マイナス5キロで減量に大成功。写真を見ると、あごや足のラインがすっきりとし、ダイエットを始める前との違いがはっきりと分かります。ブログの記事によると、6日目終了後は、消化の良いものを食べ、体内を落ち着かせていく「回復期」に入った様子。

6日間で5キロという効果の高さで、話題になりました。ここまで大きな成果が出るのならば、挑戦してみたいという女性が増えているというのも大いにうなずけます。

高橋メアリージュンはドラマや映画出演が急増中!大注目女優の魅力は?

高橋メアリージュンは、雑誌モデル時代からの美しいプロポーションに加え、映画では、クセも魅力もあふれるキャラクターを演じていることから、今注目の若手女優の1人となっています。2016年に出演した映画だけを取り上げてみても、「闇金ウシジマくん」シリーズ2作をはじめとして計6作。テレビドラマでも、単発・レギュラー出演をあわせて4作と、高橋メアリージュンの出演作品が続々と増えています。

高橋メアリージュンの魅力のひとつは、演技に臨む姿勢です。「るろうに剣心」に出演した際には、難病である潰瘍性大腸炎を患っていたといいますが、腹痛や下痢で脱水症状になりながらも、万が一に備えて、紙おむつをして撮影に臨んだそうです。常に下痢や腹痛に悩まされることから、撮影の降板も検討されたといいますが、見事にクランクアップまでやり遂げた精神は、素晴らしいの一言です。

高橋メアリージュンの女優としての意地を感じさせられます。また、目ヂカラの強さも、間違いなく高橋メアリージュンの魅力のひとつでしょう。「日刊SPA!」のインターネットニュースで、高橋メアリージュンは、自身の目力について語っています。目力は、精神的な要素によって変化するもので、強い思いがあるほど、目から力があふれてくるのだそうです。あまりに目力がありすぎて、「今、目力強すぎだよ」と、友人からいわれることもあるほどだとか。

女優としての意地と、圧倒的な目力を持った高橋メアリージュンはまた、優しい性格をしていて、共演者やスタッフからもかなりの高評価。これだけたくさんの魅力があれば、今後も出演作がどんどん増えてゆきそうです。

高橋メアリージュンが映画「闇金ウシジマくん」シリーズに続いて綾野剛主演映画「新宿スワンⅡ」にも出演!

高橋メアリージュンが悪役キャラの熱演で注目を浴びた映画、「闇金ウシジマくん」の完結編となる「闇金ウシジマくん ザ・ファイナル」が絶賛公開中です。もちろん、高橋メアリージュン演じる犀原茜も健在。狂ったような金切り声を上げながら、部下の村井をど突き回して、見る者をも恐怖させる圧巻の取り立てを行っています。

実は、犀原茜は、原作にはいないキャラクターです。生みの親である山口雅俊監督は、最初は主人公のライバルを男性で考えていたそうですが、どうもピンと来ないため、性別を変えて探すことにしました。キャスティングの条件は、こんな役を演じないだろうという意外性と、あまり知られていない役者、という2つ。それにぴったり当てはまったのが、高橋メアリージュンでした。

迫力のあふれるキャラクターを見事に演じた高橋メアリージュンは、2017年1月21日公開予定の映画「新宿スワンⅡ」にも出演していることが発表されています。綾野剛が主演の「新宿スワンⅡ」は、人気コミックが原作の映画。前作は、興行収入13億円を超える文句なしのヒット作となっています。

高橋メアリージュンが「新宿スワンⅡ」で演じるのは、「闇金ウシジマくん」とはガラッとキャラクターを変えた、キャバクラ嬢。主人公と敵対する横浜のスカウト会社社長の女でもあるという、2つの顔を持った「アリサ」で、愛する洋介に薬物から手を引かせようとするなど、何かと人情味のあるキャラクターを演じています。「新宿スワンⅡ」で、高橋メアリージュンは、どのような表情を見せるのでしょうか。期待が募ります。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る