タカアンドトシの年収が驚愕の10億円?!芸歴、同期は?

タカアンドトシの年収が驚愕の10億円?!芸歴、同期は?

タカアンドトシの年収が驚愕の10億円?!芸歴、同期は?

タカアンドトシの年収が驚愕の10億円?!週に抱えるレギュラー番組は14本?!

タカアンドトシは、「欧米か!」のツッコミ芸をきっかけに、一躍有名となったお笑いコンビ。タカの発想豊かなボケと、トシの絶妙なツッコミを武器に、多くのバラエティー番組を席巻し、今やすっかりお茶の間で大人気となりました。

人気の高いお笑いコンビとなると、年収が気になるところです。一部では、タカアンドトシの年収は10億円だという噂もあります。実際のところ、タカアンドトシの年収はどれくらいなのでしょうか?

公表されているものではありませんが、どうやら人気絶頂のタカアンドトシの年収は、確かに10億円に上るようです。レギュラーとして出演する番組が、週に14本もあるタカアンドトシ。もちろん、テレビ出演だけでなく、他の仕事もありますので、その分のギャラも合わせて合計すると、週に2000万円以上にもなるとのこと。

スポンサーリンク

週に2000万円ということは、月に約8000万円程度は稼いでいるという計算になります。そうなると、年収としては10億円に届く勢いだと考えて間違いなさそうです。人気がうなぎ登りとなっているタカアンドトシ。今後さらに年収が増えていくのかもしれません。

タカアンドトシの芸歴は?手強い同期との切磋琢磨し生み出したツッコミ芸!

タカアンドトシの人気上昇が止まりません。年収10億円を稼ぐまでになったタカアンドトシが結成されたのは1994年。北海道出身のタカアンドトシは、吉本興業札幌事務所でデビューしました。札幌事務所からのデビューだったので、はじめは、地元の北海道で活動していたタカアンドトシでしたが、2002年から東京での活動も開始しました。

2005年にはお笑い番組「爆笑オンエアバトル」で優勝を飾り、他にも「笑いの金メダル」や「エンタの神様」などに出演し、今では有名な「欧米か!」のネタで、一躍知名度がアップ。その後、多くのテレビ番組へ出演するようになった姿はご存じのとおりです。

スポンサーリンク

2016年で芸歴22年目となるタカアンドトシの同期には、ガレッジセール、ブラックマヨネーズ、スピードワゴン、北陽と、これまたそうそうたる顔ぶれがそろっています。タカアンドトシの代名詞ともいえる「欧米か!」というツッコミ芸は、こうした手強い同期ライバルたちと切磋琢磨する中で生まれたのかもしれません。

タカアンドトシと大泉洋どちらが北海道代表スター?身長や体重、家族は?

タカアンドトシと大泉洋どちらが北海道代表スター?昔は大泉洋を怪物と恐れていた?

タカアンドトシは、2人とも北海道出身のお笑いコンビです。人気コンビとなったタカアンドトシは、北海道代表スターと言っても過言ではないはず。しかし、タカアンドトシには、同じく北海道出身で、「怪物」と恐れている芸能人がいるそうです。
タカアンドトシが「怪物」だと恐れる北海道出身の芸能人とは、俳優の大泉洋。大泉洋は、タカアンドトシとほぼ同時期に芸能活動を始めています。

デビューした翌年には、北海道の大人気テレビ番組「水曜どうでしょう」に出演し、持ち前のコミカルさとユーモアを発揮して、一躍人気者になりました。タカアンドトシは、当時の大泉洋の人気ぶりにはかなわなかったと語ったことがあるそうです。

しかし、上京してからはタカアンドトシの人気もグンと上がり、大泉洋が「こんなに面白いとは思わなかった」とコメントするほどの存在に。今や、タカアンドトシと大泉洋は北海道が誇る2大代表スターといえそうです。

タカアンドトシのプライベートな一面!身長や体重、家族は?

タカアンドトシは、「欧米か!」のネタでブレイクし、今や大人にも子供にも大人気。多くのテレビ番組から引っ張りだこで、常に多忙なタカアンドトシのプライベートな部分も気になるところです。そこで、タカアンドトシの身長や体重、家族などのプロフィールに迫ってみましょう。

ボケ担当のタカは、身長が175cm、体重が85kg。芸能リポーターを務めていた鈴木奈津子と2012年に結婚しています。なんと、プロポーズしたのは27時間テレビで、出演者や視聴者が見守る中、めでたくゴールインしました。2013年には男の子も生まれていることから、現在は3歳となる息子の子育てに夫婦で奮闘しているのではないでしょうか。

ツッコミ担当のトシは、身長が176cm、体重が65kg。高校時代から付き合っていた女性と2010年にめでたく結婚しています。その後、男の子2人と女の子1人に恵まれたとのこと。育児と仕事に追われ、忙しい毎日ですが、幸せな家庭を築いているようです。

お笑い芸人というと、モテない、結婚できないというエピソードがよく飛び交いますが、タカアンドトシは2人とも温かな家族に恵まれています。タカアンドトシの人気が衰えないのは、家族の応援があってこそなのかもしれません。

タカアンドトシの名物企画「帰れま10」が帰ってくる!過酷な様子が生放送で明かされる?

タカアンドトシが出演する人気バラエティー番組といえば、テレビ朝日で放送されていた「もしものシミュレーションバラエティー お試しかっ!」。特に、本番組のコーナーの1つ、「帰れま10」は、番組の柱といえるほどの人気ぶりで、視聴率が20.1%を記録したこともあるほどです。

「帰れま10」は、MCを務めるタカアンドトシが、数人の芸人やタレントと共に、有名なファミレスやカラオケなどを訪れ、その店の人気ランキングで1~10位に該当するメニューを当てるという企画。人気メニューがどれかを当てるだけではなく、回答するごとにそのメニューを注文し、完食しなければならないというのがルールです。

ノーミスで10品すべてを当てることができれば、賞金100万円をゲットできますが、1回でも外してしまうと、ご褒美は一切なく、10品すべて当てるまで帰れません。当たるまで延々と食べ続けなければいけないその様子は、まさに地獄絵図と言えるでしょう。

しかし、世間一般の人々もよく行く店で行われるため、視聴者も一緒に人気メニューを予想することができる点が、とても面白いと評判の企画でした。「帰れま10」で人気を博した「お試しかっ!」でしたが、残念ながら2015年で一度は番組が終了してしまいます。

そんな大人気企画「帰れま10」が、なんと、2016年4月17日にAbemaTVで「帰ってきた帰れま10」として、生放送されることが決定しました。予想して当てる形式の企画は、やらせなのではないかと世間から囁かれることがしばしば。しかし、今回の「帰れま10」は生放送のため、ごまかしややらせは一切通用しません。MCを務めるタカアンドトシの2人も、「このつらさの一部始終を、生放送でやっとお見せできる時が来た!」と嬉しさを隠しきれない様子です。

タカアンドトシはレギュラー番組を週に14本も抱え、週に2000万円、年収にして10億円も稼ぐほどの人気お笑いコンビに上りつめました。しかし、そこで胡坐をかくことはないタカアンドトシは、「帰れま10」のような過酷な体当たり企画にも挑戦し続けています。常に、視聴者にとっての「面白い」を追求し、発信し続ける、それこそがタカアンドトシの人気の秘訣といえるのではないでしょうか。
今度の「帰れま10」は一体どのような展開になるか、「帰れま10」ファンは見逃せませんね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る