竹野内豊の性格は人間離れしている?!元恋人ブレンダの今

竹野内豊の性格は人間離れしている?!元恋人ブレンダの今

竹野内豊の性格は人間離れしている?元恋人ブレンダの今

竹野内豊が入社式にサプライズ出演!!性格が俺様主義で人間離れしているって本当?

竹野内豊は、テレビ朝日系で4月21日にスタートする木曜ドラマ『グッドパートナー 無敵の弁護士』で主演しています。その縁から、4月1日に行われたテレビ朝日の入社式にまさかのサプライズ出演し、新人女性アナウンサーを含む32人の新入社員一人一人に「おめでとう」と声を掛けながら、社員バッジを手渡しました。

23歳の時に役者の道を歩み始めたという竹野内豊は、「仕事を始めた時には、結果が出ずに苦しんだ時期もあったが、今考えると、その時間がとても大切だったと思う」と語り、「かっこいい大人になってください」とのメッセージで新入社員を激励。仕事に対する姿勢が誰よりもストイックだと評判の竹野内豊ですが、それゆえ役柄にのめり込んでしまい、周囲の人々に接する態度で誤解を招くことが多いようです。

演じる役柄によって性格まで変わる竹野内豊は、それまで明るく振る舞っていたのに、急に相手に対して攻撃的になることもあるそう。兄貴分的な役柄を演じる時には、それこそ「俺様主義」的になってしまうのだとか。いくら役になりきるためとはいえ、事情を分かっていない人からすると「竹野内豊の性格は人間離れしている?」と思われても仕方がないことかも知れません。

竹野内豊の華麗なる女性遍歴とは?元恋人ブレンダの今は?

竹野内豊は、2014年に女優の倉科カナとの熱愛がスクープされましたが、過去には、さまざまな女性との恋愛が噂されました。最初に噂になったのが、1999年頃で、当時の女性ファッション誌『nonno』でモデルをしていた後藤エミ。5年の付き合いがあったようですが成就せず、その後は同じくモデルのブレンダと竹野内豊の真剣交際が話題になりました。

スポンサーリンク

しかし、ブレンダはバツイチで、再婚には慎重だったこともあり、やはり結婚までは至らず。数多くのドラマに出演してきた竹野内豊は、その他にも、共演者だった和久井映見や天海祐希との交際も噂されましたが、真剣に付き合っていたのは後藤エミとブレンダの2人だけだったようです。ちなみに元恋人だったブレンダは、現在、ハワイ在住の実業家と結婚し、息子にも恵まれて、幸せな結婚生活を送っているそうです。

竹野内豊の熱愛彼女、倉科カナに破局説!主演ドラマ「グッドパートナー」の注目度は?

竹野内豊と熱愛彼女、倉科カナとの間にまさかの破局説?

竹野内豊と倉科カナは、「結婚は秒読み?」と言われながらも、なかなか結婚までには至っていません。2人の出会いは、ドラマ『もう一度君にプロポーズ』での共演でした。竹野内豊は、すでに熊本在住の倉科カナの両親に挨拶まで済ませていると報道され、「2人の結婚Xデーはいつなのか?」とマスコミが騒ぐ中、本人たちには未だ入籍の話は出ていません。そのせいか最近では「竹野内豊と倉科カナはすでに破局しているのでは?」との噂も出ているようです。

交際が発覚してほどなく、竹野内豊は、自身の両親のために、倉科カナの自宅から徒歩15分の高級住宅地に豪邸を購入しました。ところが父親が亡くなり、その豪邸には母親が1人で住むことに。母親の面倒を看たいと考えている竹野内豊と結婚すれば、倉科カナはいずれ竹野内豊の母親と同居せざるを得ません。2人の年齢差は17歳。舞台での仕事が充実し、まだ28歳と、女優としてこれからの倉科カナの心は、「仕事」と「恋愛」との狭間で大きく揺れているようです。

スポンサーリンク

竹野内豊主演のドラマ「グッドパートナー 無敵の弁護士」の注目度は?

竹野内豊主演の『グッドパートナー 無敵の弁護士』は、各局のドラマが苦戦する中、木ドラ『スペシャリスト』が安定した視聴率で健闘した後を継ぐ形でスタートします。弁護士ドラマといえば「民事モノ」との定番を覆し、竹野内豊演じる主人公は、企業法務を取り扱う新しいタイプの弁護士というのが『グッドパートナー』のウリ。

企業法務という専門分野でありながらも、視聴者に分かりやすい内容に仕上がっており、この新しい試みが視聴者にどう受け入れられるかが大きな鍵になりそうです。主人公・咲坂健人役に竹野内豊、元妻・松雪泰子とのコンビは初共演。2人と同じパートナー弁護士役に杉本哲太、弁護士事務所のボス役に國村隼と実力派俳優が脇を固めています。こちらのキャスティングも楽しみですね。

竹野内豊が第一線で輝き続けられる理由は「成熟した男の色気」と「コミカルな演技力」とのギャップ?

竹野内豊は今年45歳。数々のドラマが低視聴率で悩む中、爆発的な高視聴率を叩き出し、社会現象を起こした堺雅人主演の『半沢直樹』。ストイックな魅力が光った『MOZU』の西島秀俊。シリアスもコミカルもイケる個性派俳優の大泉洋など、ここのところ40歳前後のいわゆる「アラフォー」と呼ばれる世代の俳優たちによる活躍が目覚ましいですよね。そんなアラフォー俳優の中で、早くからブレイクを果たしながら、今も第一線を走り続ける竹野内豊の魅力とは一体何なのでしょう?

1971年生まれで45歳になったばかりの竹野内豊ですが、デビューのきっかけは、母親と姉が勝手に応募した雑誌のモデル。その後は俳優に転身し、反町隆史と共演した『ビーチボーイズ』が大ヒット。一躍トレンディ俳優の仲間入りを果たします。端正な顔立ちの二枚目俳優が年を経るごとに飽きられてしまう傾向にある中、年齢を重ねた竹野内豊は、どこにでもいる平凡なサラリーマンを演じたJTのCMや、ドラマ『素敵な選TAXI』などで、今までとは違う三枚目路線を披露します。

それまで二枚目役が多かった竹野内豊が一転してコミカルな演技を披露する。その意外性とギャップがファンの心をとらえたのではないでしょうか。今ではカメレオン俳優とまでいわれ、演じる役柄によって、二枚目三枚目、どんな役にも染めてみせる竹野内豊。成熟した男の色気と円熟味を増した演技で、今後も楽しませて欲しいものですね!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る