竹内力は元・三和銀行の窓口担当銀行員!年収2億円超えのVシネ帝王

竹内力は元・三和銀行の窓口担当銀行員!年収2億円超えのVシネ帝王

竹内力 元・三和銀行の窓口担当銀行員!年収2億円超えのVシネ帝王

竹内力は元・三和銀行の窓口担当銀行員!?

竹内力の代表作といえば、「ナニワ金融道」や「仁義」シリーズですが、意外にも若いころは本当に金融業界にいたというから驚きです。

竹内力は、高校を卒業後、元・三和銀行(現東京三菱UFJ銀行)に就職するために、出身地の大分県から大阪に出てきました。三和銀行への入行は昭和57年。同銀行退行は昭和59年ですので、二年ほど三和銀行で銀行員をしていたことになります。

現在の竹内力は、役柄ぴったりのコワモテですが、若いころは甘いマスクを持つイケメンでした。銀行に行って番号札を取る今とは違い、窓口に直接並ぶようになっていた当時。

3つあった窓口のうち、窓口担当行員だった竹内力のいる窓口だけが長蛇の列だったといいます。また、革ジャンを着て通勤する竹内力の姿がとても目立ってもいたそうです。

スポンサーリンク

竹内力の年収は2億円超えのVシネ帝王!

1989年に本家東映・シネマがスタートして、ビデオレンタルを出せば1万本から2万本と言われたVシネマの全盛期がありました。この時に絶対的スター俳優だったのが、Vシネ帝王と呼ばれる竹内力です。竹内力の出演料は、当時で一本1000万円と言われています。

1998年には27本のVシネマに出演しているので当然、竹内力の年収は2億円超えです。このような状況から、当時は竹内力のように成功することを「Vシネマ・ドリーム」と呼んでいました。今はこの時より制作費自体が削減されているので、一本1000万円という破格の金額はないでしょう。

竹内力 結婚相手・妻、子供は?身長、体重、ギャップがありすぎる性格とは?

竹内力の結婚相手・妻、子供は?

竹内力の結婚相手は、16歳年下の飲食店勤務の一般人女性。二人は、2000年に結婚しました。この時、竹内力は36歳なので、妻は20歳ということになります。竹内力は子供に恵まれましたが、結婚相手とは2006年離婚。現在、最初の妻との間に授かった子供は竹内力が引き取っています。

スポンサーリンク

その後2010年、今度は10歳年下の一般人女性と再婚した竹内力。お相手の女性も離婚歴があり、子供がいる状態なので、子供を連れた同士の再婚でした。竹内力と再婚相手の出会いのきっかけは知人のパーティとのこと。再婚した妻との間に子供はいませんので、竹内力の子供は、お互いの連れ子で二人ということになります。

竹内力の身長、体重、ギャップがありすぎる性格とは!?

竹内力の身長は180cmで体重は79kgと大柄な体格。顔も強面なので、近寄りがたい雰囲気なのですが、実の性格は違うようです。竹内力は、オヤジギャグを言って周囲を和ませたりと凄く気を使う性格なのだそう。バラエティ番組「めちゃめちゃイケてる」の「やべっち寿司」に出演した際は、竹内力は、赤ちゃん言葉で話してみたり、志村けんのモノマネをしていました。

岡村隆史と一緒に、長州小力のパラパラ芸を披露したりする一面まで見せた竹内力。シリアスな部分も、バラエティで見せる部分もどちらも本当の竹内力の姿で、とにかく、ファンや仲間を大事にする性格なのだと親しい人は語っています。

竹内力、父の壮絶な死を味わい……

8月12日に竹内力の父が心不全のため亡くなりました。父の享年83歳。亡くなる半年前に脳梗塞で倒れて入院し、その間三度の脳梗塞に襲われその度に食事ができなくなり、意識も遠のいていきました。この時、竹内力や兄弟に「殺してくれ」と泣きながら訴えたといいます。

これが辛く、それまでの距離もあったため、兄や妹のように頻繁に顔をだすことができなかった自身を「親不孝者だ」と後悔していることを竹内力は話しています。

この父の葬儀で歌ったのが新曲「桜のように」。この曲は、亡き友・安藤麗二のために作った曲です。安藤麗二は4年半前に肺がんで亡くなり、生前「お願いだからタバコをやめて下さい。俺みたいにならないで下さい」と言われ、竹内力はタバコをやめて健康に気を使うようになりました。

役柄でタバコを吸わなくてはいけない時は葉巻を吸い、肺に入れないようにしているという徹底ぶり。銀行員から俳優になりたいと夢見て、俳優学校に入学し、Vシネ帝王と呼ばれるまで上り詰めた竹内力。大豪邸に住み、銀行員をしていた時には考えられない生活を手に入れたことでしょう。最近では双子設定をした”双子の弟”RIKI名義で、音楽活動にも精を出している竹内力。これからも迫力ある演技と、おちゃめな竹内力を、もっともっとテレビで見たいですね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る