滝藤賢一 妻、子供は?無名塾の同期は?出演ドラマ「ウロボロス」「俺のダンディズム」「半沢直樹」あらすじネタバレ

滝藤賢一 妻、子供は?無名塾の同期は?出演ドラマ「ウロボロス」「俺のダンディズム」「半沢直樹」あらすじネタバレ

滝藤賢一 妻、子供は?無名塾の同期は?

最近は、様々なドラマで「名脇役」として名高い、滝藤賢一ですが、大変演技力のある俳優です。そんな滝藤賢一の家族は6人。滝藤賢一は、2009年に無名塾の劇団員だった後輩の女性と結婚しています。

そんな滝藤賢一の妻が仲良くなったきっかけは、滝藤賢一が劇団を卒業後、未来の妻が、滝藤賢一の演技を見に行ったこと。「結婚しなきゃ付き合うのは嫌だ」と滝藤賢一が言い、交際に発展し、結婚に至ったのだそうです。

その後、滝藤賢一と妻は、3男1女で計4人の子供に恵まれ、現在に至ります。結婚前は、滝藤賢一も決して楽ではなく、アルバイトをして生計を立てていたとのことで、妻の両親は大変心配したとのことです。けれども、妻が滝藤賢一は大丈夫と両親を説得し、結婚したのだといいますから、二人の絆は固く結ばれているのでしょう。

滝藤賢一 劇団の東大「無名塾」出身

劇団の東大と呼ばれる無名塾。なかなか厳しい劇団のようで、無名塾の出身者といえば、役所広司、若村麻由美などが有名どころです。滝藤賢一の無名塾同期を見ても、真木よう子、内浦純一といずれも実力者。同期3人、皆ブレイク中ですね。

スポンサーリンク

正直、いつも若々しく美しい真木よう子が同期と言われてもピンと来ませんが、滝藤賢一も年齢はまだ38歳。見た目よりもかなり若い滝藤賢一なのでした。無名塾は、ご存じの通り、名優、仲代達矢が主宰。仲代達矢の「役者は生涯修行」との言葉が、今も自分の中に根強く残っているという滝藤賢一。仲代達矢のメッセージをしっかり受け取っていることを知ると、滝藤賢一が名俳優であることにもさらに納得ができますね。

実力に、ようやく世間の評価が追いついてきたというところでしょうか。これからは、重要な役柄を演じる機会がさらに増えていくことでしょう。無名塾で鍛えあげられた滝藤賢一の演技には、まだまだ伸びしろもありそうです。

滝藤賢一 出演ドラマ「ウロボロス」「俺のダンディズム」「半沢直樹」あらすじネタバレ!

滝藤賢一 社会現象になった「半沢直樹」での名演技!

皆さんご存じ「半沢直樹」。バブル期に銀行に入社した銀行員の葛藤、苦悩、戦いなどを描いた物語で「クソ上司め、覚えていやがれ!」「やられたら、やり返す。倍返しだ!」など、名台詞でも有名です。

スポンサーリンク

ドラマ「半沢直樹」で滝藤賢一が演じたのは「近藤直弼」という役。主人公・半沢直樹の大学時代の剣道仲間で、半沢直樹と同期行員。とても有能なバンカーでしたが、思うような結果が出せずに苦しみます。さらには、人事部長、小木曽の過激なパワハラに遭い、総合失調症に。その結果、休職を余儀なくされて、出向させられてしまうのです。

そして、出向先のタミヤ電気でのトラブルをきっかけに、半沢直樹、同じく同期の渡真利と「バブル最後の入行組」として、銀行組織の黒い部分に刃を向けます。けれども、話はそう簡単には終わらず、物語終盤では、正義心と家族への愛情の間で心が大きく揺れていくのでした。

滝藤憲一 ちょっとカッコ良かった「ウロボロス」と「俺のダンディズム」

「俺のダンディズム」とは、課長昇進した段田一郎(滝藤賢一)が、憧れの新入社員、宮本南がダンディ好きだと聞き、ダンディズムを極めようとする物語。段田一郎は、ダンディな商品を取り扱う店「マダムM」の店主である美幸から、ダンディズムの歴史、知識、ヒット商品などを学びます。登場したダンディアイテムは、時計、万年筆、靴……などなど。徐々にダンディになっていく段田一郎を応援していた方も多かったのではないでしょうか。

また、「ウロボロス」は、児童養護施設、まほろばで育った龍崎イクオ(生田斗真)と段野竜哉(小栗旬)が、母親のように面倒を見てくれた、結子先生(広末涼子)が何者かに殺されたのを目撃し、犯人を追っていく物語。それぞれ犯人を追い詰めるために、イクオは警官、竜哉は暴力団に入ります。滝藤賢一が扮する刑事課の蝶野真一は、事件を追っていく刑事の役。重厚で迫真の演技のぶつかり合いには、見る者すべてが魅了されました。

滝藤賢一 ストイックな役柄が超似合う!

ドラマ「半沢直樹」で一躍ブレイクした滝藤賢一。たしかに注目は集まりましたが、正直、その後、ここまでブレイクするとは思いませんでした。けれども、たしかに、愚直なまでに生真面目な行員役だった「半沢直樹」後の出演作を並べてみると、他の役者にはない、ちょっと不思議な魅力を感じます。

ことに「クライマーズ・ハイ」の演技を見ると、猟奇的な感じさえあるのです。「半沢直樹」の他にも、「ウロボロス」や「俺のダンディズム」でも、しっかりと役にハマっていて、安心して見ていられます。「カラマーゾフの兄弟」では、ちょっと嫌な刑事の役でした。

けれども、意地悪さの中に、かいま見られる温かみに人間らしさがあふれていました。「ウロボロス」でも、同じような刑事役でしたね。そんな人間らしく、複雑な刑事役もぴったりハマるのが滝藤賢一。ストイックな役柄がとても似合う俳優だと思います。

そんな滝藤賢一ですが、来年のゴールデンウイークに公開される「テラフォーマーズ」に出演が決まりました!「テラフォーマーズ」での役柄はまだ明らかにされていませんが、特質な設定の物語の中で、滝藤賢一がどんな演技を見せてくれるのかも気になるところ。これまで滝藤賢一が出演してきたドラマはほぼ見ていますが、映画は初めてなので、とても楽しみです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る