滝沢秀明の歴代熱愛彼女は美女ばかり!舞台「滝沢歌舞伎」のキャストと評価は?

滝沢秀明の歴代熱愛彼女は美女ばかり!舞台「滝沢歌舞伎」のキャストと評価は?

滝沢秀明の歴代熱愛彼女は美女ばかり!現在の恋人は?

滝沢秀明の歴代熱愛彼女は美女ばかり!その後はどうなった?!

ジャニーズ美男子代表、滝沢秀明と噂になった歴代熱愛彼女についてまとめてみました。1999年、滝沢秀明はドラマ「ストロベリー・オンザ・ショートケーキ」で共演した深田恭子と付き合っているのではないか言われていました。

その頃の滝沢秀明は、人気急上昇中にあったためか、それに関する続報がないままでしたが、2000年頃、今度は鈴木亜美とお互いの家族を伴った温泉旅行を楽しんでいたという報道が。これが事実なら、相当親密な仲だったはずです。ところが、こちらも続報はなく、2006年にはNHK大河ドラマ「義経」で共演した石原さとみとの舞台鑑賞デートがスクープされました。

こちらは何度か2人でいる姿がキャッチされていたようですが、やっぱり続報なし。やはりジャニーズタレントだけに恋愛はご法度なのでしょうか?それにしても滝沢秀明の歴代彼女たち、絵に描いたようにそうそうたる美女ばかりだと思いませんか。

滝沢秀明の現在の恋人は一般人?ジャニーズが結婚を公認?!

このように常に謎のベールに包まれた滝沢秀明に、現在恋人はいるのでしょうか。実は2011年、滝沢秀明がツアーの合間を縫って、一般女性と会っていたことが分かっています。スクープされた現場は某商店街。滝沢秀明自慢の愛車・黒のゲレンデヴァーゲンに乗り込んできた茶髪の20代後半女性は、小柄で健康的な小麦色の肌が印象的な、大沢あかね似の美女だったそうです。

スポンサーリンク

やっぱり、美女……。たった3時間半のデートではあったものの、行先がホテルだっただけに、滝沢秀明の熱愛彼女であったことは間違いなさそうですが、この話題も例によって続報なし。しかし、それ以降は「石原さとみと復縁」「鈴木亜美と復縁」というような信憑性の低い話題以外に目立った熱愛報道のない滝沢秀明。案外、この女性と現在も交際を温めている……という可能性も捨てきれません。

しかも、滝沢秀明の結婚に関しては、ジャニー喜多川から「本人の自由」と公認が出ているというではありませんか。33歳、結婚願望アリの滝沢秀明。もしかすると、結婚に向けて時が熟すのを待っているのかもしれません。

滝沢秀明主演・演出の舞台「滝沢歌舞伎」のキャストと評価は?

滝沢秀明主演・演出の舞台「滝沢歌舞伎」10周年公演の注目キャスト!

滝沢秀明主演・演出の舞台「滝沢歌舞伎」は、2006年、史上最年少座長公演「滝沢演舞城」として初演され、今年10周年を迎えた、和太鼓演奏や歌舞伎などの和のエンターテインメントでありながら、縦横無尽のフライング、イリュージョン、その他最新の技術を取り入れた迫力の舞台が大人気。通算上演回数は500回以上にも及び、毎年のチケットは即日完売するほどの人気ぶりです。

スポンサーリンク

今年は10周年ということで、初演時の演目であった「安珍清姫」や、滝沢秀明による太鼓の上でのタップダンスも解禁。ローラースケート殺陣ダンスも、今年の目玉ショーです。注目キャストは、6年ぶりの「滝沢歌舞伎」出演となるKis-My-Ft2の北山宏光、8年ぶりのHey!Say!JUMPの藪宏太。

2人ともが久々の滝沢秀明との共演に「本当に器が大きい」「滝沢くん、どんだけデカくなるんだ」と感銘するほど、ジャニーズタレントとして「滝沢歌舞伎」への出演は名誉なことらしいです。その他、ジャニーズJr.、シンガポール公演では、藪宏太に代わってA.B.C-Zの河合郁人が出演しています。

滝沢秀明主演・演出の舞台「滝沢歌舞伎」のシンガポール公演の評価は?

滝沢秀明主演・演出の舞台「滝沢歌舞伎」は10周年を迎えました。「もう旅をさせてもいいくらい成長しましたね」というジャニー喜多川の絶大な信頼を受けながら、今年の8月にはシンガポールで初の海外公演に挑みました。日本のスポーツ紙などでは「全席完売」「2200人で満員の客席から大歓声」と報じていましたが、実際のところ空席が目立っていたという話も……日本では考えられませんよね。

とはいえ、千秋楽には満席状態だったという「滝沢歌舞伎」は、鳴りやまないカーテンコールの盛大な拍手と「タッキーコール」のうちに幕を閉じました。現地のファンも含め、わざわざ日本からかけつけたファンたちは「みんなの気迫と努力が伝わってくる素晴らしい公演だった」と感動的なフィナーレに喜びひとしおだったようです。「滝沢歌舞伎」はクオリティの高さと、毎回内容を進化させていく見ごたえから、リピーターが多いことでも有名。今回の海外公演を足掛かりに、これからさらに海外への活躍の場が広がっていく気がします。

滝沢秀明という美少年、「滝沢歌舞伎」から時代劇をこなす色気ある男へ

「滝沢歌舞伎」を率いる滝沢秀明を見るにつけ、「タッキー、すっかり男になったなあ……」としみじみ思う今日この頃。初めてドラマ「ニュースの女」(1998年)で滝沢秀明を観て以来、その天使のような美少年ぶりの虜になったファンは星の数ほどいるでしょう。KinKi Kidsの堂本光一に憧れて、自ら履歴書を送り、1995年にジャニーズ入りした滝沢秀明。コアなファンの皆さんは、ドラマ以前にKinKi Kidsのバックダンサーをやっていた頃から目を付けていたかもしれません。

中学2年生の頃には、もうギャラを貰って独り暮らしができるほど、滝沢秀明がジャニーズの中心人物になるには時間がかかりませんでした。23歳の時には、家族に推定3億円の豪邸をプレゼントしたそうですから、その勢いは計り知れないものだったはず。だからこそ、現在の滝沢秀明は「同年代の嵐や、関ジャニ∞のような派手さがない」「アイドルとして地位が確立できなかった」と言われる風潮はあるのかもしれません。

しかし、「滝沢歌舞伎」の10年間にも及ぶ進歩を見れば、滝沢秀明がどこに力を注ぎ、どのような大きな男へと成長を遂げているかが分かるはず。NHK大河ドラマ「義経」の主役以来、滝沢秀明出演作品の演出手掛けてきた黛りんたろうも「男の色気ができた」と、役者としての才覚にまぶしさを感じているようです。

また2014年の滝沢秀明主演・NHK時代劇「鼠、江戸を疾る」が好評を博したため、2016年4月には第2弾が放送される予定。コミカルな時代劇もこなしてしまう大人の滝沢秀明には、ジャニーズらしからぬシブささえ感じてしまうのでした。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る