滝沢眞規子のオシャレ生活を支える旦那の年商がスゴイ!子育てにも抜かりナシ!

滝沢眞規子のオシャレ生活を支える旦那の年商がスゴイ!子育てにも抜かりナシ!出典:https://matome.naver.jp

滝沢眞規子は私生活もオシャレ過ぎ!自宅や旦那の年商がスゴイ!

滝沢眞規子の自宅が凄い!弁当までオシャレ過ぎて話題に!

滝沢眞規子は、女性向けファッション雑誌「VERY」の人気専属モデルです。購読者の平均世帯年収は1500万円という、いわゆる“お金持ちの若奥様”御用達の雑誌で表紙を飾る滝沢眞規子のオシャレなライフスタイルは、読者の憧れの的となっています。

私服やインテリア、弁当や家電製品、息子の水筒に至るまで、滝沢眞規子の生活にオシャレでないものは何一つ存在しません。料理も上手な滝沢眞規子が作るお弁当は、運動会の時などに多くのママが参考にするほどです。また、滝沢眞規子の自宅は、高級住宅街として知られる東京都渋谷区富ヶ谷にあり、高級車が並ぶガレージに、緑あふれるテラス、地下の広大な倉庫など、すべてが別格。子供部屋とは別に、室内ブランコ完備のキッズスペースが設けられているなど、誰もがうらやむような大豪邸です。

滝沢眞規子のオシャレ生活を支える旦那の年商がスゴイ!結婚の馴れ初めは?

滝沢眞規子のオシャレ生活の秘密は、11歳年上の旦那・滝沢伸介にあります。旦那の職業は、メンズファッションブランド「NEIGHBORHOOD(ネイバーフッド)」のデザイナー兼代表取締役社長。1994年に旗揚げされた同ブランドは、1990年代後半に到来した裏原宿系ファッションブームで人気を極め、現在でも年商は18億円以上あるとか。刺青や不倫騒動といった不穏な噂はありつつも、ハイセンスで高収入な旦那によって、滝沢眞規子のオシャレ生活は支えられています。

旦那のナンパから交際を始めた滝沢眞規子は、就職活動中に永久就職を提案(プロポーズ)されて、大妻女子大学在学中の2000年2月1日に結婚。1999年に、大学を代表して「オールミスキャンパス大会」に出場していた滝沢眞規子の可愛さは当時から評判だったようです。

スポンサーリンク

滝沢眞規子は子供を育てながらモデルの道へ!身長や実家も気になる!

滝沢眞規子のデビューのきっかけは?子供の教育方針、体型維持と美容の秘訣は?

滝沢眞規子は30歳の頃、買い物中に「VERY」編集部にスカウトされ、旦那の勧めもあって、読者モデルのキャリアをスタートさせました。誌面を飾る滝沢眞規子のオシャレな私生活は大反響を呼び、問い合わせが殺到したことから専属モデルへ昇格。現在は、「VERY」のトップモデルとして君臨しています。

滝沢眞規子は25歳で長女を、28歳で長男、29歳で次女を出産。「小学校は公立でのんびり」が滝沢眞規子の教育方針でしたが、長女は、中学受験の末に、第二志望の都内有名私立中学に進学しています。子供たちの習い事はそれぞれ、バレエ・サッカー・習字など、やりたいことをやらせる方針で、撮影の合間を縫って子供の送迎もこなす滝沢眞規子。美容のために心掛けていることは、どんなに忙しくても3食をしっかり食べ、野菜を摂り、毎日体重計に乗り、20~30分ほど湯船に浸かって早めに寝ることだそうです。

滝沢眞規子の身長やプロフィールは?実家は下町の工場だった!

滝沢眞規子の身長は165cmで、スリーサイズは上から82・60・83cm。さすがは「VERY」のトップを張るだけあって、バランスのとれたスタイルをしています。1978年7月17日生まれで、東京都葛飾区出身の滝沢眞規子の旧姓は「尼口」。滝沢眞規子の実家はアパレル系の工場を営んでおり、兄と妹がいます。

スポンサーリンク

滝沢眞規子の父曰く、幼少時は小太り体型だったとか。下町育ちの一般家庭出身で、モデル業よりも母親業を何よりも大切にしている滝沢眞規子の一番幸せな時間は、朝、家族を送り出した後の掃除の時間です。自身を「普通の主婦」だと言い、お手伝いさんなどは一度も雇うことなく、仕事と家庭を見事に両立させ、2016年には、「ベストマザー賞」も受賞しています。

滝沢眞規子の愛車はポルシェのカイエン!「普通の主婦」とはほど遠い存在!?

海外旅行・大豪邸・ハイレベルな暮らし・華やかなモデルの世界といった一般人が憧れる要素が十分な滝沢眞規子。さらに、子供との時間を重視・栄養バランスや彩りのよい食事・掃除の行き届いた部屋・夫婦円満・仕事も大成功……など、理想的な母親の要素もしっかり持ち合わせています。

この、「家事育児も手を抜いていない」という自負が、滝沢眞規子が「普通の主婦」を名乗る理由かと思いきや、そうではないようです。30代で専業主婦からモデル業界に飛び込んだ滝沢眞規子は、「顔も普通でスタイルも良くない自分が、なぜモデルを?」「モデル業に向いていないのでは?」と、撮影現場で“モデル体型の本物のモデル”に囲まれるたびに、不安な気持ちに襲われると言います。

モデル業への「自信の低さ」も、滝沢眞規子が「普通の主婦」を名乗りたがる一因なのかもしれません。しかし、愛車は、高級自動車「ポルシェ」の2000万円以上するスポーツカー「カイエン」で、16年で3台を乗り継ぎ、ポルシェから伝道師に任命されるほどですから、やはり「普通の」主婦とはほど遠いようにも思えます。

事実、「普通の主婦」だという完璧なプライベートの様子を目の当たりにして、妬みひがみといった感情を持ってしまうアンチも少なくはありません。とはいえ、どのようなカリスマにもアンチはつきもの。仕事に家事に、全力で楽しみながらも肩ひじを張っていない奇跡の主婦・滝沢眞規子は、これからもますますパワーアップしていきそうです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る