ロンブー淳の歴代彼女が豪華すぎる!モテる秘訣とは!?

ロンブー淳の歴代彼女が豪華すぎる!モテる秘訣とは!?

ロンブー淳にさんまが離婚をススメる理由!嫁、子供は?

ロンブー淳にさんまが離婚をススメる理由!ロンブー淳の嫁の発言が切っ掛け!

ロンブー淳が「さんまのまんま」に、コンビで出演した際、明石家さんまから「あの奥さんはやめとけ」と言われました。この話の発端は、ロンブー淳が、ロンドンハーツ生放送3時間SP「ロンブー淳、遂に結婚!緊急生発表SP」にて結婚会見を開いたときに遡ります。

その中で、もしロンブー淳が浮気をしたら?という問いに対して、ロンブー淳の嫁が「一緒に反省します」と発言。このコメントに、明石家さんまが「今すぐにでも別れたほうが良い、ロンブー淳のために言うけど、一緒に反省するという女は恐ろしい、男にとって重いから」という独特のアドバイスを繰り返したのです。その後、ロンブー淳の嫁の手作りプレゼントを受け取った明石家さんまは、苦笑いしつつ、改めて離婚をすすめていました。

ロンブー淳の嫁、子供は?嫁もなかなかの人物!

ロンブー淳の嫁は、名前を西村香那といい、元ファッションモデルの女性です。ASAYANのViVi専属モデルオーディションで優勝しモデルデビューしています。身長174cmと、女性としては長身。ロンブー淳と結婚した際に、モデルは引退しました。この、ロンブー淳の嫁はなかなかの人物のよう。

一度はモデルデビューしたものの、ブレイク出来なかったロンブー淳の嫁は、1年足らずで業界から一旦退いています。その後、六本木の高級キャバクラでホステスを経験し、3年後に「香那」としてアラサー向けの女性誌「Oggi」に復帰。このホステス時代に付き合っていた彼氏は、後にリア・ディゾンと結婚した男性。

スポンサーリンク

当時、駆け出しのスタイリストであった彼氏を養うため、ホステスの仕事をしていたと言われています。この男性とは、男性の二股によって破局。ロンブー淳と2004年~2009年の間交際しますが、一度、破局したと相方・田村亮が暴露しています。その後、復縁したロンブー淳と嫁は、その後結婚。2、現在までのところ、二人の間に子供は誕生していません。

ロンブー淳の歴代彼女が豪華すぎる!モテる秘訣とは!?

ロンブー淳の歴代彼女が豪華すぎる!名前だけ並べても凄い!

ロンブー淳の歴代彼女、その遍歴はスゴイことになっています。最初、交際が噂されたのは藤崎奈々子。1999年1月から付き合っていました。一時は結婚を真剣に考えていたロンブー淳と藤崎奈々子ですが、ロンブー淳の恋よりお笑いを大事にしたいという理由で別れたそうです。

次が、2002年8月から交際していたと言われている坂下千里子。続いて2004年1月からは、グラビアアイドルの三津谷葉子と言われています。これは、単に巨乳の女性と付き合いたいという理由による交際であったため、スピード破局だったとか。2004年10月からは若槻千夏と交際。

スポンサーリンク

もともとロンブー淳の大ファンであった若槻千夏。自然に交際スタートしたそうですが、ファンとそのタレントという関係性から、ロンブー淳が若槻千夏を下劣に扱っていたなどと噂も。ロンブー淳との破局後に、若槻千夏は芸能活動を休止しますが、破局によるショックが原因とも言われています。

2008年1月から、ロンブー淳が交際したのが米倉涼子。ツーショットで歩く姿を目撃されています。2008年8月からは中越典子、2010年1月からは安室奈美恵、2011年8月からはモデルの矢野未希子、2011年9月からは小泉今日子と都内で手を繋いで歩く姿が報じられたロンブー淳。売れっ子になればなるほど、歴代彼女としてあがる名前もどんどんビッグになっていきました。

ロンブー淳のモテる秘訣とは!?芸能界で長く活躍できる理由でもある!

ロンブー淳のモテる秘訣の一つは、美女と、そうでない女性も同じく扱うというスタンスにあるそうです。そしてこれは、ロンブー淳が芸能界で息が長く活躍できている理由でもあるようです。

和田アキ子に対して、たばこを減らすよう気遣いつつ、どうしても吸いたくなったら僕の唇を吸ってくださいとメールを打ち、光浦靖子にも誕生日プレゼントを送るなどです。また、建前と本音を使い分けている点もその要因の1つ。番組内で、キャラクター上、相手を雑に扱う場合があっても、その後、キチンとフォローしに楽屋を訪れるのだそうです。

ここまできちんと対応してるのであれば、女性だけではなく男性にもモテて当然ですね。ロンブー淳は、人たらしとも言えるのかもしれません。また、好きな相手を理解するために努力し、行動していくことを心がけているというロンブー淳。これらのモテる秘訣、ぜひ見習いたいものですね。

ロンブー淳の今後は!?息の長いオールラウンダ―!

ロンブー淳は、日刊スポーツの「淳の崖っぷちタイトロープ」で、2011年に起きた東日本大震災について語っています。東日本大震災発生後、電池を集めようとツイッターで有志を募り、援助行動をいち早く起こしたロンブー淳。そんなロンブー淳に対して、「お笑いの人間が」とか、「笑いで助けろ」などいう人も少なからずいたそうですが、何もしてない人間に何を言われても、関係ないと感じたロンブー淳。

これこそ、まさに、やらない善よりやる偽善ですよね。人たらしで行動力もあるロンブー淳。今後も、息の長いオールラウンダ―となっていくのではないでしょうか。お笑いだけでなく、情報番組や慈善活動など、幅広く活動しているロンブー淳。

女性にモテるのも、ロンブー淳自身が客観的かつ冷静に分析しつつ、相手の心理を掴む方法を心得ているからこそ。これは、何も女性に対してだけではなく、老若男女に対して通用するポイントでもあります。ロンブー淳は、子供は、最低でも2人欲しいと語っています。ロンブー淳が子供の親になるとどういう化学反応を起こすのか……これは一視聴者として非常に興味深い点であり、ひょっとすると、ロンブー淳自身も、そんな自分に対して客観的な興味があるかもしれません。おめでたの報告も楽しみにしたいですね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る