たむらけんじの店が裁判へ!年収のわりに性格がセコ過ぎる!?

たむらけんじの店が裁判へ!年収のわりに性格がセコ過ぎる!?出典:http://kansai.pia.co.jp

たむらけんじの店が裁判へ!年収のわりに性格がセコ過ぎる!?

たむらけんじの新規事業カフェ店が裁判へ!

たむらけんじは、吉本興業所属のピン芸人。大阪の阪南市出身で、ふんどしに獅子舞を持つ姿と、「ちゃー」のフレーズで知られています。バラエティ番組では、こてこての関西弁でのツッコミと、寒い一発ギャグでスベる芸風でもお馴染のたむらけんじ。関東では、芸人というより、「炭火焼肉たむら」の社長というほうが有名かもしれませんね。

たむらけんじは、焼き肉店の他にも、カレー店や、カフェにも事業を広げています。今回問題になったのは、たむらけんじが新規事業として始めたカフェ「nagood」のプロデュース料について。
近鉄奈良駅が最寄りのこのお店は、大和野菜など奈良県産の食材にこだわったカフェで、グルメサイトでの口コミも上々。それなのに、どうしてトラブルに発展してしまったのでしょうか。

それは、このカフェをプロデュースするにあたり、料理のアドバイスやレシピ提供を依頼した兵庫県・西宮市のイタリアンレストランのシェフへ支払うプロデュース料について、たむらけんじとシェフ側との意見が食い違ったからです。たむらけんじが提示する金額と、シェフが考えていた金額があまりにも違ったのだとか。お店の評判がいいだけに、この先どうなってしまうのか、先行きが心配されています。

スポンサーリンク

たむらけんじが年収のわりに性格がセコ過ぎるって本当!?

たむらけんじの年収は、2008年の最盛期で、なんと8億円にも上ったといいます。焼き肉店やカレー店、カフェだけでなく、牛肉を使ったレトルト食品の開発など、実業家として成功しているたむらけんじの年収は、さすがの一言。しかし、こんなに稼いでいるのに、たむらけんじは性格がセコ過ぎるという疑惑が……。

たむらけんじの性格の一端は、裁判沙汰になっているカフェ「nagood」の詳細な内容からも見えてきます。このお店をプロデュースする時に、アドバイスやレシピで協力してもらった、兵庫県にあるイタリアンレストランのシェフへのプロデュース料について、たむらけんじが提示したのは30万円~40万円。

しかし、プロデュースを依頼されたお店側は、アドバイスやお店のレシピ提供、指導するために奈良まで通う交通費、奈良に赴いている間はシェフがお店に出られない時間が生じるなど、プロデュースに当たり、様々な支障が出ているにもかかわらず、この金額ということに怒り心頭!確かに、費やされた労力や、レシピ、お店の味を伝授してもらったことに対して、この金額は酷すぎるような気もします。

スポンサーリンク

プロデュースを依頼されたシェフ側は、30万円~40万円では納得できないと、たむらけんじ側に130万を要求しました。それに対して、たむらけんじは、100万円の分割払いはどうかと持ち掛けます。しかし相手の答えはNO。たむらけんじは、弁護士を立て、内容証明を送りつけ、こちらは間違っていないと主張しましたが、この対応が、相手に火を付け、裁判になってしまいました。

年収8億円もありながら、お店の成功を手助けしてくれた人に支払う金額を削るとは、たむらけんじの性格がセコ過ぎるのはどうやら本当のよう。しかし、このシビアな金銭感覚が、たむらけんじのビジネス成功の秘訣なのかもしれません。

たむらけんじと鈴木紗理奈は熱愛関係だった!嫁との離婚原因は何?

たむらけんじと鈴木紗理奈は熱愛関係だった!復縁もあり得る!?

たむらけんじと鈴木紗理奈が恋人同士だったことが、「めちゃ×2イケてるッ!緊急バレンタインスペシャル!!」の番組内で企画された、「めちゃイケファミリーヒストリー」で明らかになりました。

さかのぼること1994年、モデルとして活動していた鈴木紗理奈と、若手芸人として人気のあったたむらけんじは、グループ交際を経て真剣交際に。この時、鈴木紗理奈は、たむらけんじにベタ惚れだったとか。しかしたむらけんじとの関係は、鈴木紗理奈が東京の事務所にスカウトされたことで、一方的に別れを告げて、終わってしまったようです。

「めちゃイケ」が放送された頃には、たむらけんじも鈴木紗理奈も離婚して独り身。たむらけんじは、「20年前、一緒にいたあの短い時間が、とてもとても楽しかったです」と復縁を迫るも、鈴木紗理奈に見事に振られます。しかし、放送終了後の鈴木紗理奈の行動が意味深でした。

久々の再会で、LINEのやり取りをしたたむらけんじと鈴木紗理奈。息子を実家に預けていた鈴木紗理奈は、LINEを切り上げようとするたむらけんじを、「もう寝んの?」と引き止め、「1人の家、寂しいねん」と一言。未練があったのは、たむらけんじだけではなかったのでしょうか?もしかしたら、2人が復縁ということも!?

たむらけんじ「僕の糸が切れてしまった」……嫁との離婚原因は何?

たむらけんじは、1998年に一般女性と結婚し、1男2女の3人の子供に恵まれます。しかし、2013年7月に離婚したことを発表し、約15年間の結婚生活にピリオドを打ちました。
離婚の理由として、たむらけんじは「僕の糸が切れてしまって家に帰らなくなった。喧嘩を子供に見せるのが嫌で……」と話していますが、本当の理由は別にあったようです。2011年に別居中であることが報道され、離婚協議をすることになったたむらけんじですが、そもそもなぜ別居することになったかというと、それはたむらけんじの浮気が原因。

お相手は、モデルの美山ちゅなではないかといわれています。夫婦喧嘩に耐えられなくて、とありましたが、浮気が原因となれば、たむらけんじの嫁が怒るのは当然です。2011年から2013年までの約2年間に及ぶ離婚協議の末、離婚が成立したたむらけんじ。3人の子供の親権は嫁に渡し、嫁と子供3人が暮らせるマイホームを購入することになりました。

ちなみに「炭火焼肉たむら」を始めたのは、嫁の家族が経営するお店を再建するため。また、自身の持ちネタになった「ちゃー」は、もともと息子のギャグだったそう。たむらけんじがヒットするきっかけをくれた家族を裏切って、浮気してしまうとは、なんともがっかりな話です。

たむらけんじ「おはよう朝日です」で石田純一のピンチヒッターに!

たむらけんじが、東京都知事選の出馬を表明した石田純一に変わり、ピンチヒッターとして、「おはよう朝日です」の水曜コメンテーターに抜擢されました。

ABC朝日放送の朝の情報番組「おはよう朝日です」は、関西の情報を中心に、岩本計介アナウンサーと、アシスタントの喜多ゆかりアナウンサーが司会を務める、関西の朝の顔といってもいいテレビ番組です。たむらけんじは、もともと火曜日担当のコメンテーターを務めていますが、石田純一の東京都知事選出馬で、急きょ水曜日のコメンテーターも担当することに。

結局出馬は断念することになった石田純一ですが、番組内では、政治ニュースも扱われるため、都知事選を控えたタイミング上、「おはよう朝日です」への出演は当面見送られる方向になりました。ピンチヒッターとして抜擢されたのは、たむらけんじの関西受けするノリと、安定したコメント力がものをいったためかもしれません。

ピンチヒッターとして、短パンにハイソックス姿で登場したたむらけんじは、「今日は石田さんの真似してハイソックス履いてきました!」と、石田純一の靴下を履かないスタイルにちなんだ小ボケで笑いを誘います。喜多ゆかりアナウンサーからの「真逆だから」という鋭いツッコミに、「うそでしょ!?恥ずかしい」と、たむけん節でスタジオを沸かせました。石田純一の復帰までピンチヒッターを務めるたむらけんじ。コメンテーターとして、ピンチヒッターから主力打者への転身を狙うのでしょうか?それとも、たむらけんじが狙うのは、さらなる高み・司会のポジションなのでしょうか。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る