田村正和、伝説の田村兄弟4人!田村 亮、田村 高廣、田村 俊磨の現在は?

田村正和、伝説の田村兄弟4人!田村 亮、田村 高廣、田村 俊磨の現在は?

田村正和、伝説の田村兄弟4人!田村 亮、田村 高廣、田村 俊磨の現在は?

田村正和は昭和の男前No.1で、父は、あの「阪妻」

田村正和は1943年生まれで、今や72歳。戦前戦後、「阪妻」として親しまれた時代劇俳優であり、「無法松の一生」で知られる名優、坂東妻三郎の三男です。若手のイケメン俳優は、今や百花繚乱。一時代前のように、男前といえばSMAPの木村拓哉というわけにはいきませんが、昭和を代表するイケメン俳優といえば、あの「古畑任三郎」の田村正和でした。

田村正和、高廣、亮の他にもう1人。田村兄弟は、実は4人だった

田村正和の兄弟もまた有名な俳優であり、田村三兄弟として知られています。一般に田村三兄弟と呼ばれていますが、実際には、四人兄弟です。長男の田村高廣は、1928年生まれで、2006年、77歳で亡くなりましたが、戦後、木下恵介監督の「二十四の瞳」や「喜びも悲しみも幾歳月」で頭角を現し、勝新太郎とコンビを組んだ「兵隊やくざ」では、インテリの古参兵の役で新境地を切り開きました。

その後は映画、テレビにと活躍。1981年の映画「泥の河」は、自らの代表作と語っています。また晩年のNHK「街道をゆく」のナレーションはすばらしいもので、長男の田村高廣は、昭和の日本を代表する俳優の一人といってもよいでしょう。そして二男、田村俊磨は、現在77歳。一時は俳優をしていましたが、実業の道に入り、今では会社を経営しています。

スポンサーリンク

三男が田村正和で、四男の田村亮は、69歳。上の兄二人には及びませんが、二枚目俳優として、各局のサスペンスドラマの常連として今も健在です。田村兄弟は、それぞれ個性が異なる俳優として、昭和の俳優史に名を残す伝説級の兄弟俳優といえます。

田村正和の奥さん、子供は?古畑任三郎VS明石家さんま秘話!

田村正和か、高倉健か、プライベートが全く謎の男前

田村正和も、高倉健と同じく、プライベートはいっさい見せない謎の俳優です。共演した俳優は誰もが、現場を離れても、打ち上げの席でも、田村正和が、あの気取った二枚目のスタイルを崩したのを見たことがないと語っています。田村正和は、お坊ちゃまお嬢様学校で有名な成城大学出身で、若くして同じ成城大学の女性と結婚し、子供は娘が一人います。もう孫もいる歳ですが、人気となった頃にはすでに結婚していたこともあり、家族のことはあまり表に出ることがなかったようです。

田村正和は、テレビドラマを中心に、その年代に合ったいい男を演じ続けてきました。「眠狂四郎」、「うちの子にかぎって…」、「パパはニュースキャスター」、「ニューヨーク恋物語」、そして「古畑任三郎」など、ざっと上げても、当時の人気ドラマばかりです。

スポンサーリンク

田村正和を激怒させたのは、あのお笑いモンスターだった!

田村正和は、ある意味、独自のペースで仕事こなしてきたといえます。しかし唯一、田村正和をいらつかせ激怒させたタレントがいます。それは、明石家さんまです。それは、毎回、著名な俳優やタレントを犯人役としてゲストに呼び、田村正和演じる刑事との駆け引きが人気だった「古畑任三郎」に、明石家さんまが呼ばれたときのことでした。どういうわけか、明石家さんまは弁護士の役。しかも三谷幸喜の脚本なので、長台詞でアドリブも利かず、明石家さんまは、何度もNGを重ねます。

ようやくOKが出た後、今度は田村正和がNGに。明石家さんまは、ここぞとばかりに田村正和にちゃちゃを入れたのですが、田村正和は、怒って楽屋に戻り出てきません。さすがの明石家さんまも謝罪し、現場は張りつめたまま、撮影が再開したそうです。実は、田村正和は、現場が明石家さんまのペースになってしまうと、よくも悪しくも「古畑任三郎」の作品のトーンが崩れてしまうと考え、わざと怒ってみせたという説もあります。さすが田村正和、というところでしょうか。

田村正和、まゆゆの「恋するフォーチュンクッキー」にご満悦

田村正和主演のドラマが、久々に3月12日に放映されました。それは、松本清張原作の「地方紙を買う女 作家・杉本隆治の推理」。二夜続けて放映されたもう一方は、松本清張原作「黒い樹海」で、北川景子が主演を務めています。先日行われた合同会見では、田村正和と北川景子が主演同士、初めて顔を合わせました。お互いのロケ現場に話が及ぶと、田村正和は、「寿司がおいしかったです。(撮影時期は)香箱ガニやのどぐろが食べごろで……。(店の)名前は後で教えます」と、大先輩を前に緊張ぎみの北川景子に、優しく声をかけていました。

もし、今後二人が共演するとしたらどんな役柄で、どんなストーリーがいいか、という記者の質問に、北川景子は「もし共演させていただけるなら、1シーンでも、通り掛かるだけでも、一緒の画面に映ってみたいです」と恐縮しながらも、「欲を言うとラブストーリーでしょうか」と話すと、まんざらでもない笑顔を浮かべていた田村正和。自身が主演した「地方紙を買う女 作家・杉本隆治の推理」では、広末涼子やAKB48の渡辺麻友、片瀬那奈など、若い女優たちが共演しています。

ドラマの食事会で田村正和は、「恋するフォーチュンクッキー」を熱唱した渡辺麻友と、AKB48ばりのキレキレのダンスを披露した片瀬那奈の余興に、大喜びだったとか。72歳になっても、やっぱりイケメンにはかないません。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る