田中彩子(オペラ歌手)の華麗なるコロラトゥーラ!世界の評判は?

田中彩子(オペラ歌手)の華麗なるコロラトゥーラ!世界の評判は?出典:

田中彩子(オペラ歌手)の華麗なるコロラトゥーラ!世界の評判は?

田中彩子(オペラ歌手)の華麗なるコロラトゥーラ!ハイコロラトゥーラって何?

田中彩子(オペラ歌手)は、2012年にリリースした日本デビューアルバム「華麗なるコロラトゥーラ」、2014年放送の「ジョブチューン・世界で活躍するプロフェッショナルSP」などを経て、日本でも、その奇跡の歌声が知られるようになりました。田中彩子は、日本デビューする以前から、世界的ハイコロラトゥーラとして、ヨーロッパを中心に活躍してきた超実力派。ハイコロラトゥーラというのは、分かりやすく言うと、最も高い超高音域を歌うソプラノのこと。

ソプラノ歌手の中でも、超絶技巧が要されるパートのことをいいます。ハンガリーのオーケストラとレコーディングした「華麗なるコロラトゥーラ」にも収録されている、モーツァルトの「夜の女王のアリア~歌劇『魔笛』より」や、ベッリーニの「ああ、信じられない~歌劇『夢遊病の女』より」などの難度の高い曲では、まるで楽器のように超高音域を自在に操る田中彩子の歌声に、オペラを知らない日本人も「人はここまで高い声で歌えるのか!」と驚愕したはずです。

田中彩子(オペラ歌手)世界の評判!本場ヨーロッパの反応は?

田中彩子(オペラ歌手)のような超高音域を持つハイコロラトゥーラは、オペラ界に数十人しかいないといわれています。田中彩子がコンサートツアーを行った南米ブエノスアイレスでは、「信じられないほどの正確な高音と、それに反する柔らかな響きが天使のよう!」と各紙が大絶賛し、田中彩子は、その年のベストイベントに選出されました。

また、ジュネーヴでは、音楽史上最も超高音が求められるモーツァルトのコンサートアリア「テッサリアの民よ」を歌い、有名オペラ歌手エッダ・モーザーらからも、「そう人生の中で聴くことのできない素晴らしい歌声」と讃えられています。オペラの本場ヨーロッパでも、田中彩子のハイコロラトゥーラは、稀有な超高音域であるばかりでなく、技巧においても「100年に1人の逸材」と評価されているのです。

スポンサーリンク

田中彩子(オペラ歌手)のプロフィール!ソプラノリサイタル情報!

田中彩子(オペラ歌手)のプロフィール!世界的ハイコロラトゥーラと呼ばれるまで

田中彩子(オペラ歌手)は、1984年2月23日生まれの32歳で、京都府出身。10代で単身ウィーンに渡り、声楽を学びました。田中彩子が、スイスのベルン州立歌劇場で、モーツァルトオペラ「フィガロの結婚」のソリストデビューを飾ったのは22歳の時。日本人初にして、オペラ史上最年少での歌劇場デビューでもありました。その翌年、田中彩子は、国際ベルヴェデーレ・オペラ・オペレッタコンクールにオーストリア代表として本戦出場したのをきっかけに、名門ウィーン・フォルクスオーパーと、「ホフマン物語」オリンピア役で契約。

さらにブルガリアのブルガス国立歌劇場デビューを飾った「リゴレット」ジルダ役でも大成功。2011年には、マーラー没後100周年のドイツ・ルーマニア合同音楽祭”Musica Coronensis”で、2012年~2014年の「魔笛」オーストリアツアーの夜の女王役で全公演出演、ロンドンデビューと、オペラ界を代表する新鋭と呼ぶに相応しい活躍ぶりを見せています。

田中彩子(オペラ歌手)ソプラノリサイタル公演決定!奇跡の歌声を生で体感しよう!

田中彩子(オペラ歌手)に、本場のオペラでお目にかかるのは容易な話ではありませんが、日本でも”田中彩子ソプラノリサイタル”で、そのハイコロラトゥーラの衝撃を体感することができます。現在予定されているソプラノリサイタル公演は、2016年8月28日の長崎県とぎつカナリーホール、9月10日の大阪いずみホール、9月12日の東京紀尾井ホール、9月16日の静岡アクトシティ浜松の4公演。

スポンサーリンク

最も田中彩子のハイコロラトゥーラの真価が発揮されるモーツアルト歌劇「魔笛」の夜の女王のアリアは、すでに大阪と浜松の演目にクレジットされており、ファンの関心も高まっています。いずれの公演も、まだ5月末に一般発売が開始されたばかり。美すぎるハイコロラトゥーラ・田中彩子を、最良の座席で観覧するためにも、お早目のアクションをおすすめします。

田中彩子(オペラ歌手)ハイコロラトゥーラの高貴さとキャラギャップがたまらない!

田中彩子(オペラ歌手)は、日本人とって敷居の高い、本場ヨーロッパでも珍重される世界最高峰のハイコロラトゥーラ。その歌声の実力は、バラエティや情報番組によって、オペラに馴染みのない日本人の知るところとなり、かつヨーロッパの歌劇場に立っても見劣りしない田中彩子の容姿の美しさは、特に目を惹くところです。

しかし、世界的オペラ歌手だけに、ツンとした高貴なイメージを想像させておいて、喋らせると、非常にキャラギャップが激しい田中彩子。2014年に出演した「スッキリ!」では、テリー伊藤に「おっとりされているんですね」と言われるほど、スローペースなトークを展開し、しかも語尾が「でしゅ~」となってしまう、舌足らずなアニメ声は衝撃的でした。

普段はノーブラで過ごし、クックパッドを使用して自炊を心がけているのも宝のような声を気遣ってのことなのでしょうが、あのアニメ声で喋られると、ギャップネタにも聞こえてきます。それでいて、いざパフォーマンスに入ると、迫力の表情で、超高音域を自在に操る奇跡の人・田中彩子。ハイコロラトゥーラとしての実力はもちろんのこと、キャラギャップの魅力で田中彩子人気が高まる中、日本人にとって、オペラがさらに身近な存在になる予感がします。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る