谷川浩司は羽生善治憧れの天才棋士!藤井聡太との対決の行方は?

谷川浩司は羽生善治憧れの天才棋士!藤井聡太との対決の行方は?出典:https://www.nikkei.com
スポンサーリンク

谷川浩司は羽生善治憧れの天才棋士!弟子は一人のみ!

谷川浩司は羽生善治憧れの天才棋士!史上2人目の中学生棋士だった

十七世名人の資格を持ち、日本将棋連盟会長も務めた谷川浩司(たにがわこうじ)は、現在も現役で、九段の段位を持つトップ棋士として活躍しています。実は、この谷川浩司は、国民栄誉賞を受賞した羽生善治竜王が憧れた天才棋士でもありました。羽生善治が将棋をはじめたのは、6歳の頃のことです。

その当時、谷川浩司は、先日棋士を引退した加藤一二三に続く史上2人目の中学生棋士として14歳でプロデビュー。プロを目指していた羽生善治少年にとって、まさに憧れの天才棋士でした。

谷川浩司の弟子は一人のみ! ギリギリでプロデビュー!?

羽生善治も憧れる天才棋士なだけに、多くの弟子を抱えていると思いがちですが、谷川浩司の弟子はたった1人だけです。唯一の弟子である都成竜馬は、2000年、小学5年生の時に谷川浩司に弟子入りし、プロ棋士の養成所である奨励会へ入会しました。プロ棋士になるには「26歳までに四段に昇級」という鉄の掟がありますが、都成竜馬はその26歳になってギリギリでパス。天才・谷川浩司の唯一の弟子というプレッシャーをはねのけてのプロデビューとなっています。

谷川浩司がA級から陥落後、フリークラスへ転出!妻や子供は?

谷川浩司が引退するのはどんな時?A級陥落と引退の関係

谷川浩司は、将棋界の最高峰であるA級から陥落した2014年に、去就に注目が集まりました。なぜなら、一線で活躍しているトップ大棋士の中には、A級リーグから陥落すると同時に引退を決めることがままあるからです。2017年には、永世名人の資格保持者である森内俊之が、B級陥落を受けて、46歳の若さでフリークラスへの転出を宣言しています。

スポンサーリンク

しかし、谷川浩司は引退しませんでした。自身の引退については、「自分が主役になる可能性がなくなったとき」がその時だと語っている谷川浩司。まだまだ自分の持つ可能性を信じて戦っているということなのでしょう。

谷川浩司と妻はお見合い結婚だった!実はスピード婚!?

ハードな対局が続くプロ棋士にとって、支えてくれる伴侶の存在は大きなものです。谷川浩司の場合は、妻との出会いはお見合い結婚だったそう。お相手は、一般女性です。1992年4月にお見合いをし、その年の10月には結婚披露宴までこぎつけたのですから、なかなかのスピード婚と言えるでしょう。

ちなみにプロポーズの言葉は、谷川浩司の自宅マンションの前で言った「ここで一緒に暮らしてもらえますか」という言葉だったとか。公には発表されていませんが、子供は2人いるようで、谷川浩司は、愛妻とともに円満な家庭を築いています。

スポンサーリンク

谷川浩司は最年少名人!元祖天才少年棋士と藤井聡太の初対決の行方は?

藤井聡太の連勝記録や、羽生善治の国民栄誉賞受賞で注目の集まる将棋界ですが、谷川浩司はその先駆けといってもいい人物です。藤井聡太は史上5人目となる中学生棋士ですが、谷川浩司は、加藤一二三に続く史上2人目の中学生棋士。加えて、若干21歳で名人位を奪取した史上最年少名人でもあります。

名人位とは、多くの棋士が「生涯一度でいいからとりたい」と願うもの。それだけに、勝ち抜くことが難しいタイトル戦でもあります。史上最年少名人となった後もおごることなく活躍を続けた谷川浩司は、5期以上名人位を保持し「永世名人」の資格も得ました。

このように、羽生善治が「憧れの棋士」と語るのもうなずける活躍を若い頃から続けてきた谷川浩司。彼の後を追うようにプロ棋士となった羽生善治は、プロ入り後は谷川浩司の良きライバルとなり、何度となくタイトル戦等で死闘を演じています。

先に立つ者として、常に新たな才能と相対してきた谷川浩司は、将棋界に旋風を巻き起こしている若き天才・藤井聡太とも、2018年4月14日に初対戦しました。この日行われたのは、将棋イベント「竜王アカデミーin神戸」での子供向けの模範対局。非公式とはいえ注目の初対局となりましたが、イベントの進行が遅れていたこともあって時間切れでドローに終わっています。

藤井聡太との対局について、「いいところで指し掛け(一時中断)にしていただいてホッとした」と、相当苦戦したと明かすとともにその才能を評した谷川浩司。今回はイベントでの対局でしたが、谷川浩司も藤井壮太も、竜王戦の挑戦権獲得を目指して戦いを続けている最中ですから、近いうちに本戦で対戦する可能性も十分あるでしょう。公式戦で谷川浩司が若き天才とどのように闘うのか見てみたいものです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る