谷原章介が司会業で絶好調!英語に料理と万能すぎる!

谷原章介が司会業で絶好調!英語に料理と万能すぎる!出典:http://geinou-resistance.info

谷原章介が司会業で絶好調!「王様のブランチ」卒業理由は?

谷原章介が司会業で絶好調!俳優では食べていけない時期もあった

司会業でも人気を博している俳優の谷原章介。子だくさんとしても知られ、子煩悩で家庭的なイメージと、爽やかなイケメンぶり、ナレーターのような少し低めの落ち着いた声のトーンを兼ね備えていることも、司会業が絶好調の理由でしょう。

司会者としての谷原章介が有名になったのが、TBS系情報バラエティ「王様のブランチ」。2007年1月6日放送回より、土曜日の朝の顔だった寺脇康文の後任として、10年間番組を引っ張ってきました。そもそも谷原章介の本職は俳優業です。1992年10月、雑誌「メンズノンノ」の専属モデルとして芸能界入りしました。

その後、谷原章介が23歳の時に、1995年公開の映画「花より男子」の道明寺司役として俳優デビューします。当時は、モデルから俳優に転向する有名人が多く、同時期には、今をときめく藤木直人や竹野内豊、沢村一樹もいました。そのため、イケメン枠のポジションはとても競争率が高く、俳優業だけでは仕事を取ることが難しかったとか。

そんな時、ドラマで共演した児玉清に背中を押され、「王様のブランチ」のメインキャスターのオファーを受けることになりました。児玉清は、クイズ番組「パネルクイズ アタック25」でお馴染みの司会者でもあった名俳優です。この縁もあってか、谷原章介は、2015年4月5日放送回から「パネルクイズ アタック25」第3代総合司会者にも抜擢されています。

スポンサーリンク

最近は、お笑い芸人がメインキャスターを務めることが多い中、俳優でありながら、芸人とはまた違ったスマートな進行が持ち味の谷原章介が、唯一無二のポジションを確立したことは間違いないでしょう。

谷原章介「王様のブランチ」卒業理由は?次は冠番組!

谷原章介は、2017年3月いっぱいで「王様のブランチ」のメインキャスターを卒業しました。5年を過ぎた頃から、頭に卒業という言葉があったという谷原本人。そのため、引き際は、「長くても10年」と考えていました。卒業時期を意識していたということは、それまでにやっておきたいことに取り組み、なりたい自分に近づこうと努力することもできたはず。

だからこそ、本人にも、やり遂げたという達成感が強かったのでしょう。「王様のブランチ」卒業時、谷原章介は、「感無量に感じていると」話しています。谷原章介の卒業時には、5代目女性メインキャスターの新川優愛も一緒に番組を卒業しました。

スポンサーリンク

そのため、「王様のブランチ」が、2017年4月から内容を一新したことにあわせた総入れ替えだったとも言われていますが、司会を始めて10年目を迎えるタイミングで、制作側と意向が合致した結果だったのでしょう。卒業に際し、「新しいステップへ挑戦するため」とも語った谷原章介は、その言葉通り、新たに「谷原章介の25時ごはん」という冠番組の司会業に挑んでいます。

谷原章介は英語に料理と万能すぎ!「25時ごはん」の評判は?

谷原章介は英語に料理と万能すぎ!多趣味な一面も

司会業で実績を重ねつつある谷原章介は、NHK番組「英語でしゃべらナイト」で、通訳なしでジャン・レノに英語でインタビューするなど、その英語力も折り紙付きです。さらに、2006年4月~2007年3月までは「NHK中国語会話」にレギュラー出演し、中国語もマスターしている様子。

それだけではありません。谷原章介の料理の腕前はプロ級という噂も。その腕前が評価され、日本一の長寿番組と言われているNHK番組「きょうの料理」内にて、「谷原章介のザ・男の食彩」の進行役にも抜擢されました。料理の知識も豊富なため、料理人への質問や相づちも的確な谷原章介は、実食の時の食レポも、司会業で培った多彩な話術でばっちり対応。英語も話せて料理もできるとは、万能すぎます。

こんなにも多彩な才能はどこからくるのでしょうか?それは、谷原章介自身が、もともと多趣味であることがあげられるでしょう。料理の他にも、サーフィンやゴルフ、さらにはヘヴィメタル好きであったり、意外なところではテディベアを集めていたりと、幅広い趣味を持つ谷原章介。熱狂的な広島カープファンであることも有名な話です。気になったものをとことん突き詰めるその探求心こそが、10年もの間司会業を務め続けたり、趣味が高じて番組のレギュラーに抜擢されたりという、今の礎につながっていると言えそうです。

谷原章介の冠番組「25時ごはん」の評判は?

谷原章介が、「王様のブランチ」卒業後に司会を務めているのが、水曜深夜0:26から放送されているTBSの料理トーク番組「谷原章介の25時ごはん」です。番組のキャッチコピーは、「夜型の人間に贈る深夜の飯ナビ」。ゲストに、食カルテなる50個以上もある食にまつわるアンケートを答えてもらい、その内容に基づいて、谷原章介が1週間かけてレシピを考案していくという番組です。

ゲストは、フリーアナウンサー加藤綾子や、セガゲームスのゲームクリエイターでもある取締役の名越稔洋など、多ジャンルでコアなゲストが出演することも視聴者の楽しみのひとつ。美味しそうな夜食レシピのみならず、司会業で培った話術で、谷原章介がゲストの知られざる一面を浮かび上がらせていくスタイルが人気の番組となっています。

谷原章介「犯罪症候群 Season2」出演!次のステップは家族との時間

10年間「王様のブランチ」の司会業を務めてきた谷原章介は、テレビに映らないところで勉強に費やす時間が実に多かったと言います。コメントを的確に出せるように、撮影の合間や移動中、就寝前などに、DVDを観たり書籍を読んだりと、常に新しい情報を頭に入れていたそうです。

その時間は、当然、家族と過ごす時間にも割り込んでいきました。谷原章介は、2007年3月に、元タレントの三宅えみと結婚しています。三宅えみは、いしだ壱成の元妻で、すでに子供が1人いました。谷原章介の結婚生活は、その連れ子とともにスタート。結婚発表をした年に長女が誕生し、2009年4月に次女が生まれました。

続いて、2010年10月に次男、2012年2月に三男、2015年4月には三女が誕生したことで、谷原章介は6児の父に。「王様のブランチ」に関わっていた間は、子供のことはずっと妻に頼りっきりだったため、今は、10年分の時間を含めて家族との時間も大切にしていきたいとコメントしています。

また、本職である俳優業にも専念していきたいと意欲を見せている谷原章介。2017年6月11日からは、WOWOW×東海テレビ共同製作「連続ドラマW 犯罪症候群 Season2」に出演中です。ミステリー小説作家・貫井徳郎の大人気作品が原作のドラマのテーマは「復讐の是非」。

谷原章介は、未成年に恋人を殺された刑事・鏑木護を演じています。シーズン1は、鏑木の恋人の兄・武藤隆(玉山鉄二)を主役に据えて描かれましたが、シーズン2では、鏑木が主役です。複雑な人間関係の中で、復讐心を抱きながらも、警察を辞めることなく黙々と生きてきた鏑木。心の内に秘めてきた復讐心という名の怪物が、どのように表に出てくるのか!?まさに谷原章介の演技力に期待がかかる作品と言えるでしょう。さわやかなイケメン役から嫌味な男まで演じる谷原章介。今後の幅広い活躍にも期待したいです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る