Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/diagonal/anincline.com/public_html/wp-content/plugins/head-cleaner/head-cleaner.php on line 2895

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/diagonal/anincline.com/public_html/wp-content/plugins/head-cleaner/head-cleaner.php on line 2895

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/diagonal/anincline.com/public_html/wp-content/plugins/head-cleaner/head-cleaner.php on line 2895

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/diagonal/anincline.com/public_html/wp-content/plugins/head-cleaner/head-cleaner.php on line 2895
「テラフォーマーズ」ネタバレ!実写映画化、監督は三池崇史

「テラフォーマーズ」ネタバレ!実写映画化、監督は三池崇史

「テラフォーマーズ」ネタバレ!実写映画化、監督は三池崇史

「週間ヤングジャンプ」で連載中のコミック「テラフォーマーズ」(作:貴家橘賢一)の実写映画化が決定しました。
2016年公開予定!監督は、非日常の世界に映画的要素を加え実写化する事に定評がある三池崇史氏が抜擢されています。

「テラフォーマーズ」ネタバレ!実写映画化!

原作コミック「テラフォーマーズ」

原作は2011年、「週刊ヤングジャンプ」の増刊漫画誌「ミラクルジャンプ」(集英社)にて連載を開始しました。
独特の設定と、世界観で読者に衝撃と熱狂を与え、2012年には「週刊ヤングジャンプ」に籍を移して連載が続投。
作者は若干23歳とその若さで鮮烈なデビューを飾りました。

スポンサーリンク

「このマンガがすごい!2013」オトコ編で1位、「全国書店員が選んだおすすめコミック2013」2位に選ばれ、一気にその名を知られる所となりました。
現在、11巻まで出版されている単行本の発行部数は1,000万部を突破し、2月19日には最新刊が発売されます。

2014年7月~11月にかけて、人気キャラクターを主人公にしたスピンオフ漫画や、
ギャグ漫画など合計3作品の連載が開始!同年8月からはテレビアニメ化とOVA化もされ、
その名は全国区でファン層を広げています。

Blue‐ley&DVDシリーズも好評発売中です。

スポンサーリンク

「テラフォーマーズ」ネタバレ!どんなストーリー?

未来の火星を舞台にして、人類と二足歩行に進化したゴキブリとの激しいバトルを描いた原作漫画は、
独特の世界観と凄惨な場面描写で話題を呼んでいます。

口コミでは「気持ちわるいけど面白い」なんて呟かれ、原作自体も魅力的な作品!
まさに非日常の世界が、どんな風に展開していくのか、もう既にワクワクしてしまいます。

2年ほど前から映画化に向け準備を進めていた製作陣ですが、「この作品を映画化できるのは、三池監督しかいない」
と絶大な信頼を寄せています。

5月中旬からクランクイン予定で、今後発表される、キャスト、ロケ地にも注目が集まります。

「テラフォーマーズ」の三池崇史監督(54)とは?

1998年に、アメリカの「TIME誌」、非英語圏よりこれから活躍が期待できる映画監督ランキングでジョン・ウー監督に次いで、10位にランクインしました。
現日本映画大学、横浜放送映画学校出身で、監督デビュー以前は、今村昌平、舛田利雄ら大物監督の元で助監督を務めています。

1991年にVシネマ監督としてデビュー、劇場用監督として活動を始め、1999年、哀川翔、武内力共演の「DEADストで日本の映画ファンを虜にしました。
村上龍の小説を映画化したサイコスリラー「オーディション」、同名漫画を映画化したバイオレンスアクション「殺し屋1」は、徹底した暴力描写に海外映画祭で話題となります。

2004年の「着信アリ」はジャパニーズホラーの一つとしてヒット。ハリウッドでも「ワン・ミス・コール」でリメイクされています。
同年宮藤官九郎脚本、哀川翔主演のヒーローアクション映画「ゼブラーマン」は宮藤官九郎の人気と、ザ・ハイロウズの「日曜日よりの使者」で始まる予告編が注目を浴び、
三池監督の遊び心のある演出、パワフルアクションと合わさり大ヒットを記録します。

2006年には「Mastersー(imprint)」を製作するもアメリカ国内ではその余りの残虐性に放送中止とされました。

小栗旬、山田孝之人気俳優配役の「クローズZERO」は人気漫画を映画化したもので国内興行収入25億円を記録。
同時期に「スキヤキ・ウエスタン ジャンゴ」は豪華キャスト、特別出演にクエンティン、・タランティーノと高額予算で製作され、
日本を舞台に西部劇という無茶な内容で映画化しています。

その後も「クローズZERO」、「ヤッターマン」を映画化し大ヒット!

「テラフォーマーズ」の三池崇史監督が獲得された数々の賞、その評価

「極道恐怖大劇場

「殺し屋1」・・・2001年、トロント国際映画祭出品。

「極道戦国志」

「オーディション」・・・ロッテルダム国際映画祭で国際批評家連盟賞とオランダジャーナリズム連盟賞を受賞。

「カタクリ家の幸福」・・・ジェルミナーレ国際ファンタスティック映画祭審査員特別賞受賞。

「牛頭」・・・第36回シッチェス・カタロニア国際映画祭審査員特別ビジュアルエフェクト賞受賞。

「神様の言うとおり」・・・2014年、第9回ローマ国際映画祭ガラ部門で、日本人初の「マーベリック賞」を授与されました。

「テラフォーマーズ」の三池崇史監督の出身地 大阪府の豊臣秀吉が石山本願寺跡に築城した大阪城

1583年(天正11年)に天下統一の拠点として、豊臣秀吉が石山本願寺跡に築城しました。
大阪城は、大手門を始め数々の文化財を有し、天守閣は登録有形文化財に指定されています。

3階、4階 常設展では、3月18日、19日まで阿弥陀如来立像(伝 顕如上人持仏)、羽柴秀吉密書(天正12年)8月18日付 上杉禅正小弼宛(個人蔵)など、他多数展示中。
歴史の名将の軌跡に直に触れられます。

「テラフォーマーズ」の三池崇史監督の出身地 大阪府の梅田スカイビル(空中庭園)

その独特の形状より、大阪のランドマーク的な観光名所のひとつになっています。屋上は360度解放された展望フロアとレストラン、バー、ショップがあり、
眼前に開ける空を、心ゆくまで楽しめます。
地下1階には昭和初期の町並みが広がり、おしゃれな食事と各種サービスが受けられる26店が軒を連ねます♪

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る