「ウォーキング・デッド7」制作決定!シーズン6最終回のあらすじネタバレ!

「ウォーキング・デッド7」制作決定!シーズン6最終回のあらすじネタバレ!出典:https://7net.omni7.jp

「ウォーキング・デッド7」制作決定!シーズン6最終回のあらすじネタバレ!

ウォーキング・デッド7」の制作決定!シーズン6は絶好調で終焉!

「ウォーキング・デッド7」の制作が決定しました。
2010年に放送を開始して以来、現実的な人間ドラマを中心にしたゾンビ・ドラマという斬新なスタイルで人気を集め、シーズンを重ねるごとに視聴率が上昇している「ウォーキング・デッド」。この春放送を終えた「ウォーキング・デッド」シーズン6では、放送再開後の初エピソードで、2位のNBAオールスターゲームよりも倍近い視聴率を獲得して首位に立つなど、相変わらず高い人気を誇っています。

この絶好調を受けて、「ウォーキング・デッド」制作サイドは、シーズン7だけでなく、シーズン10、シーズン12の制作も視野に入れているそうです。

「ウォーキング・デッド」シーズン6最終回の敵は人間!驚愕のあらすじネタバレ!

「ウォーキング・デッド」シーズン6で、保安官のリック率いる主要キャラの一団は、数々の事件に巻き込まれて、人間を殺害することとなってしまいました。それは全て、ニーガンという男の部下。これに激怒したニーガンは、リックたちの襲撃計画を企てます。

スポンサーリンク

リックたちは、マギーの妊娠が発覚し、医者のいるヒルトップを目指していました。しかし、行く先々にニーガン一味が仕掛けたバリケードがあって、一向に先に進めません。リックは、自分たちが乗っているキャンピングカーが目立つせいだと考えて、徒歩に切り替えます。一方、ユージーンは、囮になるため、1人でキャンピングカーに乗る選択をします。

森の中を歩いて進んでいたリックたちでしたが、突然口笛が聞こえてくると、そこにはニーガン一味に捕らえられたユージーンの姿。リックたちも抵抗できず、ニーガン一味に捕らえられてしまいます。リックたちがひざまづかせられると、キャンピングカーから野球バットを持った男が出てきます。これがニーガンでした。

ニーガンは、1人1人吟味するように眺めながら、「どれにしようかな~?」と歌い始めます。ニーガンがバットを振りかざし、画面に映るのは、悲鳴と血しぶき。ニーガンに「殺害されたのは誰なのか?」は明かされないまま、「ウォーキング・デッド」は、シーズン7へと続きます。

スポンサーリンク

「ウォーキング・デッド」ダリル役ノーマン・リーダスの魅力!私生活がかわいい?

「ウォーキング・デッド」ダリル役のノーマン・リーダスの多彩な魅力!実は日本に住んでいた!?

「ウォーキング・デッド」で、寡黙で正義心の強いダリル・ディクソンを演じているのはノーマン・リーダス。プラダのモデルを務めたこともあるというイケメンであるだけでなく、絵や写真もたしなむアーティストとしての顔も持つ、多彩な魅力にあふれた人物です。ボウガンの使い手で、何度もメンバーの窮地を救っているダリルを見事に演じきって、一躍人気になったノーマン・リーダスですが、親の仕事の都合で、日本に住んでいた過去があったことを来日時のインタビューで明かしました。

ノーマン・リーダスの結婚歴は1回。お相手はスーパーモデルのヘレナ・クリステンセンで、1999年に、息子ミンガス君をもうけましたが、2003年に離婚しました。現在、ノーマン・リーダスは、20歳以上年下のセシリア・シングレーと交際中という噂です。

「ウォーキング・デッド」ダリル役ノーマン・リーダスは女子力が高かった!?私生活がかわいいと話題に!

「ウォーキング・デッド」でのノーマン・リーダスは、寡黙でクールな男ダリルを演じています。しかし、私生活は、演じている役柄とのギャップがあってかわいいと話題になっています。

ノーマン・リーダスは、たびたびぬいぐるみを抱えている姿をキャッチされており、プライベートだけでなく、イベントやインタビューの場にもぬいぐるみを抱えていることから、ぬいぐるみへの愛情は本物のようです。また、どこに行くにも、耳付きのうさぎのスリッパを持参しているともっぱらの噂。

日本のキディランドが大好きだという話もありますから、プライベートのノーマン・リーダスは、女子力が高いのかもしれません。

「ウォーキング・デッド」ノーマン・リーダス出演最新作「トリプル9 裏切りのコード」には豪華俳優が集結!冒頭映像が解禁に!

「ウォーキング・デッド」の撮影で忙しいノーマン・リーダスですが、定期的に映画へも出演しています。日本でノーマン・リーダスの演技が見られる作品は、2016年6月から公開となっている「トリプル9 裏切りのコード」。
監督は、オーストラリア出身のジョン・ヒルコートで、2012年に撮影した「欲望のバージニア」が、カンヌ国際映画祭でパルム・ドールにノミネートされるなど高い評価を受けている監督です。「トリプル9 裏切りのコード」は、ジョン・ヒルコート監督4年ぶりの新作となります。

新進気鋭のジョン・ヒルコート監督の最新作ということで、俳優陣もとても豪華!ノーマン・リーダスの他、「ゴーン・ベイビー・ゴーン」のケイシー・アフレック、「オデッセイ」のキウェテル・イジョフォー、「ブレイキング・バッド」のアーロン・ポール、「バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生」でワンダー・ウーマンを演じたガル・ガドット、「ハンガー・ゲーム」シリーズのウディ・ハレルソン、「タイタニック」で一躍スターとなったオスカー女優ケイト・ウィンスレットらが出演しています。

「トリプル9 999」とは、警察官が撃たれる非常事態のときに発せられるコードのこと。そのトリプル9を利用した銀行強盗を緊張感たっぷりに描き、バイオレンスな描写を交えたクライムアクション「トリプル9 裏切りのコード」。その出来栄えの良さは、解禁された冒頭映像でも確認できます。

ノーマン・リーダスは、「トリプル9 裏切りのコード」でも、「ウォーキング・デッド」のようなクールな役を演じていて、まさにはまり役。「ウォーキング・デッド」とともに、ノーマン・リーダスの勢いに、まだまだ陰りは見えません。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る