西川貴教 身長差破局といわれた菜々緒の次の彼女は?

西川貴教 身長差破局といわれた菜々緒の次の彼女は?

西川貴教 身長差破局と言われた菜々緒の次の彼女は?

西川貴教 熱愛の相手は誰?

身長差カップルは破局するというジンクスをしっかり体現してしまった西川貴教。破局のお相手、菜々緒の次の熱愛のお相手は誰?と噂されています。

彼女候補としてまず名前があがっているのが水樹奈々。次にAKB総監督の高橋みなみ。どちらもそれぞれのファンからの強い反感にあったそうです。デビュー以来の仲良し3人組相川七瀬と元奥さんの吉村由美とは、バースディパーティーを一緒に祝ったりしているようです。相川七瀬曰く「復縁したらいいのになぁ」に対して、「可能性は無いのでご安心を」というコメント。前述のお二人も「可能性は無い」そうです。

西川貴教 ハイタッチ会とは?

5月13日にラゾーナ川崎で行われたニューアルバム「天」の発売記念イベントで西川貴教デビュー以来初のハイタッチ会を行い話題になっています。2時間以上5000人近くものファンとのハイタッチも凄いですが(素晴らしい程の高速ハイタッチでした!!)、何より話題になっているのがハイタッチ会でのスタッフの「神対応」!!5月14日大阪あべのキューズモール、5月15日名古屋あすなる金山での「ハイタッチ会」でもメインはハイタッチよりもスタッフの「神対応」に期待が集まっているようです(笑)現場にいた人の感想はもとより、Twitterに載せたハイタッチ会の様子を描いたイラストも話題になっています。思わぬところで話題を提供してしまいましたね(笑)

西川貴教 CMで魅せる歌唱力!身長を上回る存在感

西川貴教 CMでの歌唱力!ゼッタイの安心感

「TMR」の由来は「Takanori Makes Revoiution」の頭文字をとった物。「貴教が革命を起こす」という意味ですが、西川貴教個人だけでなく、プロデューサー(浅倉大介)やスタッフなど関係者やファンも込みで共に歩んでいきたいという願いを込めたプロジェクト名だそうです。先に活躍していた「TMN」「TM NETWORK」と名前が似ているのには後から気づいて、浅倉大介が電話で小室哲哉に使用許可をきちんと取りました。ジャンルは歌手かと思いきや「ストームパフォーマー」・・・風に吹かれて歌う事に意味があるのでしょうか?確かにTMRといえば風に吹かれながら歌っているイメージが定着していますね。歌唱力は定評があり、消臭力のコマーシャルでは自ら売り込み?の甲斐あってすっかりCMイメージキャラクターになってしまいました。元祖CMイメージキャラクターのミゲル君と一緒に短パンで歌う姿はいつになっても変わりなく、なんとなく安心してしまうのは私だけでしょうか?

スポンサーリンク

西川貴教 身長を上回る存在感!

西川貴教 1970年9月19日生まれの43歳。いつまでも変わらず若く見えますがもう43歳なのですね。父は公務員、母は歯科衛生士、祖父は警察官とずいぶんと硬い職業の家系で育ちました。公開身長(違う身長もあるのかしら?)は161㎝。1999年に女性デュオPAFFYの吉村由美と結婚。2002年に離婚しました。今でも番組で共演したり、プライベートでバースディパーティーにお呼ばれしたりと復縁の可能性は無くても良いお付き合いが続いているみたいです。歌手活動の他にアニメの声優や主題歌を歌ったり、お笑い芸人に負けない話術を生かしNHKのお笑い番組「LIFE!」で内村光良と35年前のヒット曲「恋のチムニー」をロックバージョンで熱唱。もちろん扇風機で風を当てて(笑)。様々なジャンルで活動の場をひろげています。

西川貴教の出身地 滋賀県野洲市

西川貴教の出身地 滋賀県野洲市「琵琶湖」

滋賀県野洲市(やすし)は滋賀県野南部、琵琶湖の南岸にあります。大岩山の丘陵からたくさんの銅鐸が発掘され「銅鐸の町」としても有名で「銅鐸博物館」では野洲市で発掘された銅鐸を見ることが出来、現存する銅鐸の中でも日本一大きい銅鐸も展示してあります。隣接する「弥生の森歴史公園」には竪穴式住居や高床式住居、古代米を栽培している水田などが再現され、弥生時代へタイムスリップ体験が出来ます。野洲市を流れる野洲川の中州では毎年7月中旬に「野洲川大花火大会」が開催され、約1000発の花火が打ち上げられます。花火はもちろん、屋台も多数出店してにぎわいます。比良山を望む琵琶湖岸には滋賀県の食材を使った食品販売、地元のグルメが味わえるレストランがある「鮎家の郷」があります。お店の名前にある通り「鮎」を使った食品が揃っていて、ニシンの昆布巻のような「鮎の昆布巻」1404円は人気商品です。営業時間9:00~17:00 定休日1月1日 「鮎」の絵画を鑑賞出来るコーナーもありますよ。

西川貴教の出身地 滋賀県野洲市「たでめん」

「蓼(たで)食う虫も好き好き」ということわざにも出てくる「たで」。野洲市御上(みかみ)神社の「ずいき祭り」で奉納される「たでずし」に使われています。もっと手軽に「たで」を食べたい!との思いを実現すべく、野洲市特産品として地元の女性4人組が考案したのが「たでめん」です。麺に「たで」を液状にして練り込んで作った「たでめん」は食べると「たで」特有のほのかな辛みともっちり感が味わえます。野洲たでブランド商品として販売を始め、1袋350円(税抜)で販売しています。お湯を注いで3分で出来上がるお手軽な即席麺。ぜひ、1度味わってみて下さいね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る