トム・ハーディ主演「レジェンド狂気の美学」1人2役ギャングが圧巻!あらすじキャストは?

トム・ハーディ主演「レジェンド狂気の美学」1人2役ギャングが圧巻!あらすじキャストは?出典:http://ciatr.jp

トム・ハーディ主演「レジェンド狂気の美学」で1人2役ギャングが圧巻!あらすじキャストは?

トム・ハーディ主演「レジェンド狂気の美学」1人2役ギャングを演じた演技力に脱帽!

トム・ハーディ主演の映画「レジェンド狂気の美学」が、2016年6月18日に、日本で封切られました。映画「レジェンド狂気の美学」で、トム・ハーディが熱演しているのは、1960年代のロンドンに実在した一卵性双生児のギャング、クレイ兄弟。1人2役で、ギャング兄弟を演じ分けてみせました。

トム・ハーディは、「レジェンド狂気の美学」の1人2役演技の評価により、2015年における、英国内およびカナダでの映画賞を多数受賞しています。トム・ハーディが演じたのは、性格も体型も違う、実在した一卵性双生児のギャングたち。この難しい役どころを、最新技術なども使いながら演じ分けたトム・ハーディの演技力には、驚嘆を禁じ得ません。アカデミー助演男優賞にノミネートされたキャリアがあるトム・ハーディ。主演作「レジェンド狂気の美学」は、日本国内の映画批評サイトでの評価も高く、これまでの実績に、さらなる栄誉を加える作品を生み出したといえるでしょう。

トム・ハーディ主演「レジェンド狂気の美学」あらすじやキャストが知りたい!

トム・ハーディ主演「レジェンド狂気の美学」のあらすじですが、舞台は、1960年代の英国ロンドン。スウィンギング・ロンドンと呼ばれる若者文化が花開いた時代に実在した、双子のギャング、クレイ兄弟を主人公に、物語は始まります。元ボクサーで切れ者の兄レジーと、精神病者収容所上がりで激発しやすい性格の弟ロン。ロンドンのナイトクラブの暴力的な元締めを皮切りに、2人はギャング稼業で成り上がります。

そんな中、レジーは、運転手の妹フランシスと恋に落ちて結婚しますが、仕事の一環での罪を問われて逮捕。その間に、ロンの激昂しやすい性分が、兄弟の人生を狂わせはじめ……というところが大まかな作品の流れです。主役はもちろんトム・ハーディ。レジーの妻フランシス役にはエミリー・ブロウニング、ロンの同性愛の恋人マッドには、「キングスマン」での熱演も耳に新しいタロン・エガートン。その他にも、クレイ兄弟をギャングの世界に引き込んだ胴元のペイン役にデビッド・シューリス、クレイ兄弟を追う刑事にクリストファー・エクルストンという英国ベテラン俳優陣が脇を固めています。

スポンサーリンク

トム・ハーディの肉体改造がストイック過ぎ!「ダークナイト」「ブロンソン」の役どころは?

トム・ハーディのストイックな姿勢は肉体改造にも表れるくらい凄かった!

トム・ハーディは、役作り、とりわけ肉体改造について大変ストイックであることでも有名です。もともと青年期には、アルコールと薬物の依存症に悩まされながら、俳優業を務めてきたトム・ハーディ。2011年の映画「ウォリアー」出演のオファーを機に、一大肉体改造を決意し、「シグナリング」という朝昼晩3回の高負荷トレーニングと食事調整を行いました。

その結果、トム・ハーディは、元海兵隊隊員から総合格闘家に転身した主人公を演じることに見事成功。かのニューヨーカー紙が、特別に「トム・ハーディの演技がものすごくリアル」と取り上げるなど、辛口な評論家からも高い評価を得ました。この肉体改造以降、トム・ハーディには、筋肉質でありながら演技力も求められる役どころが次々と舞い込むようになり、彼の演技力の幅も、さらに広がっていったのです。

トム・ハーディ「ダークナイト」「ブロンソン」で演じるのはどんな役?

トム・ハーディは、2011年の映画作品「ウォリアー」での演技を認められ、2012年の「ダークナイトライジング」では、バットマンのライバルとなる悪役のベインを演じました。罪人の子供として生まれたベインは、高い知能を有し、人間離れした強靭な肉体と筋肉を有する悪役。トム・ハーディは、この役に合わせて、さらに肉体を鍛え上げ、マスクに覆われた顔から覗く目だけで表情を語る演技で魅せました。

スポンサーリンク

またトム・ハーディは、2008年の英国映画「ブロンソン」では、英国史上最も有名な囚人といわれるマイケル・ピーターソンを熱演。人格が破綻して、常に暴力を振るわずにはいられない囚人役を、本物以上の狂気で演じる姿は、今回の「レジェンド狂気の美学」の下敷きとなる演技力の萌芽を感じさせます。このように、トム・ハーディには、普通の俳優ではなかなかこなせないような異常な役どころを本物以上にリアルに演じる力があるようです。

トム・ハーディの将来が楽しみ!オスカーも射程範囲?

トム・ハーディの演技力は、「レジェンド狂気の美学」でも余すところなく表現されていますが、それだけにはとどまりません。「レジェンド狂気の美学」と同時期に撮影・公開されていた映画「レヴェナント」で、トム・ハーディは、なんとアカデミー賞助演男優賞候補にノミネートされています。名実ともにトップ俳優の仲間入りを遂げたトム・ハーディ。目下のところ、次回作の撮影予定ももちろん決まっています。

トム・ハーディの次回作で、現在撮影中の1つ目の映画は、「ダンカーク(原題)」です。この作品は、第二次世界大戦の初期、ドイツ軍の追撃を振り切って、フランスから英国へと大規模な撤退を行う英国軍の様子を描きます。「ダンカーク(原題)」の監督は、クリストファー・ノーランで、トム・ハーディとは「ダークナイト」「インセプション」でも共にタッグを組んだ間柄です。

トム・ハーディの次回作のもう1つは、著名な英国人戦場フォトグラファーのドン・マッカランの自伝を元にした作品(タイトル未定)であることが公表されています。どちらの映画でも、トイックな役作りに期待することができそうですし、トム・ハーディ自身の「演技の美学」に引き込まれることは間違いないでしょう。トム・ハーディがオスカー像を握る日もそう遠くない気がします。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る