富川悠太アナが結婚した奥さん、子供は?報道ステーション後任!アナウンサー評価は問題なし!

富川悠太アナが結婚した奥さん、子供は?報道ステーション後任!アナウンサー評価は問題なし!

富川悠太アナが結婚した奥さん、子供は?報道ステーション後任!アナウンサー評価は問題なし!

富川悠太アナが結婚した奥さん、子供は?

富川悠太アナは、愛知県名古屋市出身のテレビ朝日アナウンサーです。同期アナウンサーには、報道ステーションのスポーツキャスターも務めた、武内絵美アナウンス部主任がいます。報道ステーションの後任に発表されてから、にわかに注目が集まる富川悠太アナ。

すでに既婚者で、一般女性と2006年11月に入籍しています。その後、長男である立夢(りずむ)くんと、次男の奏(かなで)くんが誕生しています。テレビ朝日サイトのブログページで、富川悠太アナが、子供の運動会に参加している様子などを見ることができます。

富川悠太アナが報ステ後任、アナウンサー評価は問題なし!

富川悠太アナが、2016年3月で降板する古舘伊知郎の後任として、報道ステーションを担当することが発表されたのは、記憶に新しいところ。世間への影響力も強い報道ステーション、局アナの富川悠太アナで大丈夫なの?という声も聞かれました。しかし、悪い評判どころか、イケメンでイクメンの富川悠太アナ。富川悠太アナのアナウンサー評価は、問題ないどころか、むしろ非常に高いようです。

たとえば、報道ステーションでは、取材した難病の少女と番組外でも連絡を取り、SNSでその後の情報を発信している富川悠太アナ。仕事をキッチリしつつも、番組だけで終わらせない姿勢が、報道を扱う人間としての評価を高めています。テレビ朝日的には、古館伊知郎の契約延長を見込んでいたため、後任の人選を一切行っておらず、富川悠太アナが急きょ抜擢されたのも事実のようです。

スポンサーリンク

クリーンなイメージの富川悠太アナが、メインキャスターを務めるというのも悪くない気がします。契約問題などがからんで、次々とメインキャスターが変わるのでは、視聴者としては落ち着きませんよね。

富川悠太アナの出身中学・高校・大学は?身長体重、性格は?

富川悠太アナの出身中学・高校・大学は?

富川悠太アナは、報ステ後任決定後、一気に注目度が高まりました。そのため、富川悠太アナのプロフィール情報にも関心が高まっているようです。そんな富川悠太アナの出身中学については、今のところ、公開されている情報はありません。しかし、富川悠太アナの出身高校は、東京都立国立高校とういう偏差値74の名門校。都立でトップクラスの進学率を誇る高校です。東大合格実績でも22位にいる高校ですので、富川悠太アナは中学生のころから秀才だったのではないでしょうか。

また、高校時代は野球部に所属していた富川悠太アナ。副主将を務め、ポジションはショートと、でき過ぎな優等生です。文武両道の富川悠太アナの出身大学は、横浜国立大学教育学部小学校教員養成課程体育専攻。横浜国立大学の偏差値も60から70といいますから、さすがと言ったところでしょう。

スポンサーリンク

富川悠太アナの身長体重、性格は?爽やかイケメンでイクメン!いとこの難病を取材!

富川悠太アナの身長は175cm。体重は非公開になっていますが、バランスの取れた体型をしているように見えます。富川悠太アナの性格は、真面目が基本としてあるものの、愛想も良く爽やかで、飲み会にもよく出席し、付き合いも良いそうです。また家庭では、良き夫、良きパパとして、家事や育児もこなすイクメンとして高く評価されています。

以前、富川悠太アナがやっていたフェイスブックでは、仕事の話もありつつも、家族の記録も多くアップされていました。今回の報ステ後任メインキャスターが決定したことを受けて、公開をやめてしまったようなのが、残念です。いとこの富川睦美さんの闘病生活を追いかけた、「笑顔の約束~難病ALSを生きる~」では、日本民間放送連盟賞テレビ教養部門で最優秀賞を受賞。

小さい頃から富川睦美さんに可愛がってもらったという富川悠太アナは、富川睦美さんの「自分の闘病を通じてALSを世の中に伝えたい」という想いを取材し、困難に直面してもなお、前を向いて生きることの大切さを懸命に伝えていました。富川悠太アナは、受賞した喜びと共に、亡くなった富川睦美さんを偲び、ALSが難病でなくなる日が来ることを願っていると綴っています。

富川悠太アナの今後は!? 報ステの後任はいつまで続くか!?

富川悠太アナは、報道ステーション後任に抜擢されたことについて、「背中を追い続けても近付けなかった古館キャスターから突然たすきを渡され、現実として受け止めきれていないが、少しでも視聴者の皆さまの役に立てるよう頑張る所存です」とコメントしています。富川悠太アナの今後については、やはり、報道ステーション担当が、いつまで続くかによるのではないでしょうか。

ニュースは時の政権に対して、イエスマンである必要はありません。しかし、あえて攻撃的になる必要もありません。富川悠太アナには、これまでの報道ステーションが受け継いできた、やや攻撃的な番組イメージを一新させて欲しいですね。富川悠太アナであれば、より視聴者に近い視点で、ニュースに対して突っ込んでくれるのではないかと期待されます。
富川悠太アナ、徐々に、どれだけ自分のカラーを出せるかどうか、4月からの登場が楽しみでなりません。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る