鳥海浩輔の激ヤセと帽子の下が気になって仕方がない!

鳥海浩輔の激ヤセと帽子の下が気になって仕方がない!出典:http://弱ペダ.com

鳥海浩輔の激ヤセが心配!演じたキャラのイケボにメロメロ!

鳥海浩輔の激ヤセが心配!その理由はダイエットにあった?

鳥海浩輔(とりうみこうすけ)は、そのイケボで、アニメや乙女ゲームで人気のある声優ですが、以前はガッシリした体型だったのが、最近は激ヤセしており、心配の声があがっています。どうやら体型を気にしていた鳥海浩輔。激ヤセの理由は、ダイエットをした結果なのだとか。

夜はなるべく炭水化物を取らないようにしたり、鍋中心のメニューにしたり、野菜を多くとるようにしたりと、主に食生活を変えて痩せたとのことで、むしろ現在のほうが健康的な生活を送れているようです。また、鳥海浩輔が担当しているアニメ作品は2012年頃から急激に増加中。忙しい生活を送っていることとダイエットのダブル効果が激ヤセに繋がったのかも知れません。

鳥海浩輔が演じたキャラのイケボにメロメロ!乙女ゲームには欠かせない声優!

鳥海浩輔の大きな魅力は、何といってもイケボであること。特に乙女ゲームにおける鳥海浩輔の人気は絶大で、かなりの数の乙女ゲームに出演しています。乙女ゲームの代表格である「薄桜鬼」では、鳥海浩輔は、新選組の寡黙な一匹狼の斉藤一役を好演。アニメ化もされたことでさらに人気沸騰しました。鳥海浩輔が演じるキャラはイケメンであることが多く、そのキャラの見た目とイケボの両方の効果で、世の乙女たちの心をわしづかみにしています。

最近では、刀剣育成シミュレーションゲーム「刀剣乱舞」の看板とも言える三日月宗近役がハマリ役だと評判です。「刀剣乱舞-花丸-」としてアニメ化されると、鳥海浩輔のイケボとバックの月光の効果も相まって、「三日月宗近の真剣必殺のシーンが格好良すぎる」と話題になりました。

スポンサーリンク

鳥海浩輔が帽子をかぶる理由!結婚やプロフィールは?

鳥海浩輔が帽子をかぶる理由!帽子の下はどうなっているの?

鳥海浩輔は、グラビア写真やイベントなどで、大抵ニット帽か帽子を被っています。帽子をとった姿がほとんどないため、帽子の下がどうなっているのか気になる人が続出し、「もしかしてハゲているからなのでは?」という噂まで飛び交う始末。果たしてその真相はどうなのかと言うと、鳥海浩輔本人は、「おでこが広いのが嫌だから」という理由で帽子をかぶっているのだとか。

帽子なしの鳥海浩輔の写真を見ると、たしかにおでこが多少広いような印象を受けます。帽子をかぶる理由が広いおでこを隠すためというのは、ネガティブな理由に感じるかも知れません。しかし、鳥海浩輔は帽子がよく似合っていますし、特に良くかぶっている黒のハット姿では格好良さが増しているように見えます。

鳥海浩輔の結婚やプロフィールは?代表作は?

鳥海浩輔は、1973年5月16日生まれの43歳。代々木アニメーション学院、日本ナレーション演技研究所卒業後、声優デビューを果たしました。2002年からは、声優仲間と組んでいた7人組の「謎の新ユニットSTA☆MEN」としても活動していましたが、2013年には無期限活動休止に。

スポンサーリンク

現在は、そこから派生した2人組ユニット「フェロ☆メン」を声優仲間の諏訪部順一と共に結成して活動中です。声優代表作は、「NARUTO」犬塚キバ役、「弱虫ペダル」今泉俊輔役、「B-PROJECT~鼓動*アンビシャス~」夜叉丸朔太郎役、「刀剣乱舞」三日月宗近役など。学生時代はモテモテで二股の噂まであったようですが、現在は、具体的な交際相手の名前は挙がっておらず、結婚についても本人が明言していないため不明です。

薬指に指輪をしていることもあるようですが、ファッションアイテムの1つとして以前から時々付けていたようなので、結婚指輪ではないと考えるのが妥当でしょう。また、家事全般が好きなことで知られている鳥海浩輔は、料理も得意なようなので、独り身でも困ることはないのかもしれません。

鳥海浩輔らが参加している「NHKキュン活ほっとらいん」とは?NHK職員イケメンキャラの紹介!

鳥海浩輔も参加しているNHKのQ&Aページ「NHKキュン活ほっとらいん~受信からはじまる恋~」が、イケボ声優揃いで内容的にも面白いと評判で、「NHK攻めてる!」と話題となっています。「NHKキュン活ほっとらいん」は、NHKのことをよく知らない人に向けて、NHKのことを分かりやすく説明するページ。

アプリゲームのように4人のNHK職員イケメンキャラが登場し、このうち好きな1人を選ぶと、そのキャラと電話で話しているような感覚で音声付きで説明してくれるというものです。キャラクターの声を担当するのは、「天下統一を目指す大河ドラマ系・大河丸」が鳥海浩輔、「ハイパークールな報道系・法堂誠」が檜山修之、「森羅万象を愛する営業系・樹新涼」が諏訪

部順一、「優しさと筋力があふれだす教育系・京育夫」が保志総一朗と、人気実力共にトップクラスの声優が揃っています。たとえば、鳥海浩輔演じる「天下統一を目指す大河ドラマ系・大河丸」であれば、大河ドラマの登場人物風な物言いで話すなど、面白みのある作り方をしています。

自分で質問を考える記入型ではなく、幾つかある選択肢から好きな質問を選ぶ選択型となっていますが、どのキャラを選ぶかによって質問も変化。「引っ越しをしたらNHKの訪問員さんがくるの?」といった比較的普通な質問だけでなく、「過去に付き合った人数は?」などくだけた質問も織り込んであります。しかも「過去に付き合った人数は?」の正解が「1000人」で、交際の意味ではなく、“刀で突きあった人数”という意味であるというオチまでしっかりついているのはさすがです。

思わず他の質問や別のキャラの答えも見たくなるので、自然とNHKについて詳しくなれそうですね。さまざまな分野でイケボの需要が広まりつつある中、鳥海浩輔のような声優が活躍できる場所は今後さらに拡大していくのではないでしょうか。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る