東京ホテイソンはツッコミ独特系漫才コンビ!たけるの特技は岡山の伝統芸能・備中神楽

東京ホテイソンはツッコミ独特系漫才コンビ!たけるの特技は岡山の伝統芸能・備中神楽出典:http://adventure-mensclub.com

東京ホテイソンは面白い、つまらない?イケメン芸人コンビは出会い系で誕生

東京ホテイソンは賛否両論のツッコミ独特系漫才コンビ!

東京ホテイソンは、ツッコミのたけるとボケのショーゴが2014年に結成した漫才コンビ。所属は、サンドウィッチマンやカミナリを擁するグレープカンパニーです。東京ホテイソンの漫才は「ツッコミが独特だ」と評されており、そのツッコミを面白いと感じるかつまらないと感じるかで評価が大きく分かれるようです。

知名度を上げたネタは、ボケの東京ホテイソン・ショーゴが動物園や水族館デートをやってみたいと申し出るシチュエーション漫才。ショーゴのリアクションに対して、たけるが大げさに「始祖鳥の間!」「クリオネの尺!」「ボラの面構え!」などと動きをつけてつっこむ、というものです。このネタで、2017年のM-1グランプリでは結成3年にして準決勝まで進んだ東京ホテイソンは、敗者復活戦で20組中18位という成績を残しました。

東京ホテイソン結成は出会い系サイトがきっかけ!イケメン2人は同棲中

東京ホテイソンのたけるとショーゴは揃ってイケメンだという声も聞かれます。そんな2人の出会いは芸人養成所などではなく、出会い系サイトだったというから驚きです。正しくは、芸人の卵が相方を募集するSNSの掲示板に、たけるが「天下を取りましょう」と書き込んで初舞台の動画を載せていたのをショーゴが発見して連絡を取りました。

ハンバーガーショップで待ち合わせて初対面……というシチュエーションはまさに出会い系!このように、相方の素性も良く知らないまま結成されたコンビのため、東京ホテイソンの2人は、お互いを知ろうと現在同棲中だそうです。沼袋に借りた8万円の部屋の家賃を4万円ずつ折半して生活しています。

スポンサーリンク

ちなみに東京ホテイソンというコンビ名の由来は、いつも笑顔を絶やさない七福神の笑いの神様・布袋尊(ほていそん)と、憧れの街“東京”を合わせてたけるが考えました。

東京ホテイソン・たけるの特技は岡山の伝統芸能・備中神楽!ショーゴはネタ作り担当のお笑いマニア

東京ホテイソン・たけるの特技は岡山の伝統芸能・備中神楽!

東京ホテイソンのたけるは1995年3月24日生まれの岡山県出身で、学級委員や生徒会長を務めるような目立ちたがり屋でした。良く通る声や舞台度胸は、曾祖父の影響で幼い頃から備中神楽の舞台に立っていたからだそうです。「東京で有名人になりたかった」という東京ホテイソンたけるは進学を機に上京し、モデルを目指すも挫折。中央大学に通いながら芸人活動中で、「お笑いはよく分からないが売れて女にモテたい」とやや俗っぽいモチベーションを素直に明かしています。

東京ホテイソンたけるの父親が2017年8月に放送された読売テレビの「ガリゲル」に出演して親子共演を果たしたときには、「うちの子よろしくお願いします」のコーナーで東京ホテイソンの面白さをプレゼンしました。「三遊亭車修理男」と名乗って東京ホテイソンのネタを披露した様子を見ると、東京ホテイソンたけるの舞台度胸は父親譲りと言えるかもしれません。

スポンサーリンク

東京ホテイソン・ショーゴはネタ作り担当のお笑いマニア

東京ホテイソンのショーゴは、1994年2月1日生まれで、たけるよりも1歳お兄さんです。芸人よりも放送作家を志望していたというお笑いマニアで、東京ホテイソンのネタ作りももちろんショーゴが担当しています。イマドキのイケメン顔だと好評な東京ホテイソン・ショーゴですが、自分では“ちょっと怖い顔”と思っているそう。東京ホテイソンたけるの顔に華を感じて相方に選んだと明かしています。

「ネタを作っているのは自分なのに相方だけ目立ちすぎ」と発言していますが、実際は目立ちたいほうではなく、インドア派でテンションは低めです。先輩の家に入り浸って帰ってこない東京ホテイソンたけるの汚部屋を掃除することもあるという優しいショーゴですが、たけるにツッコミの練習を2時間させるほど厳しい一面も。漫才の腕を上げて賞レースで勝つことを目標に掲げており、「いつかM-1が獲れたら」と真摯にお笑いに向き合っています。

東京ホテイソンが2018年の「おもしろ荘」に出演決定!

東京ホテイソンが、2018年の年明け早々0時半から放送される日本テレビ系列の「ぐるナイおもしろ荘 若手にチャンスを頂戴 今年も誰か売れてSP」へ出演することが決定しました!「ぐるナイ」の「おもしろ荘」と言えば、売れる前の小島よしおやオードリーなども出演したお笑い好き必見の番組。2017年の同番組にはブルゾンちえみ with Bが出演し、その年を代表するほどの活躍を見せました。

出場を目指して36組のお笑い芸人たちが挑んだ最終オーディションに、1番手で登場した東京ホテイソン。会場となった日本テレビの一室を大いに沸かし、審査員となった観客たちの得点を集めて見事に出演者に名を連ねました。東京ホテイソンの他に出演を決めたのは、完熟フレッシュ、アユチャンネル、アントワネット、ジャンゴ、宮下草薙、吉住、ロングアイランド、ひょっこりはん、レインボーで、それぞれのブレイクが期待されます。

2016年の「おもしろ荘」に出演済みの事務所の先輩芸人カミナリは、東京ホテイソンはライブでもいつもウケており、ネタもポップでテレビ向きだと高く評価しています。東京ホテイソンたけるの独特なツッコミは、さまざまなツッコミをひらすらショーゴに練習させられていたときに疲れて素が出てしまったときに偶然生まれたものだそう。

備中神楽風の伝統芸能口調の抑揚のある独特なツッコミを武器として、お笑いマニアの東京ホテイソン・ショーゴがさらにネタを煮詰めていけば、さらに面白い漫才が誕生する日も近いことでしょう。コンビ結成3年にして知名度を上げた2017年の東京ホテイソンが、「おもしろ荘」出演を経て2018年以降はどのような活躍を見せてくれるのか、楽しみに見守りたいと思います。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る