豊嶋花はわずか5歳で演技力が開花!昼ドラマ「トットちゃん!」で旋風を巻き起こすか?!

豊嶋花はわずか5歳で演技力が開花!昼ドラマ「トットちゃん!」で旋風を巻き起こすか?!出典:https://matome.naver.jp

豊嶋花はわずか5歳で演技力が開花!1歳から芸能活動しすでにベテラン女優!

豊嶋花は演技派子役!第二の芦田愛菜になるのか!?

芦田愛菜、本田望結、小林星蘭と、天才との呼び声の高い子役は近年とても多く、豊島花(とよしまはな)もその一人と言われています。中でも豊島花は、可憐な容姿はもちろん、大人顔負けの演技力で、第二の芦田愛菜と呼ばれるほどです。

それもそのはずで、2017年現在10歳の豊島花は、1歳から芸能活動を開始しており、キャリアはすでに9年。出演作は、ドラマや映画と幅広く、駆け出しの俳優よりもずっと多くの現場を踏んでいます。豊島花は、演出家や監督といった現場からの評価が特に高く、天才子役エピソードも数多くあるそうです。

豊島花の演技を監督も絶賛!1歳から芸能活動しすでにベテラン女優!

豊島花の子役としての天才っぷりが花開いたのは、5歳の頃。2012年に公開された映画「外事警察 その男に騙されるな」でした。父の蒸発のショックで喋れなくなるという難役を演じる子役のオーディションに挑んだ豊島花の演技を見た堀切園健太郎監督は、「『この子であれば、セリフはいらない』と確信した」と言います。起用は大当たりで、渡部篤郎や尾野真千子、真木よう子という実力派キャストの中で、大人顔負けの演技を見せました。

豊嶋花朝ドラはすでに3度登場!しじみシスターズで「しじみダンス」も披露していた!

豊嶋花朝ドラはすでに3度登場!幼少期を演じた作品は名作揃い!

豊島花にとって映画初出演となった、「外事警察 その男に騙されるな」も名作との評価があがっていますが、そのほかにも、豊島花が主人公の幼少期を演じたものには、人気作や話題作がずらりと並んでいます。映画「アズミ・ハルコは行方不明」では、蒼井優演じる主人公の幼少期を好演しました。

スポンサーリンク

また、NHK朝の連続テレビ小説には、これまですでに3作品に出演している豊島花。その中でも、「ごちそうさん」では、主演の杏が演じため以子の幼少期を、「あまちゃん」では小泉今日子演じる天野春子の幼少期を演じています。

豊嶋花がしじみシスターズとして「しじみダンス」披露!

天才子役として、大人とともにハードな撮影現場に臨んでいる豊島花。しかし中には、子供らしい可愛らしさを発揮した仕事もあります。NHK「みんなのうた」で2012年に放送された「しじみのダンス」では、同年代の子役である小熊苺子と柴海南奈美とともに、しじみシスターズとして、歌にあわせて可愛らしいダンスを披露。

振り付けは、perfumeや星野源の恋ダンスでも知られる振付師のMIKIKOというから本格的です。「しじみ」をテーマにするという異色の楽曲でありながら、ゆるい雰囲気と可愛いダンスで、PVはユーチューブでもかなりの再生回数を記録しました。

スポンサーリンク

豊島花はトットちゃんを演じることで国民的な子役になるか?

わずか10歳で、ほぼ年齢と同じ年数のキャリアをつんできた天才子役・豊島花。本人は芦田愛菜に憧れているそうですが、すでに実力は、芦田愛菜に並ぶといってもいいのではないでしょうか。あとは、芦田愛菜に並ぶ知名度を得れば、国民的な人気子役となることは間違いありません。

そんな豊島花は、2017年10月からスタートした、テレビ朝日の昼ドラマ「トットちゃん!」に出演します。
テレビ朝日の昼ドラマ枠は、「北の国から」で知られる倉本聰が企画&脚本を担当した「やすらぎの郷」でスタートしたばかり。

シニア層をターゲットにし、石坂浩二をはじめ、浅丘ルリ子や加賀まりこ、有馬稲子、故・野際陽子と、往年のスター俳優が数多く出演したことで注目も集まり、昼のドラマ枠としては異例の大ヒットを記録しました。「やすらぎの郷」の舞台は、テレビ界に貢献した俳優やスタッフが入れる老人ホーム。

実際の俳優のイメージをそのままに、虚々実々入り混じるエピソードが盛り込まれており、往年のスターたちの若かりし頃を知るシニア層には、面白さ倍増だったようです。視聴率も昼の時間帯としては異例の8パーセントを記録しました。
豊島花が出演するドラマ「トットちゃん!」は、黒柳徹子の幼少期からやがてテレビの世界へ入っていくまでの半生を描くというあらすじ。シニアにとっては、懐かしき昭和とともに黒柳徹子の青春時代が描かれる部分が見どころの1つになりそうです。

豊島花が演じるのはもちろん、トットちゃんこと、黒柳徹子の幼少時代!2017年9月15日に行われたドラマの制作発表では、豊島花とともに黒柳徹子も登場するなど、制作側の期待の高さもうかがえます。
国民的なスターでもある黒柳徹子の幼少時代を演じ、シニア層からの知名度や人気を獲得することで、豊島花も、国民的人気子役、天才子役として確固たる地位を築いてほしいですね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る