鶴見辰吾は杉田かおるを妊娠させていた!?結婚した妻は?

鶴見辰吾は杉田かおるを妊娠させていた!?結婚した妻は?出典:http://www.legon.jp

鶴見辰吾は杉田かおるを妊娠させていた!?結婚した妻は?

鶴見辰吾が杉田かおるを妊娠させた?3年B 組金八先生「十五歳の母」

鶴見辰吾は、1964年12月29日生まれの51歳。ホリプロ所属の俳優です。中学1年生の時に、一般公募オーディションで2582人の中から選ばれ、ドラマ「竹の子すくすく」にてデビュー。その後も有名ドラマに多数出演し、知名度をあげていきます。鶴見辰吾の俳優としての転機になったともいえるのが、武田鉄矢主演の名ドラマ「3年B 組金八先生」でした。

鶴見辰吾の出演した「3年B 組金八先生」には、子役として一大ブームを巻き起こした杉田かおるも出演していますが、話が進むに従って、世間から大きな注目を集めることになります。それは、鶴見辰吾演じる宮沢保が、杉田かおる演じる同級生の浅井雪乃を妊娠させてしまうという内容だったから。30年以上も前のドラマで、中学3年生の妊娠騒動とは、想像するだけで衝撃的。今でも印象に残っているという方が、たくさんいるのではないでしょうか。

鶴見辰吾の結婚した妻はどんな人?

鶴見辰吾の結婚や妻とは、どのような女性なのでしょうか?
鶴見辰吾は、2004年、一般女性である鈴木一美さんと結婚しました。2人の出会いは、なんと、知りあいのクラブイベントでの、鶴見辰吾のナンパだったそうです。鶴見辰吾と結婚した妻、2人の共通の趣味は、サイクリングで、今では、アクティブで仲の良い夫婦として知られています。

妻について、「欲しいものがある時は、必ず妻に相談する」「妻は料理が得意」「オリジナルソングの「愛の歌」を妻に歌ってあげる」「妻の誕生日と結婚記念日は必ず祝うし、かつてサプライズパーティーを開いたことがある」などとコメントしています。鶴見辰吾が、妻のことを思いやり、とても夫婦仲が良いことがにじみでている内容ですね。妻との間には、子供もいるようで、理想の家族像が想像できます。鶴見辰吾と妻は、現在でも、趣味のサイクリングを2人で楽しんでいるそうです。

スポンサーリンク

鶴見辰吾のももクロ愛がスゴイ!自転車、マラソンが激ヤセの原因?

鶴見辰吾はももクロ愛を隠さない!堂々の「ももクロのファンになります」宣言も!

鶴見辰吾といえば、サイクリング好きが有名です。しかし、鶴見辰吾のもう1つの趣味として、アイドル好きというやや意外な一面もあります。
鶴見辰吾が所属しているホリプロには、アイドルグループAKB48のメンバーが多数います。元AKBのメンバー大島優子や、板野友美も、ホリプロ所属です。その影響もあったのかどうか……AKB48の主要メンバーの名前と顔をすべて覚えており、CDも購入しているという鶴見辰吾。

さらに、アイドルグループ・ももいろクローバーZ(通称ももクロ)とテレビ番組で共演した際に、ももクロメンバーからCDをプレゼントされたところ、一気にももクロの魅力にとりつかれたようで、鶴見辰吾からは「ももクロのファンになります!」宣言まで飛び出しました。番組収録中も、ももクロに対して「かわいい!」を連呼し、サインを欲しがる姿まで見せていました。今も変わらない鶴見辰吾のももクロ愛は、今後どこまで深まるのでしょうか。

鶴見辰吾の激やせの原因は、自転車とマラソン?1カ月に2000キロは走っている!

鶴見辰吾が激やせしているといわれています。病気かとも噂されましたが、どうやらその原因は、趣味である自転車のサイクリングとマラソンにあるようです。

スポンサーリンク

鶴見辰吾の趣味が自転車のサイクリングであることは有名で、その実力は、国内外のロードレースに多数出場するほどです。富士山5合目までを駆け上る「Mt富士ヒルクライム」にも毎年出場するなど、鶴見辰吾のサイクリング熱は、もはや趣味の域を超えています。

1カ月あたりの自転車走行距離は、2000キロ超え。与那国島から宗谷岬までの距離が直線で3000キロといわれていますから、自転車で2000キロ走行することのすごさは、想像するにあまりありますよね。ドラマやバラエティ番組の収録現場へも、都内辺りなら自転車通勤するという鶴見辰吾は、本当にサイクリングが好きなのでしょう。

鶴見辰吾は、自転車だけでは飽き足らなくなったのか、50歳にして初めてマラソンに挑戦し、横浜マラソンでは完走もしています。趣味である自転車やマラソンレースで好成績を残すためには、日々の鍛錬や体調調整が欠かせません。自転車だけでもかなりの走行距離ですから、鶴見辰吾がスポーツマンらしくシェイプされていくのは当然といえば当然。「今後は、トライアスロンとかもやってみようかな」と語る鶴見辰吾は、まだまだ元気に走行中。その姿からは、たくさんの元気や勇気をもらえそうです。

鶴見辰吾の生き様がかっこいいと注目の的に!

鶴見辰吾は、サイクリングやマラソン挑戦など、バイタリティあふれる俳優として知られています。子役時代は、多数の好青年役を演じてきましたが、大人になってからは、渋みのある俳優として、ヤクザ役から医者役など幅広い役を演じています。2016年1月公開した映画「はなちゃんのみそ汁」では、医師の加山役を熱演しました。また、2016年3月公開の映画「セーラー服と機関銃」や、4月公開の映画「太陽」、さらには今夏に公開となる映画「シン・ゴジラ」などの話題作にも次々に出演。脇役ではあるものの、存在感のある鶴見辰吾の演技は、さすがです!

私生活もきわめて順調な鶴見辰吾。趣味のサイクリングやマラソンなど、スポーツマンとして、オジサンになってもかっこよく充実して暮らしている姿には「生き様を見習いたい!」と多くの男性たちから注目を集めています。大好きなサイクリングでは、2007年に「二代目自転車名人」に選出され、2010年には、ツール・ド・フランスの中継をこなすなど、自転車関係の仕事も増えてきている様子です。その上、日舞とスキーも特技にあげ、小型4級船舶の免許も持っているという鶴見辰吾。そのバイタリティはとどまるところを知りません。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る