チュートリアル福田が激やせした病気の正体や症状、治療法は?

チュートリアル福田が激やせした病気の正体や症状、治療法は?

チュートリアル福田が激やせした病気とは?バイク仲間が豪華過ぎる!

チュートリアル福田が激やせした病気とは?

チュートリアル福田は、相方の徳井義実に比べると「普通の人」というイメージが強い芸人です。そんなチュートリアル福田が、2011年1月に緊急入院、1カ月半後に復帰するも、激やせしていたことから話題になりました。

チュートリアル福田が発症した病気は「急性膵炎」。この病気、一番の原因がアルコールだと言われています。たしかに、チュートリアル福田は、毎日かなりの量を飲む酒豪で、自身のおつまみ本を出版するほど。しかし、激やせするほどの大病にはさすがに懲りたのか、現在は禁酒もし、油ものも控え、体調管理に気を付けているそうです。

チュートリアル福田のバイク仲間が豪華過ぎる!

チュートリアル福田といえば、「バイク芸人」として、最近静かにブレイクしています。その実力は、ハンデがありながらも、ロードレース出身のオートレーサーと現役全日本ロードレーサーで戦う「オーバルスーパーバトル in川口201」にて2年連続優勝するほどというから半端なものではありません。

スポンサーリンク

チュートリアル福田は、同じくバイク好き芸人のレイザーラモンRGとともに「RGツーリング クラブ」を結成。その他の「RGツーリング クラブ」メンバーは、チュートリアル徳井、インパルス堤下のほかに、フリーアナウンサーの中田有紀や、あの伊勢谷友介も含まれていて、何とも豪華なクラブとなっています。
ちなみにチュートリアル徳井は、相方・福田充徳のバイク好きがうつり、自分もバイクを趣味にするようになったのだそうです。

チュートリアル福田愛が止まらないチュートリアル徳井!歴代熱愛彼女、結婚は?

チュートリアル福田愛が止まらないチュートリアル徳井!

チュートリアル福田と徳井の二人は、幼稚園のころからの大親友。お互いとても仲の良いことで有名です。チュートリアル徳井は、相方のチュートリアル福田に対して「一番大事にしていきたいのは福田さん」とコメントするなど、チュートリアル福田愛が止まらないようです。

一方のチュートリアル福田は、「徳井が死んだら、お笑いやめる」と言っているほどで、こちらも相方に相当入れ込んでいます。一時は同性愛を疑われたほど、仲がいいチュートリアルの二人現在も、チュートリアル徳井は、twitterで、相方・チュートリアル福田の寝顔を頻繁にアップしています。Twitterに寝顔をアップなんて、普通なら恋人同士がすることですよね……。

スポンサーリンク

チュートリアル福田の歴代熱愛彼女、結婚は?

チュートリアル福田は、相方の徳井義実に入れ込みすぎて、全く女っ気がないのでは?と疑ってしまいそうですが、実は、これまで何度か熱愛報道がされています。

過去には、ホリエモンこと堀江貴文の元カノである太田在を口説いたという噂(実際にホリエモンが暴露したのですが……)や、あやまんJAPANのルータキエとの交際報道などもあったチュートリアル福田。いったいどの熱愛彼女が本命なの?と思われていたチュートリアル福田ですが、2015年7月に、お付き合いは1年ほどになるという一般女性との交際を公表しました。しかし、当時はそれほど話題にならなかったので、チュートリアル福田は「誰もオレのことなんか興味ないねん!」と落ち込んでいたようです。

チュートリアル福田は酒とオートバイと相方をお笑いよりこよなく愛する男?

チュートリアル福田は、人気番組「吉田類の酒場放浪記」(BS-TBS)のDVD発売イベントのMCを務め、当番組のメインMCである酒場詩人の吉田類とのトークを展開していました。自身も無類の酒好きであるチュートリアル福田は、吉田類ののらりくらりとしたトークに鋭い突っ込みを入れていましたが、さすが番組をよく見ているんだなーと感じさせるMCぶり。

チュートリアル福田の好きなものは、お酒とオートバイと相方。お笑いをすることになったきっかけも「徳井と何かしたかっただけで、お笑いがしたかったわけではない」とキッパリ。そのせいか「徳井がピン活動で自分が暇なときは、趣味を充実させようと思う」と、相方の徳井一人が売れていてもあまり気に留めていないようです。それが高じて(?) オートバイはかなりの腕前となり、最近では、お笑いよりバイク関連の仕事のほうが多いそう。

チュートリアル福田のマイペースぶりは、島田紳助から「徳井の相方はただのバイト、M-1の時も誰でもつとまった」とバッサリ。ほかの芸人からも、評価は厳しいようです。しかし、本人いわく「寿司屋でも、フランス料理屋でも、堂々と漫画が読めるほどびびらないハートを持ってる」チュートリアル福田。その強いハートを武器に、今後もお笑いに、趣味に、どんどん邁進してほしいですね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る