超特急タカシは浪速のリアル末っ子!決めゼリフは「タカシやで」

超特急タカシは浪速のリアル末っ子!決めゼリフは「タカシやで」

超特急タカシは浪速のリアル末っ子!決めゼリフは「タカシやで」

超特急タカシは浪速のリアル末っ子!身長体重、プロフィール!

超特急タカシは浪速生まれの本物の末っ子!兄弟ゲンカは一度もなし!?
音楽ユニット「超特急」のタカシは、「タカシやで!」の決めゼリフで知られています。グループ名にちなんで、メンバーそれぞれに「○号車」という呼び名と、担当の色やキャラが割り当てられている超特急。タカシは、7号車の“末っ子”担当で、イメージカラーは純白です。そんな超特急タカシには、実際に年の離れた姉と兄がいます。大阪府出身のため、浪速の三兄弟のリアル末っ子となりますが、12歳年上の姉は、超特急タカシが11歳の時に結婚。翌年息子を生んだため、12歳という若さで、超特急タカシはすでにおじさん(叔父)でもあります。兄とも9歳離れているため、三兄弟と言っても兄弟ゲンカをしたことは一度もなく、とにかく可愛がられて育ったそうです。超特急タカシのブログには、兄弟3人揃って、父や母の誕生日にサプライズパーティーを催したことなどが綴られています。

スポンサーリンク

超特急タカシの身長体重、プロフィールが知りたい!性格は?
超特急タカシは、身長180.4cm、体重は67kgで、メンバー内で一番の高身長です。プロフィールは、大阪府出身で、1996年9月23日に生まれ、小学校6年生の時に、現在の所属事務所であるスターダストにスカウトされて芸能界に入りました。この時点では、ダンスも歌も経験がなかったと言いますが、中学3年生の時に、超特急の最年少メンバーに選ばれると、本名の松尾太陽(まつおたかし)から超特急タカシに。左目の下にあるほくろが目印で、趣味はギターです。超特急タカシの性格は、とにかく生真面目。プライベートで自宅に遊びに来たメンバーと、肉うどんと親子丼を作った際には、「未成年」という理由から、レシピにあった酒をみりんに変更したほどです。勉強家でメモ魔としても知られており、バラエティ番組では、真面目な性格ゆえ、小さな失敗でも大きく落ち込む姿がたびたび目撃されています。

超特急タカシの出身高校はどこ?性格の良さはメンバーいち!?

超特急タカシの出身高校が知りたい!
超特急タカシの出身高校は、大阪府立泉尾高等学校という噂です。出演番組で、「船に乗って通学している」ことを明かしたことがありますが、実際に、泉尾高校の近くには渡船場があり、生徒の通学の足として親しまれています。また、超特急タカシが、高校卒業の際にブログに掲載した卒業証書や教室の写真からも、出身高校は泉尾高校とみて間違いなさそうです。留年する生徒も少なくないという泉尾高等学校ですが、3年できちんと卒業を果たしたのはさすが。大阪の実家に住み、学業と仕事を両立させていたため、超特急の活動には「車両点検」という名目で参加せず、学業や学校行事を優先することもたびたびありました。

スポンサーリンク

超特急タカシの性格の良さがメンバーいちと言われるワケとは!?
超特急タカシは、メンバーの中で一番性格が良いと評判です。その理由は、メンバーに「いつも優しい」と評されていることや、ブログの内容が丁寧で、常に8号車(超特急のファン)への愛にあふれていること、物腰が柔らかく、言葉の選び方からも育ちの良さがにじみ出ていることなどなど!整ったマスクと恵まれたスタイルだけでなく、内面の魅力も超特急タカシの武器。最初に超特急タカシに惹かれて8号車になった、という人も少なくないようです。超特急結成当初は中学生で、ボーカルやダンスにやや心もとない部分も見られましたが、過酷なレッスンに耐え、人一倍努力しました。こうして5年で見違えるほどに成長した点も、ファンが超特急タカシを高評価する一因といえそうです。

超特急タカシの父が念願叶って初乗車!2017年秋公開の「して、キス」も見逃せない
超特急史上最大規模の全国コンサートツアー「Bullet Train 5th Anniversary Tour 2017“Trans NIPPON Express”」が開催されています。超特急タカシの地元・大阪での公演には、親族も揃って駆けつけた様子で、中でも父親は、5年目にしてやっと乗車した(=コンサートを見に来てくれた)そう。そのため、超特急タカシにとっても、記念すべき公演となりました。そんな超特急のデビュー5周年を祝して放送された特別番組が、スペースシャワーTVプラスの「超特急 祝!5周年記念バスツアー!」。何も知らないメンバーをバスに乗せ、デビューから5年間の思い出の地を巡るという本気のサプライズ企画は、超特急タカシの可愛い姿も満載で、ファンにはたまらない番組となっています。2017年秋には、映画「一週間フレンズ。」に続き、「して、キス」の略称でも親しまれている漫画が原作の映画「一礼して、キス」に、俳優・松尾太陽として出演することが発表された超特急タカシ。重い病と闘いながらも弓道を愛し、主演カップルにとって重要な役割を持つ由木直潔役を演じます。映画「美女と野獣」の公開記念イベントでは、「鑑賞中ずっと愛のすばらしさを考えていた」と語り、“メンバーいちロマンチック”と紹介された超特急タカシですから、恋愛映画での演技はお手の物でしょうか?俳優としての活動も加速し始めた超特急タカシこと松尾太陽は、映画だけではなく、ドラマにも進出して行きそうな勢いで、これからの成長がますます楽しみです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る