内田朝陽は森昌子に声をかけられ芸能界入り!結婚した嫁は東大卒!

内田朝陽は森昌子に声をかけられ芸能界入り!結婚した嫁は東大卒!出典:https://matome.naver.jp

内田朝陽は森昌子に声をかけられ芸能界入り!学歴や生い立ちは?

内田朝陽は実家の店で声をかけてくれた森昌子と朝ドラで共演していた!

内田朝陽(うちだあさひ)は、2007年に放送されたNHKの連続テレビ小説「どんど晴れ」で、比嘉愛未演じるヒロイン夏美の夫・加賀美柾樹役を演じてブレイクした俳優です。2007年7月に出演した「笑っていいとも!」のテレフォンショッキングで明かしたところによると、内田朝陽が芸能界入りしたきっかけは、歌手の森昌子に芸能事務所のオーディション参加を勧められたことでした。

内田朝陽の実家は「ラミーズ六本木」というフレンチレストランを営んでおり、オーナーシェフの父親は、帝国ホテルで腕を振るっていたこともあるという人物。森昌子はこの店の常連客だったそうです。高校3年生だった17歳の内田朝陽は、2000年2月、見事オーディションに合格。その7年後、「どんど晴れ」でヒロインの母役を演じた森昌子とは、義理の親子という役で共演も果たしました。声をかけた森昌子の目に狂いはなかったようです。

内田朝陽の生い立ちや学歴!不登校だった過去や英語力が高い理由とは?

内田朝陽は、レストラン経営という実家の職業柄、両親が夜でも家におらず、幼いころから寂しい気持ちを抱えていたと言います。親の帰りを待つ時間に、寂しさや悲しさを文章などで表現することで発散させていたという内田朝陽。目に映る自然や、日々の生活から受けたインスピレーションを感性豊かに膨らませ、詩を綴るようになっていきました。

いじめに遭い、小学校に行けない日々もあった中、7~14歳までに綴られた素晴らしい文章の数々は、「もしもお月さまがさくらのようなももいろで」という児童書になって出版されているほどです。中学からは、英語教育に注力している千葉県の私立中高一貫校・暁星国際学園に進学。

スポンサーリンク

小学生の頃から通っていた英会話スクールや、高校で熱心に勉強に励んだ成果もあって、内田朝陽の英語力は、10代にして単身でアメリカへ遊びに行けるほどの高さだったとか。学力は十分高いと思われますが、高校在学中にオーディションに合格したこともあってか、大学へは進学していません。

内田朝陽の元カノは深田恭子だった!結婚した東大卒の嫁とは?

内田朝陽が深田恭子と付き合うことはデビューの時から決まっていた!?

内田朝陽が、週刊誌「FRIDAY」に、深田恭子との熱愛交際の現場を写真に撮られたのは2005年10月のこと。深田恭子を車で迎えに行った内田朝陽は、実家「六本木ラミーズ」で友人を交えて複数人で食事をした後、2人きりで深田恭子の自宅マンションに向かい1泊。翌日の昼過ぎに出掛けた内田朝陽と深田恭子は、お揃いのパーカー着用というペアルック姿で、麻布十番商店街を手つなぎデートしたと報じられました。

熱愛報道はこの一度きりでしたが、そもそも2000年に内田朝陽が芸能界入りを果たしたのは、深田恭子主演の映画「死者の学園祭」の相手役を選出するための「21世紀ムービースターオーディション」に合格したためです。1万7404人もの男性の中からグランプリに選ばれた内田朝陽の映画デビューは、当然、深田恭子の相手役。

スポンサーリンク

それ以降も「ファイティングガール」や「First Love」「富豪刑事」など多数のドラマで共演してきました。東山紀之や玉木宏らイケメン俳優と浮名を流しまくっていた深田恭子と内田朝陽の熱愛は、デビューの時から決まっていたのかもしれません。

内田朝陽が結婚した嫁は東大卒!馴れ初めや結婚生活は?

内田朝陽の結婚が報じられたのは2014年のことでした。お相手は、内田朝陽よりも7歳年下の明るくて笑顔の可愛い一般人で、東京大学農学部を卒業後、三重県で地方公務員として勤務していた才女です。内田朝陽と妻の出会いの地は2012年7月のロシアでした。

ロケの仕事でモスクワを訪れた内田朝陽と、母親と旅行に来ていた妻が運命的な出会いを果たし、帰国後に交際を開始。東京と三重という遠距離恋愛ながら、国内外への旅行や美術館巡りなどの休日デートを重ね、2013年10月に内田朝陽からプロポーズし、2015年1月に入籍した後、3月に挙式披露宴が開かれました。

現在は、子供にも恵まれている内田朝陽。インスタグラムでは、ギター片手に楽曲制作に励む内田朝陽の足元で可愛らしい長男が機材に触れる写真や、公園で遊具に乗って遊んでいる写真などを見ることができます。

内田朝陽は多才な俳優!酷いいじめを受けていた?!

内田朝陽が小学校の頃に抱いていた将来の夢は、シェフかミュージシャンでした。父親の跡を継ぐべく料理の修行をしていたこともあり、料理の腕は一流です。バンドでギターボーカルもしていた内田朝陽は、曲作りの才能も開花させており、大人気ゲームのPC版「モンスターハンターオンライン」のBGMや、中川翔子の「Candy Girl」では作曲を担当。書籍化されるほどの少年時代の詩作や、高い英語の語学力など、実に多才な俳優だと言えるでしょう。

昼ドラ「花嫁のれん」で演じた職人の藤沢良樹役や、アジア公開もされた舞台「NARUTO」の桃地再不斬役など、演技の評価も高い内田朝陽ですが、連続ドラマの撮影現場を酷い理由で降板させられた過去があります。2016年1月から放送されたNHK-BSドラマ「鴨川食堂」に、寿司職人の福村浩役でレギュラー出演が決まり撮影に臨んでいた内田朝陽は、共演者で大御所俳優のショーケンこと萩原健一のいじめの対象になってしまったとか。

萩原健一が撮影現場で若手俳優をいびるのはよくあることだそうですが、この作品で11年ぶりにドラマ復帰したショーケンは、その話題性からくるプレッシャーや京都弁の演技がうまくいかないイライラを現場で発散。内田朝陽は「使えない奴」などと毎日暴言を吐かれ、「内田朝陽を降板させないのなら俺は出ない」とすっかりターゲットにされてしまったと言います。

その後、萩原健一が2カ月も雲隠れしてしまうと、放送スケジュールに間に合わないという理由から、内田朝陽はやむを得ず降板させられることに。内田朝陽は、「役者生命が終わった」と、自死すら匂わすほどの悲観的な言葉で友人に心情を漏らしていたそうです。しかし、内田朝陽の豊かな才能がこのようなことで潰えるわけがありません。愛する妻と子供のためにも、これからも末永く、多才な活動を続けていってほしいものです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る