内村光良(ウッチャン)のいい人話!有吉、さまぁ~ずも内村大絶賛!!高額ギャラでも映画、テレビに引っ張りだこ

内村光良(ウッチャン)のいい人話!有吉、さまぁ~ずも内村大絶賛!!高額ギャラでも映画、テレビに引っ張りだこ

内村光良(ウッチャン)のいい人話 有吉やさまぁ~ず、ベッキー、中居正広が大絶賛の理由

内村光良のいい人話 後輩芸人に慕われる理由は生い立ちにあった?

今や芸能界の大御所となったウッチャンナンチャンのウッチャンこと内村光良。

彼ほど人望の厚い芸人はいないと言われています。誹謗中傷、浮き沈みの多い芸能界でどうして内村光良はこれほど人に慕われるのでしょう。それはどうやら、彼の生い立ちと深い関係がありそうです。
内村光良は熊本県人吉市出身。子供の頃から運動神経に優れ、水泳、野球、ソフトボールに剣道と水陸両刀の万能選手でした。運動神経が抜群と言うだけでも周囲から羨望の的だった内村光良ですが、優れていたのは運動能力だけではありません。小学校の頃には児童会長、中学の時は生徒会長を務めるなどリーダーシップに長けていました。この頃からすでに、ウッチャンの真骨頂「人を導き育てる能力」に秀でていたのです。

内村光良の人柄を有吉、さまぁ~ず、ベッキー、中居正広らが大絶賛

かつては芸能界の地獄を経験した超売れっ子毒舌芸人、有吉弘行。彼が再度ブレイク出来たきっかけもウッチャンの番組からでした。有吉本人もそれは認めており、内村光良には一切毒を吐かないことがリスペクトの深さを物語っています。後輩に対しての面倒見の良さが半端ないと評判の内村光良。後輩芸人のさまぁ~ずは「内村さんは見て学ばせてくれるだけではなく、芸人のいいところを探してくれる」と二人で大絶賛。共演したベッキーは「身体を張る出川さんに、無理してやらないよう事前にメールを送っていた」と内村光良の温かい気遣いに感動。辛口コメントの多いスマップの中居正広さえも「ウッチャンって、本当に神様みたいなんだよね」と唸るように語ったほどです。

内村光良年収3億円越え!視聴率の高さでドラマに映画、テレビに引っ張りだこ

内村光良 テレビ出演料の高さは半端じゃない

今年51歳を迎えるベテラン芸人、ウッチャンナンチャンのウッチャンこと内村光良の勢いが止まりません。単にレギュラーの数だけ見ると、マツコや有吉の方が多いのですが、そこは経験がモノを言う芸能界。内村光良ほど芸歴のある芸人でこれほどレギュラー番組を持っている人は他におらず、年収では明石家さんまやダウンタウンよりも上ではないかと噂されています。内村光良のメイン司会番組をざっと並べてみても『内村さまぁ~ず』『そうだ、旅に行こう』『LIFE!~人生に捧げるコント~』『笑神さまは突然に……』『スクール革命』『世界の果てまでイッテQ』『見破れ!!トリックハンター』など7本も。これに特番が加わるわけですから、まさに超売れっ子。「年収は3億円超え」と噂されてもおかしくありません。おまけに今年の秋から民放でさらに2本レギュラーの予定があるとか。どこまでレギュラー数を伸ばしてしまうのか。この勢いは驚愕としか言いようがありませんね。

スポンサーリンク

内村光良 視聴率の高さでドラマ・映画にも引っ張りだこ

内村光良に次々とオファーが来る最大の理由は、面白い番組を作る「プロデュース力」にあると言っても過言ではありません。潜在視聴率は10.1%と言われ、くりいむしちゅーのように番組の中で改名させてブレイクさせたり、キャイ~ンのウド鈴木、千秋、ネモトなど内村光良のアシストで売れっ子になった芸人は数知れず。何より人望の厚いウッチャンですから、共演オファーを断る芸人がいないことが、実は一番の理由かも知れません。また、彼の才能はテレビだけでなく映画やドラマの世界でも存分に発揮されています。初出演映画「七人のおたく」で山口智子と「木更津キャッツアイ」では岡田准一、「恋人はスナイパー」で水野美紀、最近では長澤まさみ主演の「ボクたちの交換日記」など共演者も超一流です。5月放送スタートのプレミアムドラマ「ボクの妻と結婚して下さい」では、何とNHKドラマに初主演!ウッチャン演じる主人公の放送作家が突然余命6ヶ月と宣告されてしまい、妻の再婚相手を探すというハチャメチャな終活ストーリー。どんな結末になるのか楽しみですね。

内村光良がテレビに引っ張りだこの理由は「人間力」に在り!

最近、「人が人を育てなくなった」という話をよく聞きます。インターネットやスマホの普及が子供たちに悪影響を及ぼし、コミュニケーション能力を低下させると問題になっていますが、本当にそれだけが原因なのでしょうか。「大人も褒めよう」テレビのCMにもありましたが、人から褒められて嫌だと思う人がいるでしょうか。人から必要とされてやりがいを感じない人がいるでしょうか。
けれど、この「人を褒める」「相手の力を認める」これが簡単なようでなかなかに難しいのです。それが、出る杭は即座に叩き潰さないと生きていけない厳しい芸能界なら尚更そうでしょう。けれど、そんな芸能界の中で「人の能力を引きだし、育てる」この半端ない偉業が出来る芸人、それが内村光良なのです。だから彼は多くの後輩芸人から慕われ、その結果が高視聴率とレギュラー番組への相乗効果に繋がっているのです。では、彼に生まれ持ったカリスマ性があったのでしょうか。答えは「ノー」だと思います。なぜなら、内村光良は今もって努力を怠らないからです。今回のNHKドラマ初出演で「いろいろな意味で自分を見つめ直し勉強する機会を与えてもらった」彼ほどのキャリアがありながら、このように謙虚にコメント出来る芸人がいるでしょうか。この姿勢があるからこそ、後輩芸人たちも付いていくのではないでしょうか。
内村光良の持つ能力を一言で例えるなら「人間力」という言葉がぴったりだと思います。今の世の中に一番欠けていて、一番必要な力、それこそが「人間力」と言えるのではないでしょうか。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る