植木理恵(ホンマでっか出演)の離婚した旦那は?生い立ちやろれつ、DV疑惑とは?講演会、著書、恋愛相談室の評判

植木理恵(ホンマでっか出演)の離婚した旦那は?生い立ちやろれつ、DV疑惑とは?講演会、著書、恋愛相談室の評判

植木理恵の離婚した旦那は?生い立ちやホンマでっか出演時に心配されたろれつ、DV疑惑とは?

植木理恵の生い立ちは優等生のちょっと変な子!

植木理恵の告白によると、小学校時代は先生からちょっと変な子と言われていたそうです。
確かにホンマでっか出演時の植木理恵を見ると、視点が独自的すぎますからね。そのため植木理恵は中学生時代は優等生になろうと必死で勉強したようです。
自分の独特の感性をあまり見せないようにして友達や先生との距離を置いたのです。当然自分の本当の姿を押し殺しているわけですからストレスがたまります。
結局、植木理恵は体調不良で倒れてしまいます。「テストの問題で1問目が解けないと次に進めないようなところがあった」と自分の変な性格についてコメントしています。

体調不良を直すため植木理恵は医者にかかりました。医者は「朝、紅茶にジャムを入れて飲むといいよ」と言ったそうです。
植木理恵はこれじゃあまるで子どもだましだと思ったそうです。「もう誰も分かってくれないんだ。心の問題に医療はついてきてないんだ」と感じたそうです。
そのため自分で心理学を学んで自分の心の問題を解決するしか道はない!と考えて、一生懸命心理学を勉強するわけです。

当然偏差値はどんどん上がりお茶の水女子大学、東京大学大学院で心理学を学びます。今は慶應義塾大学講師ですし、都内の総合病院心療内科で臨床心理士になっています。
植木理恵は苦しい自分の生い立ちを生かして成功した実例なのですね。

スポンサーリンク

植木理恵離婚した「旦那」はどんな人?

植木理恵はお茶の水女子大学卒、東京大学大学院心理学コースを卒業した心理学者です。出演しているバラエティ番組「ホンマでっか!?TV」での共演者の中でも、40代に見えない容姿と可愛らしさで番組に華を添えています。

共演者の門倉貴史から“告白”された時に、2013年末に結婚していたことを告白。門倉貴史が「早く言ってよ」と言いたくなる気持ちも分かります。

実は、植木理恵は2008年に一度結婚をしていて、今回の結婚は2度目。旦那さまは一般の方ということで詳細は不明です。一説には、植木理恵の旦那はテレビ関係者ではとも言われています。
そんな植木理恵がホンマでっかTVで離婚したことを告白しちゃいました。ただ離婚原因については明確には話していません。離婚時期は「具合が悪くなった時期」だそうです。
DV疑惑がは2014年の6月ごろで、結婚したのが2013年末ですから、もしかすると結婚生活は半年間だけだっあのかもしれませんね。

植木理恵に結婚生活に向いてなくて離婚!?「ろれつ」「DV疑惑」が原因?

植木理恵は、番組内で、結婚生活について「楽しい結婚生活をしています」と報告していました。けれども、結婚を告白してからの植木理恵が、眼帯をしてあらわれたり、テレビの収録に泥だらけで現れたりと、「大丈夫なの!?」「一体、何があったの!?」と思われてしまうことが続いたことから、「DV疑惑」が浮上しました。

スポンサーリンク

さらに2014年9月の「ホンマでっか!?TV」の放送では、「ろれつ」が回らないことがあって、DVによる暴力からの脳梗塞では!?とファンを本気で心配させてしまいました。

心配された「ろれつ」問題も、現在では解消され大事には至ってはいませんが、旦那さまが一般の方で、プライバシーを保護しようとするあまり、要らぬ心配を招いてしまったようですね。ご本人が「楽しい結婚生活をしています」と言っているので、それを信じて見守っていたのですが、マツコも言っていた通り、植木理恵は結婚生活に向いていない性格だったんでしょうね。

植木理恵 講演会、著書、恋愛相談室の評判

植木理恵の講演会が人気!どうしたら講演会にいける!?植木理恵の著書も多数!!

植木理恵の講演会は年間80回程度行われています。月平均で6~7回のペース。主に企業、労働組合、地方自治体、学校関係、病院などで行っているのでなかなか講演会の情報が分かりにくいかもしれません。

「人生が面白くなる心理学」などをテーマに、心理学に詳しくない参加者にとっても興味が持ちやすく親しみやすい内容で、講演会を聞いた人からは好評のようです。植木理恵の講演会は人気が高く、席がすぐになくなってしまうようなので、参加したい講演会の情報をゲットしたらすぐに席を確保しておかなければなりません。

講演会には出かけられないけれど興味があるという方は、植木理恵の著書を手に取ってみてはいかがでしょうか?植木理恵の多数の著書の中から独断と偏見を持ってベスト3を勝手に決定!

第3位は「ウツになりたいという病」(集英社新書)。「ウツ」ではなく「ウツもどき」に対する処方箋。思い込みは怖いということを再確認できる本です。

第2位は「フシギなくらい見えてくる!本当にわかる心理学」でこちらは、心理学の学習者向け。けれども、心理学を勉強していなくても理解できるように書いてはあるので、一般教養でしか心理学を学んでいない方でも分かった気分を味わることでしょう。

第1位は「シロクマのことだけは考えるな!人生が急にオモシロクなる心理術」(新潮文庫)。日常のあらゆる出来事に応用できそうな、とても興味の持ちやすい事例から心理学を教えてくれます。

他にもたくさんの著書が出ていますので、自分の興味や悩み事にピッタリな本に出合えると良いですね。

植木理恵の恋愛相談室の評判は!?効果は期待出来そう!?

植木理恵のオンライン恋愛相談室では、「オンナ部屋」「オトコ部屋」に分かれています。それぞれ、女性からの相談、男性からの相談に個別に対応し、恋愛や結婚の相談に乗ってくれるシステムです。

心理学者らしく、客観的に、時には鋭利な意見を提示しているため、現在とても人気があります。2013年に結婚した自身の経験も踏まえて、相手にとって何が必要か的確なアドバイスがもらえると評判!相談に対して、タイムリーな返事がもらえるのも嬉しいところ。

相談するだけで「気持ちが軽くなる」のが一番の特効薬のようです。無料版アプリ「恋愛♡ドリル」も、ゲーム感覚でシチュエーションを選んでシミュレーションができるので、楽しみながら悩みを解決できそうですよ。ちょっと悩んだ時には、気軽に「相談室」を訪れて気持ちを軽くしてみてはいかがですか?

植木理恵 話題の映画「インサイド・ヘッド」の公式コンテンツを監修!!

植木理恵が、ディズニー・ピクサー最新作映画「インサイド・ヘッド」の公式スマホコンテンツ「あなたグラフ診断」の監修を担当しました。

大抜擢された植木理恵は、心理学者、臨床心理士の経験と実績から、上から目線で映画を見るつもりだったそうですが、実際に見終えた後は、余裕を吹き飛ばされたと大絶賛!!

映画「インサイド・ヘッド」はその名の通り、「頭の中」に存在する5つの感情による物語。「ヨロコビ」「イカリ」「ムカムカ」「ビビリ」「カナシミ」の、どの感情が自分の中心的なポジションにあるのかが「あなたグラフ診断」でチェックできます。

映画を見る前に診断して、映画を見た後に診断が変わるか試してみるのも面白そうです。心理学に対して興味があるけれど、医療機関を訪れるのはちょっと気おくれがしますよね。

もちろん、不用な偏見はなくしていかなければなりませんが、心理診断が気軽にオンラインなどでできてそのことによって気持ちが軽くなるのであればこんなに良いことはありません。講演会、著作、オンライン相談室に、相談アプリ……植木理恵のような著名な心理学者の知識を手軽に得られるチャンスを利用しない手はありません。

植木理恵には、気軽に相談に乗ってくれる保健室の先生のように、これからも日本中の心のデトックスのお手伝いして欲しいです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る