牛窪恵の結婚、夫、子供は?ブログプロフィールが少々面倒くさいことになっている?!

牛窪恵の結婚、夫、子供は?ブログプロフィールが少々面倒くさいことになっている?!

牛窪恵の結婚、夫、子供は?ブログプロフィールが少々面倒くさいことになっている?!

牛窪恵の結婚、夫、子供は?「ホンマでっか!?TV」で活躍中!

牛窪恵とは、1968年1月1日生まれの47歳のマーケティングライター。近年、マーケティング評論家としての活動で有名になりました。現在の牛窪恵は、有限会社インフィニティ代表取締役をしており、財務省財政制度等審議会専門委員や、経済産業省・ライフエンディングPJメンバー、日経MJ広告賞選考委員などを務めています。流行語大賞にノミネートされるなど、時代時代のトレンドを捉える事に長けている牛窪恵。

プライベートについては、現在結婚しておらず未婚なので、牛窪恵には夫も子供もいません。浮いた話もありませんから、仕事を第一に恋愛は後回しなのかもしれませんね。現在は、明石家さんまが司会を務める「ホンマでっか!?TV」に出演しています。

牛窪恵のブログプロフィールが少々面倒くさいことになっている?!年齢より若く見える!

民放に進出したことで知名度がさらに高まった牛窪恵ですが、ブログプロフィールが少々面倒くさいことになっているようです。47歳、しかもマーケティング評論家ともなれば、ブログのプロフィールもそう派手ではなさそうなものですが、牛窪恵は違います。性別の欄には、「いちおう女性……のつもり」と書いてあったり、誕生日は「もろバブル世代、のアラフォー♪」など、牛窪恵のブログプロフィールは、コメント一つ一つがクドいのです。

コメントがクドいだけではなく、ところどころデコっていたりと、一見バリバリと仕事しているキャリアウーマンのプロフィールとは思えません。言われてみれば、牛窪恵は、47歳とは思えないほど美人。この美しさは、内面からにじみ出る、抑えられない若さからくるものなのかもしれませんね。ただ……やはり、47歳にしては少々面倒くさいブログプロフィールであるのもまた事実です。

スポンサーリンク

牛窪恵の父親の職業は?著書、世の中に広めた言葉の数々!

牛窪恵の父親の職業は?家庭環境が難しかった!

牛窪恵の父親である牛窪正弘の職業は、フジテレビのドラマ演出家及びディレクター。演出した代表作は1980年に放送された「翔んだカップル」や、1982年に放送された「ねらわれた学園」など、いずれも大ヒット作品です。1991年に「イカれた主婦の反乱」を演出して以降、牛窪正弘の演出作品はありませんので、今は73歳ということもあり、現場からは引退しているのかもしれません。

牛窪恵は子供の頃から、父親にスタジオに連れていかれて、仕事の感想を求められたと語っています。父親の牛窪正弘は普段は家におらず、スーツや小物などに毎月40万円以上も使い、生活費のことを尋ねた妻に逆切れしたなどというエピソードも伝えられています。牛窪恵が未婚の理由、ここにもありそうな感じですね。

牛窪恵の著書、世の中に広めた言葉の数々!どれも多くの人が知る言葉!

牛窪恵には、自身の著書や、マスメディアでの発言を通して、世の中に広めてきた数々の言葉があります。まず代表的なのが「おひとりさま」。これは2004年に日本経済新聞出版社より発売された「男がしらない「おひとりさま」マーケット」で使った言葉です。「おひとりさま」は、その後、新語・流行語大賞に最終ノミネートされ、現在も一般的に使われるようになりました。

スポンサーリンク

この他にも、2006年に同じく日本経済新聞出版社より発売された「独身王子に聞け!」からは「独身王子」、2008年に講談社より発売された「草食系男子「お嬢マン」が日本を変える」より「草食系男子」、「年の差婚の正体 なぜ同世代に惹かれないのか」(扶桑社)より、心理学者諸富祥彦との共著で「年の差婚」。このように牛窪恵は、今もなお、根強く使われ続けるたくさんの生きた言葉の生みの親なのです。

牛窪恵の今後は!? マーケティングライターとして新しい言葉を生みだしていく!

牛窪恵は2015年9月26日に新著「恋愛しない若者たち コンビニ化する性とコスパ化する結婚」をディスカヴァー・トゥエンティワン社より発売しています。タイトルからして非常に興味深い本書の内容は、ちょっと冷めた若者たちをそのまま見過ごさず、彼らの新しい価値観に応える新たな恋愛観の枠組みを年長世代が作ろうという意欲的なもの。新書でも、新たな世代の新しい流れを受け入れつつ、巧く流行を作りだそうとする牛窪恵の姿勢はさすがの一言です。それに目を付けて「ホンマでっか!?TV」に起用したディレクターも、先見の明があったと言えるでしょう。

47歳という年齢を感じられない牛窪恵は、若々しい外見だけでなく、心も思考も軽やかです。時代の流れを読み、的確な言葉を作りだすことが牛窪恵の天職なのではないでしょうか。世代が違うと異質に見えるものでも、丹念に見つめることで、時代の真実を見出す牛窪恵。数々の流行語を生み出した牛窪恵の著書は、その時代時代の流れを教えてくれます。今度はどんな流行語を打ち出してくるのか、牛窪恵の動向が非常に楽しみですね!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る