宇都宮隆は結婚歴なくとも隠し子がいた!?膵臓の病気で激ヤセが心配

宇都宮隆は結婚歴なくとも隠し子がいた!?膵臓の病気で激ヤセが心配出典:http://www.kakugo.tv

宇都宮隆は結婚歴なくとも隠し子がいた!?膵臓の病気で激ヤセが心配

宇都宮隆はいまだに結婚に関する発表はなし!隠し子報道で冷酷な父親のイメージが……

宇都宮隆は、TM NETWORKのボーカルとしての隆盛期を過ぎた今でも、結婚の情報を明らかにしておらず、既婚者なのか独身なのかは不明となっています。還暦を目前にして結婚発表がタブーというわけでもなさそうですから、現在は独身なのかもしれません。

そう言うと、宇都宮隆がスキャンダルとは無縁の芸能生活を送ってきたように聞こえますが、過去には、”隠し子がいる”といった記事が週刊誌に掲載され、ファンを卒倒させたことがありました。記事によると、宇都宮隆は、TM NETWORKが売れる前に交際していた女性を妊娠させており、非嫡出子として男児が生まれたそうです。

幼い頃、男児は”父親は宇都宮隆”と自慢していたそうですが、グレた挙句に自殺。宇都宮隆は、息子を捨てただけではなく、葬儀にも顔を出さなかった酷い父親、といった論調でした。この他にも、”亡き俳優・蟹江敬三の娘・栗田桃子を妊娠・中絶させた”という黒い噂もありますが、プレイボーイへのやっかみから出た誹謗であることを願います。

宇都宮隆の膵臓の病気は大丈夫なの?思わぬ激ヤセぶりに心配の声が

宇都宮隆は、2013年4月に膵臓の腫瘤摘出手術を受けています。このため、翌月に予定されていたコンサート「TM NETWORK FINAL MISSION-START investigati8on-」が延期となりました。幸い、宇都宮隆の膵臓の腫瘤は良性だったようで、同年7月には、延期していた公演を開催することができ、ファンもひと安心。

スポンサーリンク

そう言いたいところでしたが、ステージに登場した宇都宮隆の激ヤセぶりは、「おじいちゃん化した」「顔色が癌患者そのものだった」と、不安の色が広げることとなりました。もともと太りやすい体質だった宇都宮隆は、TM NETWORKが全盛期だった1980年代後半も少しふっくらしていました。

TMNに改名後の活動休止、1999年の活動再開を経て、激太りが話題となった時期もあっただけに、落差も大きかったのでしょう。しかし、復帰コンサートでは、本調子ではなかったにもかかわらず、ダンスまで披露する回復ぶりをみせています。最近でも、「体力的にキツイ」と言いつつ、音楽活動を続けている宇都宮隆。病気云々よりも、年齢的な衰えと考えたほうがいいのかもしれません。

宇都宮隆の声や歌唱力に賛否両論?TM NETWORK時代のダンスが衝撃!

宇都宮隆は甘くセクシーな声が魅力的!歌唱力はハッキリ言って音痴かも!?

宇都宮隆のボーカルあってのTM NETWORKと言っていいほど、甘くセクシーな声は、類を見ない支持を集めてきました。個性的な声であるがゆえの好き嫌いはありそうですが、歌唱力には、”音痴”という厳しい意見も挙がっています。そのため、”声ありきのボーカル”と見られがちですが、その理由は、TM NETWORKの楽曲にあったようです。

スポンサーリンク

小室哲哉が作曲を手掛けるTM NETWORKの楽曲には、譜割りが細かく、劇的な転調が多く見られ、当時から、J-POP界でも1~2位を争う難曲として知られていました。どれも宇都宮隆が持つ本来のキーを超えており、自分のものにするまでに、かなりの時間を要したようです。

木根尚登作曲の楽曲や、後期の作品が比較的落ち着いているのは、そのためだと思われます。かなりの苦労があったはずですが、10歳の頃からの親友だった木根尚登によると、宇都宮隆は、文句の1つも言わず、突き付けられる難曲を受け入れてきたのだとか。宇都宮隆の歌唱力が抜群と断言することはできませんが、この姿勢には、ボーカリストとしての天分を見ることができます。

宇都宮隆のTM NETWORK全盛期のダンスが独創的だった!”宇都宮体操”の衝撃とは?

宇都宮隆の歌声は、唯一無二といっていいくらいの個性を感じさせられますが、TM NETWORK全盛期のダンスには、一度観たら忘れられない強烈なインパクトがありました。1980~1990年代、日本音楽シーンの最先端を走り続けてきたTM NETWORKは、ボーカルである宇都宮隆のステージングに、外国人振付師が手掛けるダンスをいち早く取り入れています。

その振り付けが、あまりにも独創的すぎたことと、尋常とは思えない高速クネクネステップへの敬意から、”宇都宮体操”と命名され、今日に語り継がれることとなりました。中でも有名なのは、TM NETWORK最大のヒット曲「GET WILD’89」のイントロ部分の”種まきダンス”でしょう。

しかし、その2年前に発売された「COME ON EVRYBODY」こそ、”宇都宮体操”の集大成といえるかもしれません。数人のバックダンサーを従え、唐突に中腰になり、左右へテケテケと移動を繰り返す様子は、まるで海老。何を表現したものかは全く分かりませんが、この動きを伴って生歌唱していたことに驚かされます。

宇都宮隆の伝説は続く!「勇者ヨシヒコと導かれし七人」サプライズ出演にファン熱狂!

宇都宮隆は、TM NETWORKが隆盛を誇った1980~1990年代に青春を過ごした中年層にとって、今や伝説的存在となっています。そんな宇都宮隆が、2016年11月18日放送のドラマ「勇者ヨシヒコと導かれし七人」の第7話の”オチ”として、サプライズ登場しました。

腐った死体に扮した木根尚登と、ベビーサタン姿の宇都宮隆のW出演とあって、TM NETWORK古参ファンならば見逃してはならない、贅沢過ぎる神回だったと話題になっています。宇都宮隆は、1990年のドラマ「誘惑」「キモチいい恋したい!」をはじめ、ミュージカルの舞台や、TM NETWORKでもドラマ仕立ての楽曲で演じるなど、多岐に渡る活動を展開してきました。

2005年から始動したユニットU-WAVEでも、そうそうたるメンバーを引き連れ、ネット配信を中心に、芝居やコントを融合させた音楽を提供しています。あえて演技力には言及しないとしても、人を惹きつける謎の魅力を持つ宇都宮隆。小室哲哉の存在感が強烈だったTM NETWORKも、宇都宮隆なくしては、伝説のユニットとして語り継がれることはなかったでしょう。

宇都宮隆の膵臓の病気が発覚した際には、「TM NETWORKは終わるかもしれない……」と、ファンは悲壮感に包まれたものです。しかし、2016年9月には、宇都宮隆率いる6人編成のバンド・T.UTSU with The BANDが24年ぶりに復活したことで、ファンの不安も完全に払拭されたはず。ベストアルバムを引っ提げ、11月18日には全国ツアーを完遂した宇都宮隆には、59歳にして、まだ失速するつもりはなさそうです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る