WANIMAは熊本弁ロックパンクバンド!ギターメンバーKO-SHINは元自衛隊員

WANIMAは熊本弁ロックパンクバンド!ギターメンバーKO-SHINは元自衛隊員出典:https://rockinon.com

WANIMAはワンチャンスを狙いまくる熊本弁バンド!LEFLAH(レフラー)のセットアップが人気!

WANIMAの勢いが止まらない!熊本出身の3人組がワンチャンスを狙いまくって大注目!

メンバー全員が熊本県出身で、熊本弁を話す3人組のロックパンクバンドWANIMA(ワニマ)が、紅白歌合戦への初出場を決めるなど注目を集めています。ボーカルのKENTAと、幼馴染でギターのKO-SHIN、2人の2学年上のドラムスFUJIからなるWANIMAは、2010年から活動を開始。パンクというジャンルにとらわれず、前向きでストレートなメッセージを、率直な日本語詞に乗せて高らかに歌い上げ、若者の間で人気を集めてきました。

千葉ロッテマリーンズ鈴木大地選手の応援歌であるWANIMAの「THANX」という楽曲を耳にしたことがある方もいるかもしれません。WANIMAには「1CHANCE(ワンチャンス)」という人気曲もあります。ヤンチャな感じもする歌詞ですが、KENTAによると、真面目に言うのは照れ臭いものの、「1回のチャンスが大切」というメッセージが込められているそうです。

熊本から上京し音楽活動をする中で、ワンチャンスをものにすることの重要性を強く実感したKENTA。ライブで「ワンチャン狙いに来ました、WANIMAです」と自己紹介するなど「ワンチャン」と叫び続けているのも、チャラけた印象とは真逆の真剣な思いが込められているからこそのパフォーマンスなのでしょう。

WANIMAとのコラボが人気!ファッションブランドのLEFLAH(レフラー)とは?

超ポジティブな音楽で人気のWANIMAは、カラフルでド派手なファッションをまとっているイメージがあります。そんな彼らと2012年からコラボレーションしているのが、ストリートファッションで人気のアパレルブランド「LEFLAH(レフラー)」です。

スポンサーリンク

サイケデリックなタイダイなど、かなり個性的なアイテムの並ぶLEFLAHですが、上下お揃いのセットアップやパーカーなどは、WANIMAのメンバーも愛用中。1万円以上するものが多くあるなどお値段はやや張りますが、WANIMAとのコラボ効果もあってか、売り切れするアイテムも続出していると言います。

とはいえ、WANIMAにとってLEFLAHとは、ただのビジネス上のコラボ相手ではありません。彼らの音楽活動が軌道に乗らなかった時に、「諦めるな」と支え、励ましてくれたのがLEFLAHでした。そのため、「天狗になるとLEFLAHに迷惑がかかる」と考えながらコラボを続けているそうです。

WANIMAのボーカルKENTAの足や両腕のタトゥに目を奪われる!メンバーに元自衛隊員も

WANIMAのボーカルKENTAの足や両腕のタトゥに目を奪われる!嫌いな女性のタイプは元カノ?!

WANIMAのボーカルを務めるKENTAこと松本健太は、短パンを履いている時に見える左足のタトゥや、タンクトップを着た時にあらわになる両腕のタトゥが目を引きます。また、金髪のロン毛姿もあいまって、一見するとかなり強面なイメージのKENTAですが、実際は、楽曲と同様に明るくて楽しい性格。

スポンサーリンク

熊本弁で話す素朴な雰囲気や、音楽に向ける真摯な姿勢も、ファンが彼を愛してやまないポイントです。東京に上京するや恋愛にも目覚めた様子のKENTAは、ツイッターで公開されているプロフィールに、好きな女性のタイプを「内臓が綺麗な女性」と書き込んでいます。それ以前は、「よく笑い、タバコを吸わない、ショートで巨乳な京都の女の子」としていたようですが、これはズバリ当時付き合っていた元カノの特徴をそのまま挙げた様子。

京都で開催されたロックフェスで出会ったことがきっかけで付き合うようになったと言いますが、現在は破局しているようです。他にも、2017年からパーソナリティを務めている「オールナイトニッポン0」では、嫌な女性のタイプを「露出したがる」「浮気する」「勝手に犬を買ってくる」等と続け、「全部、俺の元カノ」と明かしています。

WANIMAのギターメンバーKO-SHINは元自衛隊員!バンド名の由来は?

WANIMAでギターを担当しているKO-SHINこと西田光真は、初期からKENTAと活動をしているメンバーで、実家が走ってすぐのところにあるという幼馴染でもあります。家庭の経済事情が厳しく、弟の高校進学を支えるため、2年間は自衛隊に入隊をしていたという逸話を持っています。無口なことでも有名ですが、ステージで見せる笑顔が最高というファンも少なくありません。

もう1人のメンバーは、ドラムス担当のFUJIこと藤原弘樹です。WANIMAに加わるまでは、参加するバンドがことごとく解散し続け、いつからか「クラッシャー藤原」と呼ばれるようになったとか。しかし、WANIMAのブレイクぶりを見れば、FUJIが解散の原因ではなかったことは明らかでしょう。

WANIMAというグループ名の由来は、結成当初のメンバー3人の頭文字から取ったものです。順に、結成当時ドラムスを担当していたワキ君のWAと、KO-SHINこと西田光真のNI、KENTAこと松本健太のMAとなります。その後、FUJIが加入したことから改名も考えましたが、彼の本名である藤原(FUJIWARA)の中にもWAがあるとして、WANIMAのままにしているそうです。

WANIMAが紅白初出場!紅白の先輩・乃木坂46の話も聞いて準備は万端

「ワンチャンス」と叫び、観客を巻き込んで最高の盛り上がりを見せるライブパフォーマンスや、ラジオで展開される熊本弁のトークも人気を呼び、2017年の紅白初出場も決定したWANIMA。自らがパーソナリティを務める深夜のラジオ番組「オールナイトニッポン0」では、ゲストに招かれた紅白出場経験のある乃木坂46の新内眞衣を質問攻めにしました。

WANIMAの関心の的は、会場内の様子や、演歌歌手との共演について。トークが進むうちに、実は人見知りだということを乃木坂46新内眞衣に見破られてしまいましたが、さて紅白歌合戦本番はどうなるでしょうか?もちろん日本全国ばかりか海外でも放送される紅白ですから緊張しないわけはありません。

しかし、これまでワンマンライブや全国ツアーを乗り切ってきた3人組のこと、初めての紅白歌合戦でもいつも通りの大盛り上がりなステージを見せてくれることを期待したいです。彼らのポジティブで熱くまっすぐな歌詞は、若者はもちろん、これまでWANIMAを知らなかった層にも届くことでしょう。

2017年は快進撃を続けたWANIMAですが、KENTAは現状に満足していません。2018年も、メジャー1stフルアルバムリリースや、バンド史上最大規模のレコ発ツアーなど、大きな挑戦が続きます。彼らの本番はここから!どんなにメジャーになっても、人の良さのにじみ出る熊本弁のまま活躍していってほしいです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る