渡部豪太の結婚相手は姉さん女房!大河ドラマ「西郷どん」で弟・吉二郎役で好演

渡部豪太の結婚相手は姉さん女房!大河ドラマ「西郷どん」で弟・吉二郎役で好演出典:
スポンサーリンク

渡部豪太の結婚相手は姉さん女房!親の要望で実家から毎週上京した子役時代

渡部豪太の結婚相手は4歳年上の姉さん女房!出会ったきっかけは?

クルクルとウェーブした髪型が印象的な渡部豪太(わたべごうた)は、1986年生まれで、モデル出身の俳優です。中学生の頃からモデル活動をはじめ、俳優に転身。フジテレビのドラマ「チェケラッチョ!!in TOKYO」や「プロポーズ大作戦」で注目されるようになって以降、数多くの映画やドラマ、舞台に出演を続けています。

そんな渡部豪太が結婚を発表したのは2016年のことです。友人の紹介で出会った一般人女性と、約3年の交際期間を経て結婚に至ったことを発表しました。渡部豪太は、かつてバラエティ番組に出演した際に、「年上の女性が好き」と話していたことがありましたが、お相手の女性もまさにその通りで4歳年上とのことです。

渡部豪太の子役時代は?茨城から毎週上京!

渡部豪太が芸能活動を始めたきっかけは、母親だそうです。「今日は東京へ行きましょう」と母親に誘われるまま向かった先は、芸能事務所のオーディション会場でした。こうしてオーディションを受け、合格した渡部豪太は、「家庭教師のトライ」のCM出演やエキストラからスタートしました。このオーディション合格が渡部豪太の運命を大きく変えることになったわけですが、参加を勧めた母親がステージママだったというわけではなさそうです。

実は、茨城に引っ越したばかりで都心が恋しくなっていた母親は、息子が芸能事務所に所属するようになれば、定期的に東京に来ることができると考えたとか。「いつ辞めさせてもいい」という程度だったようですが、両親の予想を超え、渡部豪太には順調に仕事が舞い込むように。そのため、部活の柔道と両立させながら、毎週ように茨城から通っていました。

スポンサーリンク

渡部豪太の英語力は留学経験の賜物だった!ブロガー役で全国の“ふるカフェ”を訪問

渡部豪太の流暢な英語力は留学経験の賜物だった!

渡部豪太は、特技に英語を挙げています。その英語力は、高校卒業後にカナダに語学留学したことで身に付けたものだそうです。ワーキングホリデー制度を使ってカナダに渡った渡部豪太は、最初の半年を語学学校で過ごし英語を学ぶなどして、トータルで約1年間をカナダで過ごしました。

語学学校に通っている間はできる限り日本人とは話さないなど、自らにルールを課してストイックに英語学習に励み、実践的な英会話を身に着けました。また、カナダ滞在中にのめり込み、毎日のようにやっていたというスケートボードは現在も趣味して続けているそうです。

渡部豪太出演の不思議な番組「ふるカフェ系 ハルさんの休日」とは?

渡部豪太は、2017年に放送されたNHKの「ふるカフェ系 ハルさんの休日」で、全国の古民家カフェ、つまり「ふるカフェ」を巡るブロガーの真田ハルを演じました。日本各地の「ふるカフェ」を訪れては、その店の歴史やオーナーの人柄、名物メニューなどを紹介するハルさん。この渡部豪太演じるハルさんは架空の人物ですが、カフェはもちろん、オーナーやお客さんなど、登場する人々はすべて実在する人々です。

スポンサーリンク

そのため、現実と虚構が入り混じり、ドラマのようなドキュメンタリーのような、少し不思議なテイストを醸し出していた「ふるカフェ系 ハルさんの休日」。全国各地に出没するハルさんは、飄々とした雰囲気のある渡部豪太にぴったりで、まさにはまり役でした。

渡部豪太はNHK大河ドラマ「西郷どん」に出演中!シアタークリエ公演「TENTH」にも登場で大忙し!

渡部豪太の2018年は、NHK大河ドラマ「西郷どん」への出演から始まりました。渡部豪太が演じているのは、鈴木亮平が演じる主人公の西郷吉之助(後の西郷隆盛)の弟・吉二郎役です。子だくさんの西郷家にはさらに下に弟の信吾もおり、こちらは錦戸亮が演じています。一見タイプが全く違うように思われる3人ですが、実はそろって垂れ目という共通点が!

そのためもあってか、回を追うごとに段々兄弟らしく見えてきます。優しくお人好しな吉之助に振り回される弟役を好演している渡部豪太。大河ドラマだけでも大変でしょうが、1月には、シアタークリエの10周年を記念した公演「TENTH」にも出演していました。

これまでにシアタークリエのステージに登場したことのある俳優たちが集結し、3週間にわたって行われた週替わりの記念コンサートの3週目に登場しました。2013年に出演したミュージカル「ZANNAザナ ~a musical fairy tale~」で使用した楽曲を、高垣彩陽や岡田亮輔ら当時の共演者たちとにぎやかに歌いあげています。主要キャストは高校生役だったため、「皆が高校生に見えるうちにできるだけ早くこのメンバーで再演を」というコメントが飛び出すなど、同窓会のような感じも漂う素敵なコンサートとなったようです。

「1日1個、新しいことをする」と心掛けながら過ごしているという渡部豪太は、ドラマや映画、CM出演はもちろんのこと、舞台で歌うことやナレーションなど、活躍する場をどんどん広げています。「昨日の自分より今日の自分は豊かになっている」、そんな日々を積み重ねていくことで、渡部豪太の演技は今後さらに豊かさを増していくことでしょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る