渡辺徹 糖尿病で入院、透析中?体重、食生活、病状は?ダイエット、リバウンドと苦戦の日々を支える家族とは?

渡辺徹 糖尿病で入院、透析中?体重、食生活、病状は?ダイエット、リバウンドと苦戦の日々を支える家族とは?

渡辺徹 糖尿病で入院、透析中?体重、食生活、病状は?

渡辺徹、糖尿病で入院!?透析!?

30歳の頃、渡辺徹は、糖尿病で緊急搬送されました。そこから始まった糖尿病の闘病生活。次に渡辺徹が入院したのは2012年4月。3月中旬から動悸と疲労感を感じ、自宅療養を始めていた渡辺徹でしたが、精密検査をしてみると、なんと心筋梗塞が見つかり手術となってしまったのです。

この時は、幸い、小さな毛細血管が血液を送ることができていたので、かろうじて助かったものの、すぐに心臓が止まってもおかしくない状況だったといいます。それから10カ月後、今度は、今度は事前に仕事をキャンセルして緊急入院した渡辺徹。

原因は、急性すい炎でした。すい炎も、糖尿病が無関係ということではないとのこと。この緊急入院時は、2、3日点滴等の処置を受けて退院したそうです。このように、渡辺徹は糖尿病を皮切りに、ここ数年は入院も少なくありません。そして現在。渡辺徹は人工透析を週3回受けているようです。

渡辺徹、体重は!?食生活は!?病状ってどうなっているの!?

デビュー当初、渡辺徹の身長は180cm、体重72kgと、スリムで甘いマスクのイケメン俳優でした。それから気付くと、渡辺徹の身体はどんどん大きくなっていきました。なんと渡辺徹のMAX体重は130kg。糖尿病で倒れた時、渡辺徹の食生活は1日6食だったいいます。

スポンサーリンク

食生活の内容としては、何にでもマヨネーズをつけ、カルピスは原液で飲み、炭酸飲料は1日9リットルといった感じだったのだとか。その結果、摂取カロリーは、一般男性の3倍以上だったそうです。

まさに暴飲暴食が招いた結果が、渡辺徹の糖尿病なのでしょう。かなり心配な渡辺徹の病状ですが、心筋梗塞で入院した際に「ついでだから」と全て検査をし、心臓以外は健康だと分かったそうです。今は3カ月に1回、糖尿病のことでちゃんと受診をし、健康管理に気を配っている渡辺徹なのでした。

渡辺徹 ダイエット、リバウンドと苦戦の日々を支える家族とは?

渡辺徹のダイエットからのリバウンド!

糖尿病で倒れてから、渡辺徹の本格的なダイエットが始まりました。1987年頃は、酢の物ダイエットです。このダイエットにより130kgから90kgに体重を落としましたが、その後120kgまでリバウンド。

スポンサーリンク

2001年頃は、ドカ食いダイエットに挑戦。見事120kgから85kgまで体重を落としますが、やっぱり95kgまでリバウンド。2009年はゴムチューブダイエットで95kgから83kgになります。そして……101kgまでリバウンドしてしまいました。

2011年頃は、シュガーコーンダイエットで101kgから91kgに。そこからさらに2013年頃、ゴムトレーニング・ダイエットで80kgまでの減量に成功。ダイエット初期の頃こそ、痩せてはリバウンドを繰り返してはいた渡辺徹ですが、ダイエット成功率が100%なのは凄すぎますね。

渡辺徹、リバウンドに苦戦!日々を支える家族!

何度もダイエットをしているのに、その度にリバウンドしている渡辺徹。一体なぜリバウンドしてしまうのでしょうか?実は、結婚当初は料理が苦手だった妻・榊原郁恵でしたが、渡辺徹の体調管理のために料理を覚え、栄養管理をするようになったのだそうです。

ところが、味のせいなのか、プレッシャーの強さのせいなのか、榊原郁恵の栄養管理が、かえって渡辺徹にとってストレスになってしまったのだといいます。そのため、ダイエット中にも関わらず、朝方まで飲み歩いたり、コンビニや地方で暴飲暴食したりを繰り返していたようです。

ですから、渡辺徹の体重は、一時的には落ちるものの、すぐにリバウンドする悪循環が出来上がってしまいました。その結果が、心筋梗塞の入院です。入院前にはなかなか寝付けず、3時間おきに起きたこともあった渡辺徹。そんな時、文句も言わずにいつでも起きて、背中をさすってくれた榊原郁恵には感謝しかないと後のインタビューで語っています。

渡辺徹、精神的支柱だった加藤武さんをなくし……

7月31日にスポーツクラブのサウナで加藤武が倒れ、緊急搬送され亡くなったことが確認されました。加藤武といえば、文学座の代表として知られた名優。渡辺徹にとってはもちろん尊敬すべき大先輩です。バラエティ番組の司会業などで活躍する一方、役者熱はまだまだ冷めていない渡辺徹。

かつては加藤武が舞台で演じた役を、渡辺徹が演じることはこれまでにありました。その演技を見た加藤武は「よかった」と感想を述べていたそうです。文学院の精神的支柱の役目だった加藤武さんの死という報告を受け、一時は動脈硬化で死ぬ一歩手前までいった渡辺徹は、今後の健康についてどう考えるのでしょうか?

ダイエットが成功しては気が緩み、リバウンドを繰り返す渡辺徹は、自身について「糖尿病になったのは遺伝とかではなく、自身の甘えが原因」と語っていたこともあります。実際、身内に糖尿病はいないそうです。最近の様子を見ると、家族の協力もあってか、渡辺徹は、デビュー当初に近い体型を維持できています。

「(支えてくれた家族への)恩返しは、僕が健康でいること」とも語った渡辺徹。加藤武さんの突然の死も教訓に、これからより一層健康に気をつけ、芸人顔負けの軽妙なトークと、人一倍強い役者魂をどんどん見せてほしいものです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る