八木かなえ(重量挙げ)が可愛いと話題に!実は彼氏がいた?

八木かなえ(重量挙げ)が可愛いと話題に!実は彼氏がいた?出典:http://ethan-joumal.com

八木かなえ(重量挙げ)が可愛いと話題に!実は彼氏がいた?

八木かなえ(重量挙げ)は笑顔が可愛いと話題のオリンピック代表選手!

八木かなえ(重量挙げ)は、1992年7月生まれ、神戸市出身の重量挙げ選手。今、かわいいアスリートとして注目を浴びている1人です。重量挙げとは、重たいバーベルをいかにあげるかという競技。「クリーン&ジャーク」と、「スナッチ」という2つのリフティング記録の合計を競います。ごついバーベルを頭上まで持ち上げるのですから、八木かなえも当然、筋肉モリモリです。

しかし、インタビューや、試合直後に見せる八木かなえの笑顔は、可愛いの一言。競技中の写真だけではなく、制服姿や、スカートをはいた私服姿など、ネット上にいろいろな写真が出回っているのも、八木かなえの可愛さゆえのことでしょう。身長152㎝と小柄なため、さらに可愛らしくみえる八木かなえが、世の男性たちを虜にしてしまうのも納得です。

八木かなえ(重量挙げ)には彼氏がいたって本当?

八木かなえ(重量挙げ)は現在24才で、彼氏がいてもおかしくないお年ごろです。それに加えて、あの可愛さですから、彼氏がいないほうが不思議かもしれません。現在所属している綜合警備保障に入る前まで、金沢学院大学に通っていた八木かなえ。実は、「金沢市内で、男性と一緒に歩いているのをよく見かける」という話はよくいわれていました。

それだけではありません。八木かなえ本人も、インタビューで、2011年、大学入学直後に同じ学部の人とお付き合いしているという話をしていたようです。しかし、2012年に開催されたロンドンオリンピックの選考前に、同学部の彼氏とは別れてしまった様子。その後、八木かなえに、特に目立った熱愛報道はありません。

スポンサーリンク

八木かなえ(重量挙げ)ベスト記録がスゴイ!中学、高校時代の活躍は?

八木かなえ(重量挙げ)の実力は?世界にひけを取らない驚きのベスト記録!

八木かなえ(重量挙げ)は、高校生の時には日本高校新記録を叩き出し、メキメキと力をつけていきました。重量挙げを始めた頃は、48kg級に出場していた八木かなえでしたが、現在は53kg級。これは、八木かなえが太ったということではなく、それだけの筋肉量が付いたという証拠です。

体も作られ、成長著しい八木かなえのベスト記録は、どのくらいなのでしょうか?ベスト記録は、クリーン&ジャーク112kgで、スナッチ87kg、トータルが199kgです。100kg近いバーベルを持ち上げられるとは、凡人にはもはや想像の域を超えますが、八木かなえの体重が53kgですから、自分の体重よりずっと重いものを持ち上げていることになります。

八木かなえが重量挙げを始めたきっかけは、自分の体重よりも重たいものをあげることに魅力を感じたからといいますから、今では、その魅力にどっぷりハマっているところでしょう。ちなみに、トータル199kgという記録は、リオオリンピックのウェイトリフティング女子53キロ級で第3位となったユン・ジヒ(韓国)と同じです。

スポンサーリンク

八木かなえ(重量挙げ)の中学、高校時代の活躍がスゴイ?

八木かなえ(重量挙げ)は、5歳から器械体操を始めていました。中学生の時には、その器械体操で、全日本ジュニア選手権(2部)の個人総合7位に入賞している実力の持ち主でもあります。その器械体操を辞めて、八木かなえが重量挙げを始めたのは2008年、高校生になったときのことでした。器械体操で頂点近くを極めていると、他の競技においても、成長が早いのでしょうか。

八木かなえは、重量挙げを始めてすぐに頭角を現しています。まず、高校へ入学した2008年、アジアユース53kg級で優勝。続く、2009年全国高校女子選手権53kg級でも同じく優勝。世界選手権48kg級では10位だったものの、2010年に行なわれた全国女子選手権53kg級でも優勝と、実に華々しい活躍ぶりです。

八木かなえ(重量挙げ)2度目のオリンピック挑戦!結果は堂々の第6位!

八木かなえ(重量挙げ)は、初めて出場したロンドンオリンピックの重量挙げ53kg級では、12位という結果を納めました。そして、自身2度目となるリオオリンピックでは、目の前で、目標としている三宅宏実が、ひどい腰痛を抱えながらも堂々の銅メダル獲得。おおいに発奮したか、八木かなえも頑張りを見せ、6位となり、目標としていた入賞を果たすことができました。

しかし、ロンドンオリンピックよりも6つも順位を上げ、成長していることを証明してみせた八木かなえでしたが、自身は納得できない結果だったようです。それは、リオオリンピックで八木かなえが記録したのは、スナッチが81kg、クリーン&ジャークが105kg、トータル186kgで、自己のベスト記録には遠くおよばなかったから。

今回のリオオリンピックでは、確実に挙げられる重量を選択して挑んだ八木かなえ。今回の悔しさについては、「気持ちを切り替えて、ストイックにいきたい」と話しています。その言葉通り、リオオリンピックでの悔しい思いは、次回の東京オリンピックで確実に晴らしてくれることでしょう。

八木かなえファンからは、「笑顔は金メダル!」という優しい言葉も。リオオリンピックに出場したことによって、一気に注目度を高めた美女アスリート・八木かなえ。2015年に、吉田沙保里や伊調馨らがCM出演しているALSOK(アルソック)綜合警備保障に入社したので、今後は、テレビCMなどで八木かなえを見かける機会が増えるかもしれませんね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る