薬丸裕英のはなまる御殿と呼ばれた大豪邸!妻や子供たちの現在は?

薬丸裕英のはなまる御殿と呼ばれた大豪邸!妻や子供たちの現在は?

薬丸裕英のはなまる御殿と呼ばれた大豪邸!番組終了で年収は?

薬丸裕英のはなまる御殿は高級住宅街にあった!

薬丸裕英は、ジャニーズの3人組アイドル「シブがき隊」としてデビューしたタレントです。シブがき隊の解散後に、タレントとしての薬丸裕英が注目されるようになったのは、1996~2014年まで続いた朝の情報番組「はなまるマーケット」の司会を務めるようになってから。「はなまるマーケット」は安定的な人気を保ち、薬丸裕英には、司会者のイメージがすっかり定着しました。

そんな薬丸裕英の自宅は、東京都世田谷区の成城にあります。成城と言えば、薬丸裕英以外にも、多くの著名人の自宅があることで有名なエリア。緑も豊かで交通アクセスも良い暮らしやすい街としても知られている分、家賃や土地相場は、他のエリアに比べるとややお高めな高級住宅街です。

薬丸裕英の自宅は、2001年に建築されました。高級住宅街であるにもかかわらず、敷地は135坪で、車が複数台停められる大きなガレージも備えた大豪邸の総工費は約5億円だとか。「はなまるマーケット」での活躍ぶりから、周囲からは、はなまる御殿とも呼ばれているそうです。

スポンサーリンク

薬丸裕英にとってはなまるマーケット終了が死活問題になっている?!

薬丸裕英は、人気番組の「はなまるマーケット」にメインMCとして出演することで、高い収入を得ていたことは想像にかたくありません。もちろん公言はされていませんが、噂では、年収5000万円とも1億円とも言われています。それが、「はなまるマーケット」の番組終了により一気になくなったと考えると、かなりの大打撃ではないでしょうか。

ネットでも、「大豪邸のローンがあることを考えれば、死活問題なのでは?」とまで言われています。しかし、長年培った司会力が評価されてか、現在でも、長くレギュラーを務めてきた「アド街ック天国」のほか、クイズ番組のパネラーや、昼の情報番組等、さまざまな番組に出演中の薬丸裕英。ブログを見る限り、生活に困っている様子はまったくありません。

自宅で芸能人仲間を招いて頻繁にパーティを開き、長女の留学先であるハワイにたびたび渡航していたりと、優雅な生活を送っている様子です。年収は多少減ったかも知れませんが、タレント業は順調で、現在も収入に不安はないようです。

スポンサーリンク

薬丸裕英と妻・石川秀美の結婚馴れ初め!子供たちの現在は?

薬丸裕英と妻・石川秀美のアイドル同士の結婚には世間もびっくり!

薬丸裕英が結婚したのは、1990年です。妻は、その当時アイドル歌手として活躍していた石川秀美。ショートカットで日に焼けた肌にスラリと伸びた美脚と、健康的な美しさも魅力で大人気でした。薬丸裕英の所属していたシブがき隊と石川秀美は、ともにデビューが1982年のいわば同期。歌番組等で共演することも多く、次第に仲を深めて行きました。

しかし、当時のアイドルは、恋愛ご法度が当たり前。薬丸裕英と石川秀美というトップアイドル同士の交際が公にできるはずもなく、2人は、人目を避けて密かに愛を育んでいたと言います。交際は5年も続いていたというから驚きです!秘密の熱愛が明らかにされたのは、石川秀美が妊娠したこともあり、結婚と妊娠を同時に発表したため。さらに、石川秀美の芸能界引退も発表されたことから、世間を驚かせる大ニュースでした。

薬丸裕英の3男2女の子供たちの今!

薬丸裕英は、石川秀美との間に、3男2女の5人の子供を持つ子だくさんパパとしても知られています。長男の薬丸翔は、本名で俳優として活動中です。劇団「無色空間」の座長を務め、舞台を中心に活躍しています。次男である薬丸隼人は、2012年からスペインにサッカー留学をしており、2部リーグのCEサバデル・ユースに入団したと報道されたことがあります。スポーツ紙で「薬丸&秀美の次男がスペイン2部ユース入団!」と報じられたことをご記憶の方もいるでしょう。

長女の薬丸玲美は、芸名Remiとして芸能活動をしています。日本とアメリカで同時デビューしており、シンガポールのラジオ番組にも出演している国際派。ハワイでの留学経験を活かし、日本の番組「Hawaii×Hawaii」で、ハワイの観光地などを紹介するコーナーにも出演しています。三男の薬丸宰は、サッカー選手を目指して、東京ヴェルディのジュニアユースを経て、アメリカに留学中。次女の薬丸愛美は、2008年生まれなのでまだ小学生です。

子供が16歳になるまでは顔出しNGという薬丸家のルールに従って、時おりアップされる家族写真の中でも、次女の顔はスタンプ等で加工され、公表されていません。それぞれの夢に向かって頑張っている5人の子供たちの様子を知ると、薬丸裕英が子供たちの未来を真剣に考えて、しっかりサポートしていることがよく分かります。

薬丸裕英は家庭生活も仕事も充実中!

シブがき隊として活躍していたものの、解散後に俳優の道に進んだ本木雅弘や布川敏和に比べると、タレントとしての個性が薄いようにも思われた薬丸裕英。彼が見出した道は、司会業でした。意外にもスムーズな滑り出しを見せ、コンビを組んだ岡江久美子とともに「はなまるマーケット」を大人気番組に育て上げた薬丸裕英は、その後に続く、タレントの司会転向の流れの先駆けと言えるかもしれません。平日の朝に出演し続け、一定の人気を保ち続けたバイタリティはスゴいものがあります。

プライベートも充実しているようで、サッカーの試合を入浴しながら観戦し、2時間半の長風呂になったという内容と共にアップされた写真には、テレビ付きバスルームの写真が。ほんの一部しか写っていなくても、広いであろうことは容易に想像できます。

また、頻繁に開かれているというホームパーティのメンバーは、芸能界のみならず、スポーツ界なども含め、有名人ばかり。毎回、超豪華な料理が並ぶ様子は華やかの一言に尽きます。妻である石川秀美の手料理の写真がアップされることも多く、一時期不仲説なども取りざたされた薬丸夫妻ですが、今もなお仲睦まじい様子です。

仕事はもちろん、プライベートも充実していてうらやましい限りですが、それもこれも愛する家族がいるおかげ。5人もいる子供たちがそれぞれの分野で活躍している様子を見れば、仕事がどれほど忙しくても、薬丸裕英が家族を大事にしてきたことが分かります。こ家庭的なイメージの強い薬丸裕英が、主婦層の視聴者が多い日中の情報番組で安定的な人気を得たのは、当然と言えば当然のこと。人気が高まれば、家庭生活も安定する……。薬丸裕英の今後も安泰ではないでしょうか。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る