山口百恵 哀しすぎる生い立ちとは?引退理由と息子や夫・三浦友和への愛

山口百恵 哀しすぎる生い立ちとは?引退理由と息子や夫・三浦友和への愛

山口百恵 哀しすぎる生い立ちとは?引退理由と息子や夫・三浦友和への愛

山口百恵と松田聖子 70代アイドルと80年代アイドルの決定な違い

伝説のアイドル、山口百恵。70年代のアイドルは、その栄光の影に、かならずスティグマ・聖痕を持っていました。例えばそれは、生い立ち。出生の秘密であり、複雑な家庭環境、非行や貧困といった負の事情です。

デビュー当時、山口百恵の生い立ちは、母子家庭に育ったとされていました。しかし、実は認知されていたものの、愛人の子であったという真実の生い立ちを、200万部のベストセラーとなった自叙伝「蒼い時」で明かしています。そして山口百恵は、結婚して晴れて三浦百恵になるために、自分で稼いだ相当額を手切れ金としてその父に渡し、完全に親子の縁を切ったのです。

そんな山口百恵のデビューから引退までを撮りつづけたカメラマンがいました。篠山紀信です。当時14歳の制服が初々しい少女は、シャッターが切られるごとに、切れ長の涼しい目に不思議な憂いを蓄え、聖少女から魔性を秘めた女性へと変幻自在に変化していきます。山口百恵は、大人たちの戦略によって、性を感じさせる危うい歌詞の楽曲でデビューし、多くの少年たちを熱狂させます。

そして山口百恵は、その圧倒的存在感でドラマや映画を席巻、大人たちにも深い印象を与えました。やがて篠山紀信は、山口百恵を「時代と寝た女」と呼び、彼女の仏像に刻まれた諦観にも似た表情は、「山口百恵は菩薩である」という社会評論にまでなります。山口百恵は、14歳から21歳までたった7年間の芸能活動で、時代の社会現象にまで上り詰めたのです。

スポンサーリンク

日本のアイドル史において、1980年は特別な年であるといえます。1980年10月5日、武道館は異様な熱気に包まれていました。それは、山口百恵ファイナルコンサート。純白のウエディングドレスのような衣裳に身を包んだ山口百恵は、とても21歳とは思えない神々しいオーラを放ちながら、コンサートのラスト、ステージの上に白いマイクを静かに置いて、ファンと芸能界の前から旅立ち、俳優三浦友和と結婚。二度とマスコミに姿を現すことはありませんでした。

そして同じ年、松田聖子がデビュー。幾度も栄光とスキャンダルと繰り返しながら、50を越えた今も、まるで不死を手に入れたアイドルのように活躍しています。そしてこの年には、2010年代のセックスシンボルとなる壇蜜が生まれています。ほんとうに時の流れを感じずにはいられません。

総じて70年代のアイドルは、十代半ばでデビューし、20代前半で引退ないし結婚というパターンが多かったように思います。かつてアイドルと呼ばれるのは、せいぜい20代半ばまでだったのです。しかし80年代アイドルは、結婚して子供を産んでからもママドルなどと呼ばれ活躍しています。しかし身近になった分、アイドルの神聖感は全くなくなってしまいました。

スポンサーリンク

山口百恵 三浦友和との運命的出会いと電撃結婚、そして引退

その記念碑的映画「伊豆の踊子」から続く13作に及ぶ主演映画で、12作も共演を果たした三浦友和に運命的出会いを感じた山口百恵。苦労を共にした母と妹とともに過ごす、穏やかな結婚生活を選び、まだ21歳の若さで芸能界をきっぱりと引退しました。人気の絶頂の中、結婚という、いたってシンプルな引退理由でした。

しかし、いやだからこそ、その伝説的人気は今もなお衰えず、最近もメモリアルCDやDVDが大ヒットしています。また、夫である三浦友和はベテラン俳優として順調に活躍。自伝的著書「相性」では、山口百恵との関係についても語っています。息子2人のうち、一人はミュージシャンの三浦祐太朗、一人は俳優の三浦貴大となって、それなりのスタートを切りはじめました。

山口百恵 変わり果てた?花の中三トリオの現在は?

山口百恵 スター誕生秘話

山口百恵を語るには、「スター誕生」という番組を外すわけにはいきません。今ではワン・ダイレクションやスーザンボイルなどのスターを発掘した、海外のリアリティ音楽オーディション番組が有名ですが、それよりも半世紀近く前に、日本にオーディション番組があったのです。

それが1971年に始まった日本テレビ「スター誕生」でした。栄えある第1回大会でプロデビューを果たしたのが、圧倒的歌唱力が評価された森昌子。翌1972年には、番組史上最高の25社から指名を受けた桜田淳子がデビュー。そして73年、この番組から山口百恵がデビューします。奇しくも3人は中学3年生で同い年、それぞれのキャラクターが相まって花の中三トリオとして注目され、高三トリオと言われるころまで、三人三様の活躍を続けます。

山口百恵 花の中三トリオであった森昌子、桜田淳子のその後の意外な人生

山口百恵引退後も、森昌子は活動を続け、「越冬つばめ」などがヒットして大人の歌手となりました。そして1986年、歌手の森進一と結婚し引退。3人の息子ができ、順調な結婚生活を送っているようでしたが、20年近くの結婚生活の末2005年に離婚。歌手として再デビューします。

しかし、往年の人気はすでにもうありません。そして桜田淳子のその後の歩みは、さらに衝撃的なものでした。アイドル路線からなんとか脱皮した桜田淳子は、映画などにも出演し、女優としての評価も得ていました。しかし、芸能界で生きていくことがよほどストレスであったのか、某新興宗教の信者となってしまいます。

1992年、同じ信者である会社役員と韓国で合同結婚式を挙げたことで、芸能界だけでなく世間からも激しいパッシングを受け、1993年に引退。しかし今もその信仰は続いていて、芸能界の復帰はなさそうです。時の流れとは恐ろしいもの。同じようにデビューしたアイドルたちにも、それぞれに与えられたその後の運命があるということなのでしょう。

山口百恵 14歳と20歳の覚悟、その引退の真相

山口百恵の話題は今も尽きません。つい先日もNHK BSプレミアムで、「アナザーストーリーズ運命の分岐点『山口百恵引退、覚悟のラストソング』」が放送されました。この番組では覚悟という言葉がキーワードに使われていました。14歳から21歳まで芸能界を疾走した少女が、大人たちの勝手な思惑に耐え、人知れず、覚悟したことは何だったのでしょうか。

芸能事務所ホリプロが山口百恵を採用したのは、全くプロダクションの都合からでした。実は人気のあった花の中三トリオは偶然の産物で、森昌子と山口百恵はホリプロ。桜田淳子はサンミュージックと所属プロダクションが違います。当時、ホリプロとしては、森昌子と石川さゆりに加え、桜田淳子を獲得して、ホリプロ三人娘として売り出そうしていたのです。しかし桜田淳子を獲ることができず、やむを得ず獲ったのが山口百恵でした。

また、スター誕生の審査員であり、ヒットを連発していた作詞家の阿久悠は、番組審査の中で、「山口百恵は、映画の主人公の妹役ぐらいならできるだろうが、歌手としてはきつい」と評価していました。歌がつらいとみたホリプロは、デビューしばらく、性を感じさせる危うい歌詞の歌で彼女を売ろうとします。山口百恵は、愛人の子として育った故郷・横須賀を出て、なんとしても母や妹と幸せになるんだという覚悟を持って、耐え忍ぶように、またどこか冷めた心で、これらの歌を歌い続けます。

その姿は、エロチックな歌を歌う早熟な女子学生、という安直なコンセプトにあまりある存在感でした。それは、先にデビューした藤圭子にも通じる、70年代という光り輝く時代の裏にある、日本人特有の日陰の情念といったもの。そして、山口百恵は若者だけでなく、多くの大衆の共感を得ていきます。そして山口百恵は、運命の人三浦友和と出会い、自分と家族がより幸せになるために、結婚を決意し、芸能界を引退すると言う新たな覚悟を決めるのです。それもまだ二十歳の年に。

山口百恵は、今普通の家庭を営む主婦として、しっかりと現実を生きています。しかし山口百恵という少女の伝説は、これからも語り継がれていくことでしょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る