山西惇が結婚した嫁の年齢や年齢差は?子供は何人?キャラクターが愛される理由

山西惇が結婚した嫁の年齢や年齢差は?子供は何人?キャラクターが愛される理由

山西惇の結婚相手は?「相棒」角田課長が愛される理由

山西惇は結婚しているの?嫁の年齢や年齢差は?

山西惇(やまにしあつし)ときいて、すぐに顔が浮かぶ人は少ないかもしれませんが、水谷豊の主演ドラマ「相棒」の角田課長と言われれば、すぐに思い出せる人も多いのではないでしょうか。現在、山西惇は結婚をしています。実は離婚歴のある山西惇。

二度目の結婚相手は、スタイリストをしていた女性だそうです。結婚した嫁と山西惇の年齢差は19歳といいますから、山西敦の嫁の年齢は、34歳ということになります。前の結婚の時には、子供ができなかったようですが、現在の嫁との間には1男3女、合計4人の子供が生まれています。4番目の子供は、まだ1~2歳で、山西惇は、子供の面倒をよく見ている良いお父さん。趣味が料理だという山西惇は、子供たちに、料理も作ってあげているのだとか。「相棒」で共演している水谷豊とは、子育てについてよく語っているようですね。

山西惇のキャラクターが愛される理由

山西惇が演じている、刑事ドラマ「相棒」の角田課長は、いつものほほんとした登場の仕方をします。署内から邪魔もの扱いされている主人公の右京さんのことを、何だかんだ言いながらも、陰から応援してくれる角田課長は、お決まりの「ヒマかっ?」というセリフとともに登場します。2015年、六本木ヒルズの相棒テラスで握手会を開催した時は、角田課長である山西惇に「ヒマかっ?」と言ってもらいたいファンが集まり、微笑ましい握手会になったようです。

山西惇の演じる角田課長が愛される理由は、ずばり、普段はのんびりしている雰囲気なのに、いざと言うときには心強い味方になるところでしょう。そんな縁の下の力持ちのような「相棒」角田課長。山西惇の好演により、その優しさがさらに引き出され、ますます人気のキャラクターになっていっています。

スポンサーリンク

山西惇の出身大学や学部、経歴がハンパない!

山西惇の出身大学や学部がハンパないって本当?

山西惇は、高学歴のインテリ芸能人として、クイズ番組でも活躍しています。そんな山西惇の出身高校は、偏差値77の東大寺学園高校。高校生クイズの常連校の同校は、進学校として有名です。出身大学は京都大学で、先日も山西惇は、京大出身者が集まったクイズ番組に出演していました。学部は、理系。工学部石油化学科で、卒業後は機械油の合成潤滑油を作るメーカーに就職し、オイルの研究をしていたといいますから、山西惇の経歴はハンパないですね。

そのままキャリアの道を進むのかと思えば……大学1年の時に芝居に興味を持った山西惇は学業のかたわら、「劇団そとばこまち」に入っていました。就職2年目となったとき、生瀬勝久が「劇団そとばこまち」の座長になると聞いた山西惇は、週末や就業後に、劇団に通う生活をし始めたそうです。しかし、体力が続かなくなった山西惇は、なんと劇団員の道を取ることに。安定した職を捨て、どうなるかわからない俳優の道を進む決断は、重大だったことでしょう。ただし、現在の活躍を思えば、選択は正しかったと言えますね。

山西惇の経歴!芸名が、なぜ「山西惇」なのか?

山西惇は、1962年12月生まれ53歳です。京都府出身で、身長は170㎝、体重は67kg。山西惇の本名は、畑中敦史なのですが、高校時代から「山西」と呼ばれていたので、それを芸名にしたそうです。なぜ「山西」なのかというと、高校にいた山西先輩に顔が似ているところから、あだ名が「山西」だったのだとか。それを芸名にしてしまうのですから、山西惇のユーモアセンスはなかなかのものです。1993年、フジテレビ系列の「あすなろ白書」で俳優デビューをした山西惇。コンスタントに活躍を続け、テレビ朝日系列の「相棒」の他、サスペンスドラマで刑事役を演じている印象も強い俳優さんです。

スポンサーリンク

山西惇の一風変わった芝居観

山西惇は、京都大学での学生生活は、劇団のようだったと話しています。「大学は、勉強する方法を学ぶところだ」という、最初の授業での先生の言葉。それが聞けただけでも、大学に行ったかいがあったと話す山西惇。その言葉を思い出しながら、勉強をした量子力学やエントロビーの法則を考えてみると、芝居に通じるところがあるのだとか。真面目な人柄という部分もあるのでしょうが、高学歴なインテリ俳優は、芝居のとらえ方や考え方の一つ一つが、一般の人とはちょっと違うのかもしれません。でも、そんな山西惇と話をしていると面白そうですね。

2016年1月から始まったNHK大河ドラマ「真田丸」では、山西惇は北条家の重心である板部岡江雪斎(いたべおかこうせつさい)を演じます。内政・外交にたけた頭の良い人物で、山西惇の演じる板部岡江雪斎には、角田課長と違いインテリな部分が垣間見えるかもしれません。武田家、織田家、徳川家とも関係を持つ重要人物とのことですから、「真田丸」で何回か登場する場面があることでしょう。山西惇ファンには楽しみな大河ドラマになりそうですね。

その他にも、2016年は「イニシュマン島のビリー」という舞台にも、島のゴシップ屋役で出演することが決まっている山西惇。ドラマ「相棒」の角田課長も忘れてはいけません。2016年もあちこちから引っ張りだこな山西惇の活躍を楽しみにしましょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る