山谷花純”モモニンジャー”が水着解禁!身長体重、スリーサイズは?

山谷花純”モモニンジャー”が水着解禁!身長体重、スリーサイズは?出典:

山谷花純”モモニンジャー”が水着解禁!身長体重、スリーサイズは?

山谷花純”モモニンジャー”が水着グラビア初登場!美人過ぎない可愛さがイイ

山谷花純(やまやかすみ)の2015年は、スーパー戦隊シリーズ第39目となる「手裏剣戦隊ニンニンジャー」のモモニンジャー役一色でした。

「手裏剣戦隊ニンニンジャー」は、歴代戦隊シリーズの中でワーストを争うかもしれない演技レベルで世を賑わせた作品です。「見ていられない!」との意見が相次ぐ中、2013年のNHK朝ドラ「あまちゃん」や、日本アカデミー賞映画「舟を編む」で確かな女優歴を積み上げてきた山谷花純だけは、演技力で他を凌ぐ注目を集めました。

そんな山谷花純が、本編終了間際の2016年1月、「週刊ビッグコミックスピリッツ」の表紙グラビアで水着姿を初披露。「ニンニンジャー」で演じた頭脳派女子大生とはギャップありの完璧すぎない肉体や、美人過ぎない可愛さには、「逆にエロイ」と静かに褒めたたえる声が挙がっています。

山谷花純の身長体重!グラビアでは推定Bカップの小胸が意外にも人気!

山谷花純の身長は162cm。体重は公表されていませんが、やや骨筋が張った手足が目立つ水着グラビアから推定すると、45kg前後といったところでしょう。2007年にエイベックスが開催した「俳優・タレント・モデルオーディション」に合格した山谷花純は、中学時代は、小学生向けのファッション誌「ニコ☆プチ」の専属モデルとして活躍していました。決して痩せぎすというわけではなく、バランスのとれたスタイルと女の子らしい可愛さは、その頃から変わりません。

スポンサーリンク

また、山谷花純はスリーサイズも公表してはいませんが、世間ではCカップと噂する声が多いようです。しかし、グラビアの水着姿を見る限りでは、貧乳とはいかないまでも、せいぜいB程度。少しだけ水着のカップが余っている感じが、一部の男性に支持されていたようですから、大きいばかりが武器ではないということです。

山谷花純の出身高校やプロフィール!性格や熱愛彼氏の噂が気になる!

山谷花純の東北高校出身!芸能コースのない高校に進学したワケとは?

山谷花純は、1996年12月26日生まれで、宮城県仙台市出身。中学時代には多くのドラマや映画に出演するようになっていましたが、「普通の高校生活を送りたい」という本人の希望で、芸能コースが設置されていない地元・仙台市の私立東北高校に進学しました。東北高校には、進学に力を入れる偏差値57のコースも設置されていますが、山谷花純が在籍した文教コースは偏差値45。

いずれにしても、学業においては一流とは言い難いですが、東北高校は、メジャーリーガーのダルビッシュ有、フィギュアスケートの羽生結弦ら、多くの超一流アスリートを輩出したスポーツの超名門校として有名です。それだけに、生徒それぞれの特殊な活動は認められているものかと思いきや、芸能活動は別枠。山谷花純は、母親と共に、学校側に頭を下げ続ける日々だったそうです。

スポンサーリンク

山谷花純の性格はワガママではなくトコトン派!熱愛彼氏よりも仕事!?

山谷花純は、自身の性格を、「負けず嫌い、気分屋、泣き虫」と評しています。若い頃から芸能界で生きているだけあって、これだけ聞くと、ややワガママな性格を想像してしまうというものです。しかし、「早く芸能界に入ったのだから、歌やダンスのレッスンをしておけばよかった」「自分がどこまでやれているか不安になる」とも言っています。演技の勉強のために、映画鑑賞や読書が趣味だそうですから、ワガママというよりも、納得するまでトコトンやりたいストイックな性格のほうが当てはまるかもしれません。

山谷花純の高校時代のブログには、友達、仕事、恋愛の間で揺れる真剣な胸の内が、たびたび綴られています。ドラマ「ぴんとこな」「SHARK」で共演したジャニーズJr.の松村北斗との熱愛の噂が流れたのは、ちょうどその頃でしたが、あまり信憑性に足りるものではなかった模様。ブログにも「何を取るべきかは明らか」と記されており、以来、山谷花純には、熱愛彼氏の情報は聞こえてきません。

山谷花純は可愛いけど見かけは普通?2017年ブレイク女優と期待される理由とは

山谷花純の女優デビュー作は、芸能界入りした翌年、2008年に放送された木村拓哉主演ドラマ「CHANGE」。木村拓哉扮する小学校教師が、父の死をきっかけに政治家に転身し、”小学生にも分かる政治”を目指して総理大臣に就任する物語です。山谷花純は、木村拓哉の生徒役の中では、その他大勢のポジションに過ぎませんでした。

しかし、同年に放送された昼ドラ「ラブレター」で鈴木亜美の小学時代を演じるなど、少しずつステップアップ。2011年のNHK朝ドラ「おひさま」、2年後の「あまちゃん」を経て、「イタズラなKiss」「寄生獣」などの話題作に出演するようになり、ジワジワと存在感を増してきました。

2014年の沢尻エリカ主演ドラマ「ファーストクラス」で悪女を演じたかと思えば、「手裏剣戦隊ニンニンジャー」のような子供向け番組まで、演技の幅も広がりつつある山谷花純。2017年1月8日放送のバラエティ番組「女優カメレオン」では、”今後のブレイクが期待される女優”として、亡き蜷川幸雄の妻・蜷川宏子の取材を任されました。その際に驚かされたのは、俳優ならば誰もが畏れ多く感じる蜷川一家に、臆することなく溶け込む”積極性”です。

また、初対面の家族の感動話に、撮影がストップするほど号泣するほどの”感受性”の持ち主であることも分かりました。可愛いとはいえ、特に際立った特徴のない山谷花純が女優として注目を集めるようになったのは、この2つの要素が傑出していたからだと言えそうです。戦隊ものからグラビアといった、いかにもなアイドル路線を歩んでいるようではありますが、今に演技派女優として花開くに違いありません。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る