大和悠河の金持ちぶりが尋常じゃない!宝塚退団理由は?

大和悠河の金持ちぶりが尋常じゃない!宝塚退団理由は?

大和悠河の金持ちぶりが尋常じゃない!宝塚退団理由は?

大和悠河の金持ちぶりは普通のセレブを超えている!驚愕の金銭感覚!

大和悠河のセレブ生活は常人離れしています。私服は、常に高級ブランド「ドルチェ&ガッバーナ」で、週4日ペースでミシュラン高級寿司店「久兵衛」に通う大和悠河。都内の閑静な高級住宅地に豪邸を構えながら、なぜか帝国ホテル暮らしをしているそう。「高いでしょう?」と尋ねられると、「高いは高いですけどねぇ……」と余裕のセレブオーラを漂わせます。

NY旅行では、飛行機はもちろんファーストクラス。当初、1泊12万円の4つ星ホテルのジュニアスイートを予約した大和悠河でしたが、部屋に入るなり「暗い」と100%のキャンセルを支払って、1泊20万円以上の5つ星ホテルのジュニアスイートに17連泊しました。また、「生活パターンを崩したくない」という理由から、食事には、築地から空輸された刺身などを提供するNYの高級和食店を選び、1千万円以上のお買い物。「気持よく過ごしたほうがいいじゃないですか」と仰いますが、普通はそういうわけにいきません。

大和悠河は絶頂期に宝塚退団のなぜ?

大和悠河は、宝塚歌劇団の元宙組男役トップスター。1993年に20倍の倍率を潜り抜けて宝塚音楽学校に一発合格し、天性の容姿と華やかさで「ウエストサイドストーリー」のトニー役を始め、新人公演で主演を務めること6回、宝塚のバウホール公演の主演最年少記録を更新したトップオブトップなのです。2009年、宙組男役トップスターとして人気絶頂だった大和悠河は、宝塚歌劇団を突然退団し、多くのファンに衝撃を与えました。

その時、大和悠河は、宝塚退団理由を「宝塚では充実感を得た!新しい目標を決めて、またそのゴールに向けて全力で走りたい」と語っています。引退後は、舞台女優として国内の舞台を踏み、2014年には、目標に掲げていたブロードウェイ「CHICAGO」出演を果たしました。「新しい目標に向かって」は、退団理由としては特に珍しいわけではありませんが、大和悠河が言うと、なぜか優雅に聞こえてしまいますよね。

スポンサーリンク

大和悠河のセレブ生活を支える収入源は?実家の親やスポンサーの噂!

大和悠河の年収でセレブ生活は不可能?実家の親が超絶金持ちという噂!

大和悠河自身の年収は1000万円程度と言われています。一般的には高収入に値しますが、年収1000万円では、とうてい大和悠河の超絶セレブ生活を支えることはできません。大和悠河は、東京家政大学附属中学を経て、宝塚音楽学校を出ていることから、実家自体が大変な金持ちという噂があります。

実家の親は何者なのかというと、父親は東京大学出身の医師。兄も東京大学出身の医師だそうです。実家が開業医だとすれば、金持ちでないはずがなく、大和悠河に仕送りがあると考えるのが自然なのかもしれません。しかし、親や兄弟が開業医だからといって、誰も彼もが大和悠河ほどの超絶セレブ生活を送っているわけではありませんから、加えて実家が資産家である可能性もあります。

大和悠河のセレブ生活の裏にスポンサー?狂信的なファン?

大和悠河のセレブ生活を支えているのは、実家の仕送りではなく、スポンサーではないかという噂もあります。噂の中には、帝国ホテルが、ホテルのブランド宣伝のために、大和悠河を住まわせているといった情報も。それ以上にインパクトがあるのは、宝塚時代から大和悠河を慕っているファン。在団時代には、毎日のように豪華なお弁当を差し入れる「お弁当チーム」や、「洗濯チーム」などが存在していたそうです。

スポンサーリンク

箱根で行われる毎年恒例の大和悠河誕生日会では、総勢40名ほどのファンが集まって、「悠河さんと私たちの絆は永遠です」「好きだよ、ずーっと」などと、宗教信者さながらに大合唱する様子が見られます。こうしたファンの中に超絶金持ちがいたとしたら、大和悠河のスポンサー化していてもおかしくありません。

大和悠河「今夜くらべてみました」で驚きの豪邸初公開!結婚できないのはなぜ?

大和悠河が、2016年4月5日放送の「今夜くらべてみました」で、セレブすぎる豪邸を初公開しました。冷蔵庫にはほぼシャンパンしか入っていない、グランドピアノの上にスヌーピー盛りだくさんというセレブならではの余裕の発想に、共演者一同は驚愕。

さらに、大和悠河の休日に密着すると、ピカソやヘミングウェイが通ったパリのカフェの日本支店でランチ、愛車のベンツで銀座へ赴いて100万円を散財、行き付けのミシュラン正統派フレンチ店で食事をし、高級ホテルの会員制スパで美を磨き、その後に思い付きで箱根の知人をアポなし訪問。その知人が、日本美術界の巨匠・横尾忠則という、決してアポなし訪問してはいけない大物というから、もう開いた口がふさがりません。

大和悠河は38歳にして未だ独身です。番組では「男が寄ってこない」という悩みを打ち明けて、その理由を「男役をやっていたから、安易に口説こうとしている心理が分かった時に冷めてしまう」と自ら分析していました。番組MCのチュートリアル徳井や、ゲストのアンジャッシュ渡部は「スキがない、お手軽さがどこにもない」と男目線で語りましたが、女性である指原莉乃からは「キレイで上品だけど、ヤッたらヤバそうな気がする」などという意見も。

本来なら逆玉を狙う男性がわんさか寄ってきそうなものですが、大和悠河ほどに現実離れしたセレブ生活を送っていると、脅威すら感じてしまうものなのかもしれません。それでもいいから、一度は大和悠河のように財布の中身を全く気にせず生活してみたいものですね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る