山崎賢人の主演映画「1週間フレンズ」ドラマ「デスノート」あらすじ感想キャスト!

山崎賢人の主演映画「1週間フレンズ」ドラマ「デスノート」あらすじ感想キャスト!

山崎賢人の主演映画「orange」ドラマ「デスノート」あらすじ感想キャスト!

山崎賢人の主演映画「orange」あらすじ感想キャスト!山崎賢人演じる成瀬翔を救うべくパラレルワールドへ

山崎賢人は、1994年9月7日 生まれの21歳。イケメンぶりからは中高生からの人気が高いですが、朝ドラ「まれ」出演以後は、幅広い年齢層から注目される俳優になりました。高野苺原作「orange」の実写版映画では、心を閉ざした青年「成瀬翔」役を熱演して、第39回日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞した山崎賢人。今や、人気実力ともに確かなものを築きつつあります。

山崎賢人の主演映画「orange」は、土屋太鳳演じる高校2年の「高宮菜穂」のもとに、10年後の未来から手紙が届く場面からストーリーが始まります。未来からの手紙には、山崎賢人演じる「成瀬翔」が17歳の冬に事故で亡くなると書いてありました。母親の自殺という悲しい経験を持つ翔。菜穂と仲間たちは、そんな翔を救うために奮闘します。菜穂や仲間たちが翔の気持ちに寄り添い支える姿や、不思議なパラレルワールドに戸惑いながらも未来を変えたいと思い続ける強い気持ちが、見ている者の胸を打つ青春映画です。

山﨑賢人出演ドラマ「デスノート」あらすじ感想キャスト!Lがイケメンすぎる?

山﨑賢人が出演して話題となったドラマ「デスノート」のL役は、イケメンすぎる、演技が下手などと、原作ファンからのさまざまな評価があったものの、独特な雰囲気を出すことに成功し話題になりました。主人公の夜神月が手にしたデスノートによって、罪から逃れていた犯罪者が次々と裁かれていく中、山崎賢人が演じる名探偵Lは、その天才的頭脳で、窪田正孝演じる夜神月を追いこんでいきます。

生まれながらの天才で、警察やFBIなどに権限を持ち、数々の難事件を解決してきたLですが、普段は、お世話役のワタリにわがままを言ったり、子どものような座り方をしたり、お菓子好きな面もあるなど、なかなか興味深いキャラクターです。極端な合理主義者でもあり、衣服はいつも白シャツに白パンツ。問題を解決することに集中するあまり、他を寄せ付けない孤高のオーラを放ちます。

スポンサーリンク

キャストについては、主役の夜神月役を藤原竜也、L役を松山ケンイチが演じた前作ドラマ版「デスノート」をより高く評価する声も少なくないのは事実です。しかし、山崎賢人が出演した「デスノート」を見た人たちにとっては、朝ドラ「まれ」で山﨑賢人が演じた圭太役とのギャップに驚いた人も多かったはず。それくらい、山崎賢人は役柄をうまく演じ分けていました。

山﨑賢人の彼女は土屋太鳳?!意外すぎる性格とは?

山﨑賢人の彼女は土屋太鳳?!翔役が山﨑賢人で嬉しかった

山﨑賢人と土屋太鳳は、映画「orange」や、朝ドラ「まれ」で共演しています。いずれも夫婦役や惹かれあう役という設定だったため、2人は本当に付き合っているのでは?と噂になりました。撮影現場での仲の良さがうかがえる動画が投稿されたこともありますし、土屋太鳳が、映画「orange」の翔役が山﨑賢人に決まった際に「本当に当たって嬉しかった」と言っていたなど、2人の仲が良いのは事実。

しかし、現時点では、山崎賢人の彼女が土屋太鳳であるという決定的なスクープがあったわけではありません。ちなみに、山崎賢人の好きなタイプは、良く笑って自然体な子、引っ張ってくれる年上……「年上」という点は土屋太鳳にはあてはまりませんが、お似合いの2人であることは間違いですね。

スポンサーリンク

山﨑賢人はウザい?!意外すぎる性格とは?

山﨑賢人は、少年的な風貌からか、人気少女マンガの実写版映画の主役を多く務めてきました。そうかと思えば、朝ドラ「まれ」では地に足のついた演技を見せるなど、これまでにさまざまな顔を見せてくれています。では、本当の山﨑賢人は一体どういう性格なのでしょうか。

山﨑賢人自身は、自分のことをなれなれしい性格だと分析しています。その反面、初対面では消極的なところもあるのだとか。1度話ができてからは、ウザがられるくらい人懐っこいという山崎賢人の性格は、ファンにとっては魅力的な長所。一方で、仕事への向き合い方に関しては「俳優の仕事は好きなので、努力を惜しまず突き進んでいく」と語っている山崎賢人は、頼もしく真面目な性格も持ち合わせています。

山崎賢人の次の実写化はドSな高校生?!強気な山﨑賢人にゾッコン

山﨑賢人の少女マンガ実写化映画4作目となる映画「オオカミ少女と黒王子」の監督は、「ストロボ・エッジ」や「余命1ヶ月の花嫁」など数多の作品を手掛ける廣木隆一です。この映画で山﨑賢人が演じるのは、高校1年生の佐田恭也。学校一のイケメンで、女子に大人気という役です。

恭也は、二階堂ふみ演じる篠原エリカがついた嘘によって、恋人のフリをすることになるのですが、その代わりに、エリカを犬扱いするような腹黒いドSな性格でエリカを翻弄します。しかし、恭也の完璧なまでの恋人のフリに、あくまでフリだと言い聞かせながらも惹かれていくエリカ。そんな時に恭也が言うセリフが「お前は俺の彼女なんだから、黙って守られていりゃあいいんだよ」というセリフです。

ドSな言い回しですが、女子には胸キュンなセリフではありませんか?実際に正面から言われた二階堂ふみも、噂の恋人・星野源を忘れて、恭也を演じる山崎賢人に思わずゾッコンになってしまうかもしれません?!現在21歳の山﨑賢人ですが、マンガ実写化の役が多く、すでに存在するキャラクターに自身の演技を寄せることを求められてきました。

しかし、どの作品でもファンの期待を裏切るどころか、高い評価を得てきたのは、山崎賢人が器用に演じこなす力があることの証し。この先、年齢を重ねながら、既存のキャラクターに寄せる演技からキャラクターを作っていく演技へ変わって行く山﨑賢人にも期待しましょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る