矢本悠馬「仰げば尊し」に出演中!大人計画の若手カメレオン俳優にブレイクの予感!

矢本悠馬「仰げば尊し」に出演中!大人計画の若手カメレオン俳優にブレイクの予感!出典:http://ciatr.jp

矢本悠馬「仰げば尊し」に出演中!大人計画の若手カメレオン俳優にブレイクの予感!

矢本悠馬は「仰げば尊し」に出演する俳優!どんな人?

矢本悠馬という名前の俳優が、巷で話題になっています。最近、映画やドラマで、急激に出演回数が増えている矢本悠馬。現在は、寺尾聡主演で話題のドラマ「仰げば尊し」に出演しています。荒れる不良たちを更生させるために、ブラスバンド部へ入部させる実話をもとにした「仰げば尊し」で、矢本悠馬は、吹奏楽部にもともと所属していた一般の男子高校生、古庄芳喜を演じています。

この役どころが、緊迫した不良たちが数多く登場するドラマの中で光る、実にのほほんとしたキャラクター。マッシュルームカットであっさりとした顔、どこにでもいそうな気の抜けた表情と、立ち居振る舞い……「仰げば尊し」での矢本悠馬は、小柄でコミカルな姿がことさら印象的です。イケメン揃いの「仰げば尊し」フロントマンたちを陰から盛り上げる存在としての矢本悠馬の姿は、むしろ際立っているようにも見えます。

本人のツイッターアカウントを覗いてみると、古庄芳喜の恰好でごろんと寝ころんでいたり、元気そうな自撮りを載せていたり、とにかくサービス精神旺盛な矢本悠馬。そういえば、CMやどこかで見かけた顔かも……と気づいたあなた、正解です。矢本悠馬は、今本当に大注目の若手俳優なのです。

矢本悠馬は劇団大人計画所属!変幻自在のカメレオン役柄でブレイク寸前?

矢本悠馬は、2003年に映画で子役デビューすると、2011年、劇団大人計画に研修生として所属後、同劇団内で出会った若手俳優を中心に「劇団こまつな」を結成。数々の舞台やドラマで、キャリアを積んできました。子役時代から培われた矢本悠馬の演技は、カメレオンのように変幻自在なもの。大学生、時代劇の脇役、学校の面白い生徒などなど、色々な役をこなせる個性派としての地位を固めつつあります。

スポンサーリンク

その実力から、矢本悠馬は、映画情報誌「キネマ旬報」の評論家が気になる若手俳優にもリストアップされました。また、あっさりとした顔でほんわかとした魅力があることから、塩顔芸能人の中でも、とりわけ「昭和顔」で愛らしいと評判です。よくいるイケメン俳優のような魅力ではなく、どこにでもいそうで、ひょうきんな、しかしさわやかで清潔感のある笑顔が光る矢本悠馬。

イケメンよりも、案外女性にもモテるのは、この手のタイプの男性かも知れません。まだ若いにもかかわらず、他の存在の良さを引き立てながら自分の味もアピールできる実力を持つ矢本悠馬。そのカメレオンぶりには舌を巻きます。

矢本悠馬の身長体重、プロフィール!「ぼくんち」観月ありさの弟役でデビュー!

矢本悠馬の身長体重やプロフィール!「ゆとりですがなにか」でも好演!

矢本悠馬は、1990年8月31日、京都府生まれ。身長161cmで体重50kgと、かなり小柄です。2003年、13歳のときに、映画「ぼくんち」でデビューした後は、立て続けにNHKのテレビ小説「てるてる家族」に出演。裕福な家庭のお坊ちゃんを演じました。

スポンサーリンク

学生期間を終えた2010年代以降からは、NHKのドラマや、映画に続々と出演するようになり、フジテレビの深夜ドラマ「ブスと野獣」では主演を務めます。最近の出演映画では、漫画原作「銀の匙」「ちはやふる」で個性的な脇役を演じました。また、日本テレビで大人計画の宮藤官九郎が脚本を書いたドラマ「ゆとりですがなにか」でも味のあるバイト役を演じています。

CM出演も多く、「三国志パズル大戦」のほか、ファンタのCMや、実況パワフルプロ野球のCMにも出ているので、名前までは知らずとも、見かけたことのある人は多いのではないでしょうか。まさに売れっ子となった矢本悠馬は、次世代のバイプレイヤー筆頭とも目されています。

矢本悠馬は映画「ぼくんち」観月ありさの弟役で映画に出演、評価のほどは?

矢本悠馬は、ドラマやCMだけでなく、映画にも出演しています。矢本悠馬の映画キャリアのスタートは映画「ぼくんち」でした。西原理恵子の原作を映画化した「ぼくんち」は、主人公演じる観月ありさが田舎に帰り、父親違いの弟2人の面倒を見ることになるというお話。矢本悠馬は、この映画「ぼくんち」で、姉に甘えたくても、下の弟のように素直に甘えることができない弟の姿を好演。オーディションでは、「やる気のない演技が原作の雰囲気に合っていてよい」という理由で採用された矢本悠馬。期待を裏切らない演技で、作品のクオリティを高めることに貢献しています。

「ぼくんち」のキャラクターが板についたのか、これから後の矢本悠馬の役柄も、基本的にはコミカルだけど重要、というものが多くなりました。実際、「ぼくんち」の演技を見ると、これが初めてのお芝居にもかかわらず、「この子役はもしかしたら天才なんじゃないか?」と思わせるような表情や台詞の話し方です。これがデビュー作だというのですから、矢本悠馬には本当に驚かされます。子役時代以後、学生時期のブランクを経ても、当時の実力は衰えるどころか、さらに向上している矢本悠馬。その才能は侮れません。

矢本悠馬次回作は映画「トリガール!」!「ちはやふる」に続く好演を期待

矢本悠馬は、今まさに「ただいま絶賛売り出し中」という感じで、さまざまな映像作品に参加しています。これからの作品で注目されるのは、中村航原作の映画「トリガール!」です。土屋太鳳主演のこの映画は、鳥人間コンテストなどでよく見る人力飛行機を主題にしています。矢本悠馬は映画「トリガール!」で、飛行サークル「T.B.T」のまとめ役である古沢という男性を演じます。

「トリガール!」での演技について、矢本悠馬は、自身が京都出身であるため、ロケ地の琵琶湖は、少年時代に慣れ親しんでおり、親近感や思い入れが強かったとコメント。また、主演の男女をまとめ、飛行機の設計もこなす古沢という役を演じる矢本悠馬は、理系科目に優れた人間の才気煥発ぶりを演じる工夫を凝らしたとも話しています。飛行機オタクの古沢を演じるため、外見から、奇矯な性格の演じ方まで、役柄の内外にわたって研究したそうです。

さすがは若手売れっ子バイプレイヤーというところですね。「トリガール!」だけでなく、少女漫画を原作にした2015年の映画「ちはやふる」においても、個性的なキャラクターである肉まんくんこと西田優征役を好演している矢本悠馬。これからの日本ドラマと映画を背負って立つ名脇役としての存在感はどんどん大きくなっていくことでしょう。2017年の映像作品には、矢本悠馬のクレジットがさらに増えること間違いなしです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る