八名信夫は若い頃プロ野球の選手だった!現在は映画監督にも挑戦

八名信夫は若い頃プロ野球の選手だった!現在は映画監督にも挑戦出典:http://www.kumamoto-keizai.co.jp
スポンサーリンク

八名信夫といえば青汁のCM!若い頃プロ野球選手だった!奥さんや子供は?

八名信夫といえば青汁のCM!若い頃プロ野球選手だった

ベテラン俳優の八名信夫(やなのぶお)は、「まずい!もう一杯!」というキューサイ青汁のCMでも有名です。コワモテな八名信夫が画面に大写しされ、青汁を飲んで顔をしかめながら「まずい!」と言いながらも、微笑し「もう一杯!」とグラスを差し出す、印象にのこるCMでした。

八名信夫のコワモテキャラがよく生かされた仕上がりで、大人気となりました。ギャングや悪人を演じる俳優ばかりを集めた、「悪役商会」のリーダーとしても知られる八名信夫ですが、実は元プロ野球選手です。県立岡山東商業高等学校へ進学し、ピッチャーとして活躍します。

明治大学へ進学した八名信夫は、1956年にプロ野球東映フライヤーズに投手として入団。しかし、プロ入り3年目という早い時期に腰を骨折する不運に見舞われ、プロ野球選手の道を断念しました。その後、東映社長で東映フライヤーズオーナーでもあった大川博からアドバイスを受け、東映専属の俳優へと転身します。ピンチはチャンスと言いますが、八名信夫はまさにその言葉通りチャンスを掴みます。

八名信夫の奥さんや子供は?

八名信夫が結婚したという話は、あまり聞こえてきません。なんと八名信夫には結婚歴がなく、現在も独身です。プライベートがミステリアスな八名信夫は、結婚の噂を飛び越え、息子がいるという噂まで出ています。実際、有名芸人の名が挙がったこともありましたが、あくまで噂でしかなく、ご家族はいないというのが真実です。

スポンサーリンク

八名信夫が「仮面ライダーフォーゼ」で優しいおじいちゃん役に!映画監督にも挑戦

八名信夫は悪役一筋!かと思いきや「仮面ライダーフォーゼ」で優しいおじいちゃんを好演!

八名信夫は、イケメン俳優の登竜門とされている仮面ライダーシリーズの「仮面ライダーフォーゼ」に出演していました。メインキャストの如月弦太朗役を福士蒼汰、朔田流星役は吉沢亮という、今をトキメク若手俳優が名を連ねています。八名信夫が演じたのは、如月弦太朗のおじいちゃんです。

孫が可愛くてしょうがない、優しいおじいちゃん役というオファーが新鮮だったようです。これまでにも、スーパー戦隊ものには悪役として何度か出演している八名信夫ですが、仮面ライダーシリーズは初出演で、しかも優しいおじいちゃん役という挑戦の1作です。

八名信夫が80歳を越えてから映画監督に挑戦!復興を願った映画「おやじの釜めしと編みかけのセーター」秘話

八名信夫が80歳を越えてから、映画監督に初挑戦しています。それは、「おやじの釜めしと編みかけのセーター」という作品です。2011年の東日本大震災で被災された方々を何とかして癒したいという思いで、私財を投じて制作されました。「約60年の役者生活の中で何かお礼をしたい」という思いを込めて取り組んだそうです。

スポンサーリンク

これまで映画やドラマで、殺されたのは1200回以上という八名信夫。高倉健や菅原文太主演の任侠映画にも多く出演してきました。さらに、「キイハンター」「Gメン‘75」「大都会シリーズ」「必殺シリーズ」など、往年の名作ドラマにも出演しています。これだけのキャリアをもってしても、演じる側と撮る側とでは全く勝手が違ったそうで、監督業には想像以上に苦労したそうです。

初監督作品は、世界遺産の集落を舞台に、人情や家族の絆を描いたハートフルな物語。八名信夫は、監督のほか脚本や主演も手掛けています。

八名信夫の監督作品「駄菓子屋小春」は熊本復興への熱い思い!

八名信夫は、熊本地震の復興支援も行っています。2018年3~4月末にかけて、被災地の熊本市や益城町で撮影されたのは、映画「駄菓子屋小春」。「熊本の人が頑張っている姿を全国に伝えたい」と語った八名信夫は、熊本県民からもオーディションで出演者を募集し、学生や子供たち100名が起用されました。

映画「駄菓子屋小春」は、熊本地震に見舞われた翌年の商店街が舞台です。前作と同様に私財を投じて制作し、「悲しみを抱えても笑顔で頑張る熊本の人の強さ、古里を思う気持ちを伝えたい」という熱い想いから、各地での上映を無料で行う予定です。

お茶の間で、お馴染みのコワモテ俳優として活躍し続けてきた八名信夫。ヤクザや暴力団の組長、時代劇の悪代官にギャングなど荒々しい役柄が多いですが、映画制作に関するコメントを見ると、心根の優しい人柄がひしひしと伝わってきます。その根底には、ここまで自分が「悪役商会」としてやってこられたことへの感謝の気持ちと、社会に恩返しがしたいという強い思いでしょう。映画「駄菓子屋小春」の完成とともに、今後の活躍も楽しみです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る