柳俊太郎は浅野忠信と同じ所属事務所だった!私服でお気に入りのブランドはFACETASM

柳俊太郎は浅野忠信と同じ所属事務所だった!私服でお気に入りのブランドはFACETASM出典:http://eiga.com
スポンサーリンク

柳俊太郎は仙台出身のメンズノンノモデル!浅野忠信と同じ所属事務所だった

柳俊太郎は仙台出身のメンズノンノモデル!身長、高校は?

柳俊太郎(やなぎしゅんたろう)は、男性ファッション誌メンズノンノでモデルを務めるかたわら、俳優業にも活動の幅を広げています。1991年5月16日生まれで、宮城県仙台市出身。宮城県の高校に通っていた2009年に、メンズノンノのモデルオーディションを受けて合格し、モデルとしてのキャリアをスタートさせました。

柳俊太郎の身長は183センチ。高校時代は、その長身を武器に、県内で準優勝するほど実績のあるバレーボール部に所属していました。イケメン揃いのメンズノンノのモデルたちの中でも、相手を射抜くような瞳とクールな佇まいで独特のポジションを確立してきた柳俊太郎。今では同誌でトップを張るベテランモデルとなりました。

柳俊太郎は浅野忠信と同じ所属事務所だった!

柳俊太郎の所属事務所は、俳優・浅野忠信の父親が代表を務め、浅野忠信自身も所属している芸能プロダクションANORE(アノレ)です。メンズノンノの編集部ブログによると、まだ高校生だった柳俊太郎がモデルオーディションを受けた当時の編集長が「大人になったら浅野忠信さんみたいな魅力が出そう」と評したとか。

それから数年後、メンズノンノの撮影で浅野忠信と共演したことをきっかけにANOREに所属することになった柳俊太郎。ただそこに立っているだけで絵になる存在感や、やさぐれた感じの役でもどこか視聴者を共感させる演技など、2人には、俳優として共通する雰囲気も感じられます。

スポンサーリンク

柳俊太郎の出演映画やドラマをチェック!私服でお気に入りのブランドはFACETASM

柳俊太郎の出演映画やドラマをチェック!

柳俊太郎は、モデル業を続ける一方で2011年頃から映像作品でも活動を開始し、これまで数多くのドラマや映画に出演してきました。最新作が大ヒット中の「HIGH&LOW」シリーズでは、EXILEの黒木啓二演じるROCKYが率いるグループWhite RascalsのメンバーKAITOとして継続して出演中です。

また、2017年に公開された人気漫画の実写化作品「ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない第一章」にも出演。テレビでは、2017年12月28日まで合計60作が放送された6分間のミニドラマ「ふらり松尾芭蕉」にて、松尾芭蕉(足立梨花)のゴーストライターで主人公の河合曾良を演じています。

着物風の衣装に蝶ネクタイという不思議な風体をしている曾良ですが、見事に着こなしている様子はさすがモデル!柳俊太郎は、メンズノンノでのモデル経験も活かしながら、俳優としても徐々にステップアップしています。

スポンサーリンク

柳俊太郎のお気に入りのブランドはFACETASM!

柳俊太郎は、メンズノンノの公式サイトのプロフィール紹介にて、お気に入りのブランドとしてFACETASM(ファセッタズム)を挙げています。FACETASMは、2007年に、デザイナーの落合宏理によって東京で立ち上げられたファッションブランドです。

ルイ・ヴィトンなどを手掛ける企業グループLVMHが主宰する「LVMH DESIGNERS PRIZE」を日本人で初めて受賞した実績も持つ実力派デザイナーの落合宏理。リオオリンピックの閉会式において披露された「東京」パフォーマンスの衣装も彼が担当したものです。FACETASMのモデルを務めることも多い柳俊太郎は、同ブランドのオリジナルのテキスタイルにこだわった個性的なアイテムを素敵に着こなしています。

柳俊太郎も先輩モデルに続けるか!?メンズノンノ出身の若手俳優が躍進中!

柳俊太郎が活躍しているメンズノンノモデルからは、これまでにもたくさんの俳優が誕生しています。その顔ぶれはとても豪華で、創刊号でモデルを務めた加藤雅也をはじめ、専属として活躍してカリスマモデルとなった阿部寛や田辺誠一。東出昌大も外せません。

井浦新や伊勢谷友介、当時はTAKUMI名義だった斎藤工や速水もこみちなども、専属ではないものの誌面に頻繁に登場していました。近年もその動きは途切れることなく続いており、その出世頭と言えば、坂口健太郎でしょう。金髪ヘアの辛口男を演じてイメージを一変させた「東京タラレバ娘」や、新米ドクターの成長ぶりを繊細に表現した「コウノドリ」などのドラマや、映画「俺物語!!」などで、常に印象的な役柄を演じてきた坂口健太郎。

モデル出身という概念を覆す好演を続け、ここ数年で一気に知名度を上げてきた印象があります。その坂口健太郎に続くのではと期待されているのが、同世代の柳俊太郎や清原翔、宮沢氷魚です。全員180センチを超える長身で、スタイルの良さが共通しているのは、さすがメンズノンノモデルといったところ。それぞれが違った魅力を持っているという面でも期待が高まります。

中でも、ビジュアルに似合ったクールな役から、映画「勝手にふるえてろ」で見せた三つ編み姿のような少しとんがった役までこなす柳俊太郎はすでに存在感十分。2018年1月12日からスタートするテレビ東京の新ドラマ「オー・マイ・ジャンプ!~少年ジャンプが地球を救う~」では漫画家志望の金城真治役。2月17日公開の映画「チェリーボーイズ」ではコンプレックスを抱えた冴えない青年・吉村達也役での出演が発表されるなど、その躍進ぶりからはしばらく目が離せそうにありません。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る